心に余裕がない人の特徴と改善方法とは。心に余裕を持てるようになろう

人の特徴最終更新日:2018年2月14日

心に余裕が持てないでいると、日々の生活も楽しく感じられません。

心に余裕がない人には特徴があり、また余裕を持つための方法を心得ることで、日々の楽しさや人生の満足度も変わってきます。

どんな特徴があり、どんな方法で改善することができるのでしょうか。

1.我慢が多くストレスが溜まっている人

どんな人にでもストレスは日々溜まるものですが、それを上手く発散できていなかったり、我慢をしすぎていることによって、毎日ストレスが限界状態の人がいます。

ストレスに押しつぶされてしまいそうな状態の中生活していれば、当然心には余裕がなくなり、イライラしたり物に当たったりと、とげとげしい行動が目立つようになります。

またそんな自分に気付いていて「自分が嫌い」とさらに自分を追い込んでしまっているケースも見られます。

心に余裕を持つためには、忍耐力を鍛えるのではなく、ストレスを発散する方法を身に着けるべきです。

例えばカラオケに行って大きな声を出す、女子会を開いて愚痴をこぼす、週に一度は好きな物を好きなだけ食べるなど、自分の不満を解消したりストレスを発散できる方法を見つけることが大事です。

心に余裕がないなと感じたら「ストレスが溜まっているのかも」と自分を見つめ直してみると良いかもしれませんね。

2.人の目を気にしすぎる人

人からどう思われているのか、どう見られるのかを過剰に気にする人は、常に周りに意識があり緊張感を持っているため、心に余裕がなくなってしまいます。

中でも「良く思われたい」「評価を良くしたい」という意識を常に持っている人は、自分の行動や発言ひとつひとつに慎重になってしまうため、神経質になっている状態で毎日を過ごしています。

「こう思われてしまうかもしれない」「もしかしたら今こう思われたかも」と考えながら、すべての行動や発言に反省と後悔をしてしまうため、負の心を持ってしまいがち。

ビクビクした中で生活しているため、解放感がなく、常に緊張感があり、気の抜けない生活を強いられているはずでしょう。

ただ、他人はそこまであなたのことを見てはいません。

客観的に自分を見た時に、あるいは他人を見た時に、自分がそこまで思うかどうかを考えてみると良いかもしれませんね。

さほど気にならない、全く気にしない、という程度のことまで人の目を気にしていては、緊張状態が続き心には余裕がなくなってしまいます。

どう思われても良いと開き直ることができなくても「そこまで周りは見ていない」という軽い気持ちに切り替えた方が、楽に生きることができるでしょう。

3.何事にもせっかちな人

時間や予定にせっかちという人は少なくもないでしょう。

「そろそろ時間だ」「急がないと」とせっかちになってしまう人は意外と多くいるものです。

ただ、時間や予定以外にまでせっかちになってしまえば、行動にも心にも余裕がなくなっていきます。

例えば何か問題が起きた時「時間が解決してくれる」「少し様子を見てみよう」という見方ができず「今すぐなんとかしないと」「今日中に解決したい」と、問題に対してもせっかちになってしまう人は、心に余裕がないと言えます。

白黒はっきりさせたい人に特に多く見られ「今すぐ」という意識があるため、人を巻き込みながらせっかちな行動や対応をしてしまいます。

このような人は、冷静になる時間や客観的な見方が必要です。

今すぐ解決したからといって必ずしも良い結果が出る訳ではなく、逆に時間をかけた方が良い結果になるケースも多々あります。

「もう少し待ってみよう」「明日にしてみよう」と、気長に待つこと、先送りすることも必要であることを、一度行動する前に意識してみるようにすると良いでしょう。

4.ネガティブ思考、不安になりやすい人

ネガティブ思考だったり、一人で考えて不安になりやすい人も、心に余裕がない人の特徴です。

現実ではまだ起きていないことを考えたり、どんどんと悪い方向に考えてしまって、自分を余計に追い込んでしまいます。

「どうせ私なんて」「もしこんなことになったら」と、一人になった時に深く考えすぎてしまい、寝不足になってしまったり、食欲がなくなってしまうという人もいるでしょう。

こうした毎日が続いてしまうことによって、精神的にも体力的にもきつくなり、心には全く余裕がなくなってしまいます。

こうした性格の人は、一人になった時にネガティブな発想が高まってしまうため、できるだけ外に出たり、友達と一緒に居たりと、一人っきりの空間にいないようにすることで改善できることがあります。

人に話して周りの意見を聞いたり、外に出て気分を変えたりと、ネガティブな発想を持ちにくいよう、行動でカバーすると良いでしょう。

心に余裕をもてるようになろう

心に余裕がなくなってしまうと、自然と笑顔も消え、人と関わることを恐れるようになり、引きこもってしまうこともあります。

一度このような状況に陥ってしまうと、なかなか抜け出せなくなってしまい、毎日が辛いもの、大変なものに感じてしまうようになります。

ストレスを上手く発散したり、意識の持ち方を変えてみたりと、多少の工夫で心に余裕が持つことができるようになるもの。

いつもの自分のスタイルを少し崩してみるだけでも、限界を迎えなくて済むかもしれません。

 

    「心に余裕がない人の特徴と改善方法とは。心に余裕を持てるようになろう」への感想コメント一覧

  1. 1. 03a1049h2018/05/29(火) 16:17

    自分に当てはまる点が多くて、考えさせられます。
    どうしても周囲の人からどう見られているのか?を気にして
    言いたい事を我慢しながら仕事をしています。
    言いたい事を言える人に尊敬の念と同時にそこまで
    言って大丈夫なの?とハラハラしている時点で
    考えすぎなのでしょうね。

  2. 2. 03a1049h2018/05/29(火) 16:19

    自分も記事に書いてある様な事で日々悩んでいます。
    周りから嫌われるのではないかとビクビクしながら
    自己嫌悪する日々です。
    たまに居る自分の言いたい事をはっきり言える人に対して
    そこまで言って大丈夫なの?とハラハラしながら、
    見て居る時点で考え過ぎなのでしょうね。

  3. 3. ガンバル母さん2018/06/14(木) 10:27

    心に余裕がない人の特徴、自分の事かなと思いながら読んでしまいました。
    小学生の子供3人いるんですが、毎日時間との競争です。
    自分の事でも余裕がありませんが、子供のことだとより心配したりして、ネガティブ思考になってしまいます。
    自分で意識的に気分転換しなければいけませんね。