お見合い写真を撮る際のポイント。最高のお見合い写真にしよう

最終更新日:2015年12月1日

お見合いをする際のお見合い写真は、相手方に如何に自分をアピールできて良い印象を与えるかで、その後に会う機会がつくられるのかが決まります。

写真が良くないと、見た時点で会ってみようなどという気持ちも起こらなくなるので、しっかり撮っておきたいですよね。

今回はそんなお見合い写真を撮影する際のポイントについてご紹介します。

1.身嗜みは基本

男性にしても女性にしても、身嗜みができていない人は、見た目に清潔感がなく、だらしなく見えてしまいます。

男性であればヒゲや髪型も整えて、女性も髪型や化粧などしっかり整えて撮影しましょう。

人それぞれの好みというのもありますが、髪型などは結構重要で、髪型次第で顔が明るく見えたり、逆に暗い印象や顔が大きく見えたりと色々影響します。

また色合いにしてもあまりに明るい色合いだと、軽く見られる可能性がありますし、白髪が目立つようであれば老けて見えますので、できれば暗めのブラウン色などが理想。

そして白髪も小まめに染めておく事です。


2.服装は堅すぎずラフ過ぎず

ひと昔前のお見合い写真というのは着物が定番でしたが、今は着物に限らず清楚な服装であればそれなりに良い写真となりますし、お見合い写真として充分通用します。

基本男性はスーツでネクタイ。

派手なスーツやネクタイは良くありません。

しかし、真っ白なワイシャツに無地のネクタイ、無地のスーツだと年齢以上に見えてしまう可能性もあるので、ネクタイはパステルカラーなどがベースのドット柄やチェック柄などであれば、柔らかい印象となります。

女性であれば、スカートスーツやワンピースなど、あまりスカート丈が短く派手なものだと良くありません。

ガーリー過ぎるのも印象は良くないので、できればシンプルなもので撮影しましょう。

その分、髪型などを美容院などでセットしてもらい、清楚で華やかな髪型にすると良いでしょう。


3.女性の場合は化粧に気遣う

女性の場合、特に化粧は気遣った方が良いでしょう。

真っ赤な口紅や、濃すぎるチーク、ダーク色のアイシャドーなどはけばけばしい印象となります。

ふんわりおっとりした印象に見せるには、チークはほんのりピンクかオレンジ、口紅はグロスで少し色があるものを、アイジャドーはピンクパールやオレンジパールを使い分けてアイラインは茶色を使う。

眉毛はやや太めで上ぎみではなく平行より眉尻がやや下がる感じで。

これで柔らかい印象となります。

目元は茶色のアイラインだとしてもパッチリしますので、その他のところが濃いとくどくなりやすくなります。

そのためにチークなどはほんのり薄付き程度が良いでしょう。

アイシャドーにパール入りを使うにも理由があり、柔らかく見せるのはもちろんですが、目元を光で強調しつつも、シワなどをぼかす効果もあり、写真撮影時はキレイに写ります。


4.口元と目元は意識する

表情は笑顔が1番。

もちろん口を開けて歯を見せてしまうほどの笑顔はダメですが、自然な微笑みは相手方にとても良い印象を与えます。

笑顔が苦手なかたは日々練習してみてはいかがでしょうか?鏡の前で口角だけを上げる練習です。

口角を上げるだけで微笑みがつくられ、それをベースに目元の角度を調整すると完成です。

目元の調整は、一重まぶたの方はできるだけ見開けれるようにして、オデコにはシワがよらないように練習しましょう。

元々パッチリ二重の方は、目尻がやや下がるように練習です。

どうしてもうまくいかない時は、鏡の前で自分の楽しみにしてる事や好きな事を思い浮かべてみましょう。

心も表情を表すものですので、楽しみを思い浮かべるだけでも明るい表情になれるでしょう。


5.フォトスタジオで良いものを

誰かに撮影してもらうのでも構いませんが、やはりここはフォトスタジオでプロに撮影してもらう方が断然良いでしょう。

もちろんフォトスタジオであれば何枚か撮影してもらえて選べますし、背景色も選べます。

費用はそれなりにかかりますが、プロが撮影する写真は完璧であり、仕上がりもキレイです。

今の時代はphotoシステムで撮影した写真加工もできたりしますが、お見合い写真なのでそれはやめておきましょう。

加工せずとも微笑みと身嗜みなどがしっかりできていれば、充分良い写真となります。

最高のお見合い写真を撮ろう

お見合い写真は大事な写真で、それで相手方と会う機会がうまれるか否かが決まるといっても過言ではありません。

共通する事は清潔感や清楚な感じの髪型や服装、化粧などが必要ということです。

そしてフォトスタジオはプロがその人の良さをもっと引き出して撮影してくれて、記念にもなる1枚を仕上げてくれます。

これからお見合い写真の撮影を考えている方は、微笑みや自然な笑顔の練習をしておくと、撮影当日にひきつり笑いなどにならずに済みますので是非お試しください。