告白にまつわる名言集。名言から告白の勇気をもらおう

告白をする・告白した最終更新日:2015年3月11日

勇気を出してきな人に告白をしたい。
でも一歩が踏み出せないまま時間が過ぎてしまう…そんな甘酸っぱい経験は誰しもがあるのではないでしょうか?
そこで告白をするときに参考になる、古今東西様々な名言に注目してみましょう。
ひょっとすると、勇気を出せるヒントや告白を成功させるヒントが隠されているかもしれません。

そこで今回はそんな告白に関する名言をご紹介します。

1.未来に思う「あの時」は“いま”なんだ!

数年前に「今でしょ!」という流行語がありましたが、告白の場面ではこのような名言があります。

どんな人でも過去を振り返って「あの時勇気を出していれば」とか「あの時、気持ちを伝えておけば」なんて思うシーンはあると思いますし、ともすればその時に勇気を振り絞り今とは違った未来を歩んでいる姿を妄想する人もいるかもしれません。

でも、考えてみてください。
時間というのは間違いなく流れています。
今から数年後いや数ヶ月後の自分が思う「あの時」は、間違いなく今なんです。

2.決意して進んだ道で失敗しても、するのは後悔じゃなくて納得

告白をするときには「もし断られたらどうしよう」と誰しもが心配な気持ちになりますし、もし断られるくらいならば、告白なんかしないで今のままの関係を続けていくほうが幸せかも何て思う人もいるでしょう。

確かに勇気を出して告白したのにフラれてしまえばショックかもしれません。
でも、時間がたてば自分の中で悩みに悩んで決断して決意しとった行動には、後悔の気持ちは生まれません。
そこで起こる感情は「あれだけ考えてこの結果なのだから仕方がない」という納得です。

納得するからこそ、人は新しい道を歩み始めることができるのです。

3.好きということを知ってもらえるだけで成功

人間というのは不思議なものです。
心理学的に見て人は、なんとも思っていない相手でも、自分に好意を持ってくれていると知った瞬間から急に気になりだして、気付いたら恋愛感情が沸き起こってしまうという心理の変遷をたどることが少なくありません。

もしあなたが告白して気持ちを伝えなければ、永遠に相手はあなたが自分の事を好きだなんて知らないままに、毎日を過ごしてしまいます。

でも、勇気を出して告白して、好意を持っていることを伝えれば、それがきっかけとなり、いずれは向こうから逆告白をされる日がくるなんて、ドラマみたいな展開も十分にあります。

4.告白前には遠くから眺める

自分から告白をしたくなるほどに相手のことを好きになっている状態は、いってしまえば盲目状態です。
完全に好きな人しか、正確に言えば好きな人のいいところしか見えていない状態です。

そんな状態であわてて告白してしまうと、いざ付き合ってみると「こんな人とは思わなかった」なんて幻滅してしまうなんて不幸に見舞われる可能性もあります。

告白したい気持ちが高まったときには、あえていったん冷静になって全体を俯瞰するような視点から眺めてみましょう。
そうすれば冷静に意中の人の行動や言動を判断することが出来て、相手の本性に気付くことができるでしょう。

さらにいったん冷静になることで、告白のときにテンションがあがりまくって失敗するなんてのも防いでくれます。

5.好きといわれて嫌な人はいない

どんなときにもひとりで行動する人というのは確かにいますが、人間は本質的に集団で生活してきた生き物です。
ですので深層心理には他人から好かれたい、他人から嫌われたくないという気持ちを必ず持っています。

だからこそ、コミュニケーションの場では心にもない事を言ってでも、相手の気持ちを傷つけないように害さないようにしようと気を使うわけです。

ですので、どんな人からだろうと「好き」と好意を伝えられれば、嫌な気持ちには絶対になりません。
告白されるということは、この世界で間違いなく一人の人間には自分が必要とされているということです。
そしてその事を相手に伝えてあげるのが告白なのです。

6.大きな箱よりも、手ごろな箱のほうが受け取りやすい

告白となると、とにかく自分の気持ちの強さを全て相手に伝えようと必死になるかもしれません。

しかし、イメージしてみてください。
どこかに出かけて突然物凄く大きなプレゼントを渡されても、それを持って変えることを考えると憂鬱になってしまいますよね。

できる事ならばカバンに入ったり、片手で持って帰ることが出来る程度の大きさのものが喜ばれます。

告白のときの気持ちの強さも同様です。
あまりに重過ぎる感情を伝えると、相手はその感情を受け止めきれず反対に重荷に感じてしまい逃げてしまいます。

好きという気持ちを伝えるのは大切ですが、相手が受け止めやすい程度の大きさ重さにして伝えてあげるのが成功への秘訣です。

7.ラブソングは妄想ばかりで書かれてはいない

恋に陥ったときに、ラブソングを思わず聴いて共感する人も多いと思います。
そんなラブソングはアーティストの方が勝手に妄想で作り上げたものでしょうか?
いえいえ、自身の実体験などから作られたラブソングも数多く存在します。

つまりラブソングのような世界が現実に存在しているということです。

また、仮に作り話だとしても、多くの人がその世界観に共感してるということは、そんな世界にあこがれている人が沢山いるということです。
そんなラブソングの世界の登場人物に、告白することであなたと彼も加わりましょう。

告白は辛い行為ではない

告白をするときには勇気がいりますが、いざ相手に気持ちを伝えてしまえば多くの場合は物凄く心が落ち着いて、自分の気持ちを伝えられたことに満足感を得られます。

そこで恋が成就して素敵な恋人関係になった場合はもちろん、残念ながら失敗しても時間がたって振り返れば、素敵な思い出の一つとなってくれるはずです。

,  

    「告白にまつわる名言集。名言から告白の勇気をもらおう」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/26(土) 10:37

    好きを知ってもらうだけで成功というのが一番勇気が出ます。気持ちを伝えなければ何も始まらないですもんね。まずは伝える事からですね。

この記事への感想を書く