売れ残り女の特徴。結婚ができない女性から脱却しよう

最終更新日:2016年4月6日

女性としてはやっぱり結婚をしたいと思っている独身女性は多いでしょう。

女性の社会進出が進んだとは言え、まだまだ女性が一人身で生きていくのは厳しい時代。

出産にはタイムリミットがあるので、できるだけ売れ残りたくはないと思いませんか?

そこで今回は売れ残り女になってしまう人の特徴をご紹介します。

1.男性に求める理想が高い

昔はよく三高と呼ばれたように、女性は男性に高学歴高身長高収入などを求めていました。

今もさほど変わらず、できるだけイケメンで、学歴がよく収入が安定しているような職業についている男性を求める女性が圧倒的に多いですね。

ですが、男性も完ぺきではないので、イケメンでも学歴が良くなかったり、逆に学歴がよくて高収入でもブサメンだったりマザコンだったり…とそれぞれ欠点はあるものです。

売れ残り女になってしまう女性というのは「完璧な男性」を求める傾向にあります。

特に、美人な女性や高学歴な女性は自分に自信があって自分にふさわしい男性を周りと差が付けられるくらいの高スペックな男性をと考えてしまいます。

そのため男性側の欠点を少しでも見つけたら恋愛対象外においてしまって結局は自分が見向きもされなくなってしまう場合があります。

結婚というのは妥協の連続であって相手の悪いところを認めて受け入れてやっと二人で生活がして行けるのであって、出会いの時点で男性の条件をがんじがらめにしてしまっては、よほどの運命でもない限り自分の気に入る男性と言うのは現れないものです。

そのため「年収は最低○百万以上で~」などと合コンのセッティングの時点で男性をはじいてしまうような理想の高かった女性というのは気が付いたら自分だけが売れ残ってしまっている…という状況になっているのかもしれません。


2.恋愛に消極的

結婚というのは今の時代、女性からアクションを起こさなければできなくなってきてしまいました。

男性が器用に家事や料理をこなすことができるようになってきて、さらにはコンビニなどでも安く簡単に家庭の味を買うことができるようになりました。

そのため男性はよほどの結婚願望がない限り妻や子供を作るのではなく独身貴族として遊んでいたほうが楽しいと感じる人も多くなってしまったようです。

職場によっては奥さん探しをガツガツ行うような男性がおらず、昔のように黙って仕事をしているだけでも出会いがあってナンパをされたり食事に誘われたりということは少なくなってしまいました。

そのため、自分から合コンや街コンに参加したり、自分から知人に紹介を頼むなど彼氏を作るために「婚活」を女性が積極的に行ったりそういう男性が集まる場に言って探したりしなければ中々結婚相手を見つけることは難しくなってしまっているのです。

売れ残り女になってしまっている人というのはそういった婚活の場などにあまり行っていなかったり、合コンや街コンなどに参加していなかったりして気が付いたら婚活でモテる年齢が過ぎてしまっているというパターンなのかもしれません。

草食系男子が増えてきている今は女性が積極的に恋愛に参加していかないと売れ残ってしまうかもしれません。

3.仕事を頑張りすぎている

男性にとって、仕事をバリバリ頑張っているキャリアウーマンな女性は「仲間」になってしまいがちです。

女性や結婚相手としてよりも同じ男性同僚としてしか見られなくなってしまうこともあります。

特に、高学歴で男性と張り合うくらい仕事がバリバリにできる女性というのは能力があるので昇進や昇給もしますし、仕事に対する責任も重くなっていきます。

そのため、恋愛したり自己投資する時間よりも仕事をする時間が増えていき、気が付いたら結婚していないのは自分だけになっていた…ということも。

売れ残り女の中には婚活や恋愛よりも長い時間仕事を選び、自分のキャリアを第一優先にしていたことが大きく響いてしまったようです。

もちろん、キャリアを積みながらも結婚をする女性も多くいるので売れ残ってしまっているキャリアウーマンな女性は恋愛に時間を割けず、女として過ごす時間を忘れてしまった少し不器用な人が多いのかもしれません。


4.ワガママ

男性が結婚したくないと思う女性の中でも「ワガママ」な女性というのは敬遠されてしまいます。

「男性が奢ってくれるのが当たり前」「男性が家事を手伝うのは当たり前」「でも結婚したら専業主婦しか無理」など男性に負担を強いるような発言が目立つ女性とは結婚したくないと考えるのが普通でしょう。

彼女であれば少しのワガママくらいは可愛くてもそれが結婚となると話は別で、妻母となる女性がワガママというのはちょっと考えにくいようです。

そのため、売れ残り女になってしまう女性というのは男性に対してワガママな性格を発揮してしまう人が多く、売れ残ってしまっている状況でも1でご紹介したように高スペックな男性を求めたりしてしまいます。

売れ残り女にならないようにしよう

売れ残り女の特徴と自分の特徴で当てはまっているものが一つでもあったら改善しておくべきでしょう。

年齢だけで男性の恋愛対象から外れてしまう前に自分自身が男性と向き合う準備をしっかりと整えておくことで売れ残ることを防ぎましょう。