清潔感がある女性の特徴。清楚なイメージになろう

最終更新日:2016年2月21日

清潔感は大人の女性に取って必須の事項でしょう。

清潔感のない女性は家事ができないイメージがあったり男性に「汚い」と感じさせてしまうと彼女候補からはずされてしまうかも…。

常に清潔感を出すにはちょっとしたコツがあるようです。

そこで今回は清潔感がある女性の特徴をご紹介します。

1.ハンカチとポケットティッシュを持っている

昔、甲子園で汗をハンカチでぬぐっていた「ハンカチ王子」が人気になったのはその「清潔感」からでした。

したがって、汗をぬぐったり手を洗った後にハンカチを使うだけで清潔感を醸し出すことができるようです。

ちゃんとアイロンをかけたハンカチを毎日ポケットに忍ばせておいて、ちょっとしたときに自分のハンカチを取り出して使えば「清潔感」を周りの人にアピールすることができるでしょう。

また、このハンカチと一緒に持っていてほしいのが「ポケットティッシュ」です。

ハンカチではちょっと老けそうにない物は使い捨てできるポケットティッシュで代用し、ハンカチもできるだけ清潔を保ちましょう。

ハンカチは雑貨屋さんなどで可愛いものも多く売っているので趣味の一つに「ハンカチ集め」をしてみれば、毎日ハンカチを持ち歩く習慣をつけることができるかもしれません。

小学生の時からずっとハンカチやティッシュを持ち歩く習慣をずっと続けられる継続力が清潔感のある女性の特徴なのかもしれません。


2.清楚な服装と黒髪

清潔感というのは服装からも現れます。

例えば「ギャル系の服」よりも「清楚系の服」の方が清潔感を出すことができます。

特に髪の毛は重要で傷んだ金色などの明るい髪の毛よりも、生れたままの色のキレイな黒髪の方が清潔感があるでしょう。

そのわかり髪のケアをしっかりとすることが重要で切れ毛や枝毛、アホ毛など髪の傷みに気をつけましょう。

そして服装ですが、露出の多い物だと清潔感がセクシーさに消されてしまいますのでできるだけ露出の少ない物にしましょう。

というもの、清楚と清潔感は似ているいて清楚な人は清潔感がある人が多いように、清楚系以外の格好だとなかなか清潔感を前に出すことができないものです。

清潔感のある女性というのは清楚系の服装やメイクをしています。


3.歯がキレイ

清潔感に大事なのが口元の清潔さです。

口元の清潔感というのは、歯のキレイさと口臭がいかにないかによって決まってきます。

歯並びは変えるのが難しいので歯をキレイに保つようにしましょう。

コーヒーや紅茶などのステインで茶色くなっていたり、歯垢が白くついていたり、歯茎の色が変色していたり、舌が白くなっているのはNGです。

できるだけ口の中をキレイにするように保っています。

また、口臭もブレスケアやタブレットミントなどで常にさわやかなもので口臭を防いでいるようです。

口元は女性のセクシーさを表してくれる体の部位の一つ。

その部位が汚いと男性は「口元すらケアできない女性は清潔感がない」と感じてしまうようなので、清潔感を出すためにはまず、お口周りのケアを怠らないようにした方がいいかもしれません。

清潔感のある女性というのは常に自分の歯磨きセットを持っていたり、週に一度は歯医者やクリニックにホワイトニングに行くなどしてお口のケアをしているのかもしれません。


4.デスクやバッグが整理整頓されている

清潔感に一番大事なのが「片づけられる」才能です。

家の中が汚い人は清潔感がでてはこないもの。

それは人前の職場のデスクでも同じです。

さらにはあまり人に見せないようなバッグの中や筆箱の中、ポーチの中の化粧品なども常に整理整頓をしておきましょう。

ふと、目に入ったバッグやメイクポーチの中がキレイに整頓されていれば、その女性が身の回りをキレイにしている清潔感のある女性だと思うでしょう。

特に、清潔感のある女性は身の回りだけでなく、汚い場所にはあまりいなかったり、汚かった場所もその清潔感のある女性がキレイにしてくれていたりします。

つまりは、清潔感のある女性はキレイ好きで整理整頓が上手なのかもしれませんね。


5.靴が磨かれている

身に着けるものの中で一番汚れやすいのが「靴」でしょう。

清潔感のある女性というのはこの靴も小奇麗にしています。

例えば、雨の日に汚れてしまったらキレイに靴を洗ったり、革製品の靴は輝きがなくなる前に靴磨きをしたり、ヒールが削れていれば目立つ前に靴屋さんにいってケアをしてもらうなどして足もとから清潔を心がけているようです。

一流のサラリーマンは靴がキレイとよく言いますが、女性も同じで、人に好印象を与える清潔感のある女性は足もとまでキレイにできる女性なのかもしれません。

清潔感がある女性になってみよう

以上、5つの特徴をご紹介しました。

清潔感を出すためには継続する力と隅々まで目を配れる気配りが必要であり、清潔感というのは努力ひとつで醸し出すことができるのかもしれません。

これを機に清潔感を手に入れましょう。