婚活バーにおける女性視点でのメリット、注意点とは

最終更新日:2015年2月12日

独身の男女が出会いを求めて集う会員制のバー、それが婚活バーです。
最近では、大都市を中心に店舗数も増えてきました。
ここでは、女性にとっての婚活バーのメリットと注意点をそれぞれ4つずつご紹介します。

1.気軽に婚活をすることができる

結婚相談所に登録するのはちょっと敷居が高いという人、婚活がどんなものなのか知りたいという人にぴったりなのが婚活バーです。
結婚相談所に比べて入会手続きが簡潔で、入会料も無料であることが多いです。

店舗の利用に応じて料金が発生するシステムなので、利用の有無にかかわらずお金を請求されるということもありません。
婚活の入口として、とても親しみやすい存在だと言えます。

2.女性は経済的負担が少ない

女性の場合、婚活バーの利用はほとんどお金がかかりません。
男性と女性では利用料金が異なり、女性の場合、入店料と飲み放題合わせて平日500円という店も少なくありません。
休日でも1000円くらいです。

また、ほとんどの婚活バーにはドレスコードが存在しません。
ドレスなどのパーティースタイルだと、かえって浮いてしまうくらいです。

そのため、飲食費も服飾費もリーズナブルに抑えることができます。
婚活したいけど、多額の出費はきつい……という人は、ぜひ婚活バーの利用を検討してみてください。

3.店員さんがセッティングしてくれる

お見合いパーティーの司会ほどではありませんが、婚活バーの店員さんも、参加者のスムーズな出会いをサポートしてくれます。
例えば、好みのタイプを伝えると、それに近い男性のところへ案内してくれます。

また、一定時間が経過すると席の入れ替えを行うなど、多くの人と知り合えるような仕組みも用意されています。
上手に利用すれば、短時間に好みの人とたくさんお話できます。

婚活バーは、お見合いパーティーの効率性と、合コンの気軽さを兼ね備えていると考えていいでしょう。

4.お酒を楽しむことができる

婚活バーはバーの一種ですから、お酒を飲むことが前提となっています。
お酒の種類も豊富なことが多いです。

そのため、お酒の席が好きな人にとっては非常に魅力的な空間でしょう。
お酒はそれほど強くないという人にも、アルコール度数が弱めのカクテルが用意されているので心配ありません。

また、お酒が入ることによって、会話が盛り上がりやすくなります。
お酒の力を借りて男性と打ち解けたいという人には、婚活バーをおすすめします。

5.女性の方が多い可能性がある

婚活市場は、男性より女性の方が多いと言われています。
さらに、上述したように、婚活バーでは女性がかなり優遇されています。

出会いを求めて婚活バーへ行ったところまでは良かったけど、会場は女性ばかりだった……なんてことにならないよう、婚活バーについての事前調査は怠らないようにしましょう。
来店状況について、男女別にリアルタイムで公開している婚活バーもあります。

そうしたお店の方が頼りになるでしょう。

6.一刻も早く結婚したいなら、難しいかも

婚活バーは、参加のハードルがかなり低い婚活方法です。
そのため、カタいお見合いパーティーと比べて、結婚を急いでいない参加者も多いです。

「いい子がいれば…」、「友達に誘われて会社帰りに……」という人もいるのが現実なのです。
今すぐ結婚したい、結婚願望が高い人だけを狙っているという人には、ちょっと向いていないかもしれません。

婚活バーのウリが手軽さ・カジュアルさである以上、短期的な成果のみを重視する人には合わないことを心に留めておきましょう。

7.狙っている男性のタイプを考えて

婚活バーは会員制ですが、特定の職業や年齢の人を集めることを目的としているわけではありません。
また、個人経営に近い小規模の店舗もありますので、参加者を過度に制限することは実際不可能です。

参加者がいなくなってしまうからです。
結婚相手は医者や弁護士じゃなきゃ嫌、という人は、そういう人だけが集う婚活サイトを利用しましょう。

婚活バーは、職業・年齢・学歴といった、いわゆるスペックにこだわりのない人向けの場です。

8.対象年齢を考えて

婚活バーのメインターゲットは、比較的若い年齢層の男女です。
女性であれば、30代前半くらいまででしょう。
それより年上となると、男性側が尻込みする可能性が高くなります。

また、女性自身が、店内の雰囲気やシステムについていけないと感じるかもしれません。
アラフォー以上の女性は、もう少しカタい場所で婚活した方がいいかもしれません。
リーズナブルに利用できるわけですから、ある程度の年齢になったら卒業すべきと心得ましょう。

メリットと注意点を考えて婚活バーを上手に利用しよう

婚活バーには、結婚相談所主催のお見合いパーティーとは異なるメリット・注意点があります。
自分の結婚願望の強さや狙っている男性のタイプなどを見極め、上手に婚活バーを利用しましょう。