男性にぽっちゃりだねと言われた時の上手な返し方

最終更新日:2017年5月1日

男性から「ぽっちゃりだね」と言われた時、ついムスッとした表情や言葉で返していませんか?

コミュニケーションを上手にとるためにも、またその場の空気を悪くしないためにも、上手な返し方を身につけておきましょう。

男性にぽっちゃりだと言われた時の上手な返し方をご紹介します。

1.「健康的で良いでしょ」

ぽっちゃり=太っていると解釈してしまうと、スタイルが悪いと感じ傷つきショックを受けてしまいますが、健康面で返してみるとその場の空気も良くなります。

「健康的で良いでしょ」「健康体で羨ましいでしょ」と返すことで、ショックを受けているということは相手に伝わりません。

むしろ「良いでしょ」「羨ましいでしょ」と付け加えることで、どこか前向きでポジティブな考えがイメージできるため、明るい印象を与えることもできます。

今は当たり前のようにダイエットに取り組む女性が多く、ガリガリに見えるほど痩せて不健康に見える女性も多いものです。

だからあえて健康体であることをアピールすると「確かに健康的でいいね」と思ってくれるかもしれません。

2.「チャームポイントなの」

ぽっちゃりであることをコンプレックスに思っている人が「ぽっちゃりだね」と言われてしまえば当然、ショックを受けてしまうでしょう。

ただ、安心感が出る、可愛らしく見える、愛嬌に繋がる、親しみやすいという面から見ると、ぽっちゃりという体系は適していると言えるでしょう。

「チャームポイントなの」と返し、その上で「近寄りやすいでしょ」「安心感あるでしょ」とメリットを伝えることで、相手にもプラスに思えてもらえる可能性があります。

こうした返しをすることで、より愛嬌があると思われ、男性が魅力を感じるかもしれませんよね。

明るくて親しみがあって、愛嬌があるという内面は、男性にとってプラスになるもので、ぽっちゃりしていることがとても良く見えてくるでしょう。

「チャームポイントなの」とあえて自分の良い所として伝えれば、相手にも良く思ってもらえることが期待できます。

3.「温かそうでしょ」

特に寒い時期に言える上手な返し方です。

「温かそうでしょ」「近くにいれば自然と温かくなるよ」と、ぽっちゃりが効率よく機能していることを伝えると、時に笑いになることもあります。

「ホッカイロなくても平気なの」「自分で保温できるの」と言うことで、男性は「確かに温かそう」「面白い冗談を言うな」と思って笑ってくれるはずです。

寒い時期であれば「じゃ、お言葉に甘えて」と男性が近くに座り始めるかもしれません。

ぽっちゃりなことを活かして「あなたを温めることもできるよ」と近づく手段にしてみれば、意外と男性も近寄りやすいものです。

異性として意識した近寄り方ではないため、下心があるとも思われず、自然な形で男性と近づけるかもしれませんね。

4.「今流行ってるんだよ」

キレイだと言われる人や憧れる存在の人は、大抵モデルのようにスタイルが良い女性が多いです。

もちろんスタイルをキープすることもその人の努力であり、魅力にも繋がるものですが、男性目線で見ると「少しぽっちゃりしているくらいがいい」という意見が多いのも事実です。

同性同士で見ると、スタイルが良いことに憧れを持つものの、異性から見られた時は、逆にぽっちゃりしていることが魅力に映る場合もあります。

男性が好む「ぽっちゃり体系が好き」「ぽっちゃりな女性の方が良い」というブームにのっているかのように「今流行ってるんだよ」「流行にのってみたの」と返すことで、愛嬌ある返答となります。

流行の最先端をいっているかのような発言をして、面白おかしく会話を楽しむこともできるでしょう。

5.「子供やお年寄りにモテるの」

ぽっちゃりな女性は、愛嬌があるように見え、また優しいオーラが出ていたり、接しやすい印象を受けることが多いですよね。

こうした面がプラスとなり「男性には人気がないかもしれないけど、意外と子供やお年寄りからはモテるんだよ」と、ちょっと自虐っぽく言ってみると楽しい会話になるでしょう。

男性にとっても、お年寄りや子供から人気があるという面は魅力に映り、そのイメージだけで優しい印象を抱きます。

実際お年寄りに優しくしている面を見たり、子供たちと同じようにはしゃいでいる姿は、男性にとってとても好感が持てる行動です。

そのイメージを「ぽっちゃり」という見た目だけでアピールすることもできます。

少しだけ自虐を加えて、その上で長所として持ち上げると、笑いと同時に魅力を得ることができるでしょう。

「ぽっちゃりだ」と言われた時に上手に返そう

「ぽっちゃりだ」と言われたら、あまり良い気分にはなれないかもしれません。

ただそこで「どういう意味?」「太ってるって言いたいの?」と、強気な発言や反抗的な発言をしてしまうと、その場の空気は悪いものとなります。

また「この人には冗談が通じない」と冷められてしまうこともあります。

コミュニケーションをとる上でも、冗談を言って笑いに変えたり、空気を壊さないような返し方を身につけておくと自身のためにもなるもの。

面白おかしく会話のネタにしたり、ちょっとしたアピールに繋げるなどして、その男性との関係を壊さないように会話してみると良いでしょう。