嫌われるのが怖い時の対処法。人との接し方を改善しよう

最終更新日:2016年1月11日

最近は価値観が多様化し、些細なことでも悪印象を持たれ、他人に嫌われてしまうことがあります。

誰かに嫌われるのが怖い時、どのような対処法があるでしょうか。

1.人は人、自分は自分と考える

嫌われてしまう場合というのは、大抵意見が違ったり、価値観や性格の不一致が原因であることが多いものです。

約束を破るなど、どう考えても謝罪が必要なことをしてしまった、ということが原因の場合は、謝るしかありませんが、人として性格や考えが全面的に合わないなどの理由で嫌われてしまうようなこともあります。

しかし、自分という人間は自分だけで、周りの人も育った環境や別の人格を持つ以上、考え方や価値観が100%自分と一致する人などこの世に存在しないのです。

たまたま全く合わないという人が現れ、嫌われたとしても、それは個性が違うのであって人格を否定されたのではない、人は人、自分は自分なのだと割り切ってしまうことが大事です。


2.すべての人に好かれることは不可能だと開き直る

人に嫌われることが怖いと恐怖を感じた時に、では、自分の周りすべての人に好かれることは可能なのか?ということについて冷静に考えてみると良いでしょう。

どんなに人気がある芸能人でも、必ずアンチがいるように、人が好意を持つ基準が違う以上、どう頑張っても世の中すべての人に好かれることは無理だと気づきます。

自分を嫌ったり否定する人がいるというのは、ある意味当たり前のことです。

また、逆に自分にも、どうしても嫌いな人・苦手な人がいるはずです。

そう考えると、自分の周囲に自分を嫌う人が少々いても、それはそれでしょうがない、合わない人もいるものだと納得して開き直ることができます。

そういう開き直りができると、自ずと恐怖もなくなっていきます。

3.人のあら捜しばかりする人とは付き合わない

世の中には、他人のいいところより悪いところにばかり目を向けて、ダメだしばかりする人がいます。

そういう人は、いい印象を持って接している人より、悪印象を持って接している人のほうが圧倒的に多いタイプの人です。

人のあら捜しばかりしている人は、あら捜しによって自分が精神的に優位に立とうとしています。

そういうタイプの人に、どんなに自分のいいところを見せても必ずどこか難癖をつけてくるので、好かれる努力をするだけ無駄だと言えます。

また、否定されるたびに自信を失い、難癖をつけられたりあら捜しをされることに恐怖を感じるようになってしまいます。

なるべく他人に対してあら捜しや否定ばかりするような人とは、付き合わないようにすることも一つの方法です。


4.嫌われる=悪いことと捉えない

嫌われるというとあまり良いイメージがないものですが、本当に相手を意識していない場合、嫌われるどころか気にもかけないのが人間です。

嫌われるということは、ある程度嫌ってくる相手が自分の性格や価値観について意識し、それに基づいて色々考えた結果であり、評価であると考えることもできます。

特に会社の上司に怒られてばかりいる部下が、自分は嫌われているのだと思い込んで恐怖を感じてしまうことは多々あります。

しかし、本当に怒っても何の期待もできない部下には、怒る気すら起きないものです。

時に嫌われている、と思い込んでいた状態が「関係改善への期待の裏返し」であることもあります。

特に相手が目上であったり、同僚などでもぶっきらぼうで口下手なタイプの人の言動は、鵜呑みにしないで、自分にどこか改善してほしい部分があるのでは?と考えてみるのもよいでしょう。

必ずしも嫌っているような態度が、人間性を全否定しているとは限りません。

5.なるべく価値観が似た、気が合う人と付き合う

自分を否定ばかりする人の中で生活するというのは大変辛いものです。

しかし、色々な人と接していると、必ず自分に価値観や性格に類似点があり、話しやすい人というのはいるものです。

「類は友を呼ぶ」と言われているように、人間友達同士はなんとなく似たような価値観の人同士で友達になっています。

嫌われる恐怖から、無理に価値観の合わない人と友達のふりを続けると、元々気が合わないので結局付き合いにつかれてしまい、あまり良くない形で関係に亀裂が入りがちです。

八方美人になって誰とでも無理に仲良くしなくても、気が合わない人とは礼を失さない程度のお付き合いをし、本当に仲良く付き合うのは話しやすい、気楽に付き合える人が一番です。

嫌われる事が怖い気持ちを乗り越えよう

結果的には話が合う人のほうが、長い友情を培うこともでき、嫌われる不安を解消してくれます。

誰しもできることなら、他人から嫌われたくないと思うものですが、すべての人に好かれることは大変難しいことです。

そういう中、気が合う人との友情を大事にし、自分に自信をつけることで、自分と価値観が違うゆえに「嫌いだ」と言ってくる人が現れても、自分にも味方はいると思えれば、嫌われることへの怖さはなくなっていくでしょう。