彼が「この人とは結婚できないな」と感じる瞬間とは

最終更新日:2016年12月20日

女性がいくら彼氏と結婚したいという願望を持っていても、彼氏の中では結婚まで考えられない場合があります。

結婚したいと思うのであれば、男性が「この人とは結婚できないな」と思ってしまう言動を避けておかないといけません。

どんなことに対して結婚できないなと感じるのか、その言動をあげてみましょう。

想像の中で嫌なことばかり考え、それをあたかも現実で起きていることのように感じ、被害妄想によってヒステリックになる彼女に対しては「結婚できないな」と思う男性は多いです。

仮に彼女と結婚したとしても、事実ではないことで落ち込まれたりケンカになることが目に見えているため、恋愛関係にあるだけならまだしも、一緒に生活を共にしていくことまでは考えられないでしょう。

「彼が浮気している」「彼が私のこと本気で思っていない」などという被害妄想は、彼氏にとっては面倒であり、受け入れがたいこと。

勝手に妄想が爆発して、ヒステリックになり彼氏を巻き込むような言動は慎むべきでしょう。

2.お金遣いが荒い

結婚することになれば、財布が一緒になるケースが多いため、お金遣いが荒い面を見ると「結婚できないな」と思う男性は多いです。

多少の金銭感覚のずれや価値観の違いは受け入れられても、自分の趣味にお金をかけるあまり生活が苦しかったり、人からお金を借りてまで好きに生活している様子を見れば、そんな彼女とずっと一緒に生活できるとは思えないでしょう。

結婚後に子供が生まれる可能性もあるため、無駄にお金を使うタイプの女性には、心配しかありません。

将来に対して不安要素になってしまう材料を持っていると、結婚を考えることはできなくなってしまうでしょう。

3.感情の起伏が激しい気分屋

喜怒哀楽がある女性は、見ている彼氏としても楽しめる存在でしょう。

しかし、その喜怒哀楽の理由がないパターンだと、彼氏は彼女を「何を考えているか分からない」という見方をします。

さっきまで笑顔で話していたのに急に怒りだしたり、時に泣き出したりと、わけもわからない状態で感情の変化を見せてくる彼女。

こうした彼女と結婚してしまうと、いつも機嫌を損ねないように気を遣わなければならないことや、家に帰っても気が休めないことが想像つくため「結婚したくない」と思ってしまうのでしょう。

感情を表に出すことは良いことではあるものの、彼氏が理解しがたいことだったり、理由を何も言わずに露わにしてしまうことは、単なる気分屋だと思われてしまいます。

4.いつでも自分の意見を押し通す

好きな彼氏彼女であっても、時に意見に違いが出ることはあります。

その時に、彼女が無理にでも押し通してくる場合や、絶対に折れない姿を見ると「結婚できないな」と思う男性は多いもの。

それが1度や2度のことであれば問題がなくても、必ず毎回自分の意見を押し通すという彼女に対しては「従わなければならない」という義務感を抱くことになります。

結婚後の生活を考えると、仕事でも我慢を強いられ、家庭でも我慢を強いられると分かってしまうため、窮屈な生活に恐怖を覚える人もいます。

自分を少しも主張できない、自分の意見を聞き入れてもらえないと思う女性とは、一緒に生活することが考えられないのです。

今現在、彼氏との関係に上下関係があったり、彼氏の意見を無視して付き合っている女性は、このように思われてしまっている可能性があるでしょう。

5.家庭的な一面が全く見られない

料理が作れない、掃除ができない、子供が嫌いなど、家庭的とは正反対な姿を見ると「結婚できないな」と思うもの。

そこでちょっとでもやろうとする努力をしたり、やってみてもダメだったという姿であれば良いものの、それすらも全く感じないという女性とは、結婚を意識することができません。

特に、男性が家事などできるタイプの人、または逆に全くできない人といった極端なタイプの彼氏の場合、こうしたことが理由で結婚を遠ざけてしまいます。

結婚したら、女性が男性よりも多く家事を担うことが多くなり、現実的に考えると、女性に任せなければならない場面も多く存在します。

「仕事の他に家事育児をしなければならないのか」「家のことをどう分担できるのか」と不安に思う男性が多く、できれば家庭的な一面を見たいと思っていることでしょう。

今からでも遅くないので、片づけができる彼女になることや、料理を学んでみるなど、努力して改善できる点は努力していきましょう。

結婚をできないなと思われないように注意しよう

好きな彼氏といつまでも一緒にいたい、結婚したいと思う女性は多いでしょう。

ただ、相手にもそう思われていなければ、結婚という夢は夢で終わってしまいます。

最低でも「この人とは結婚できないな」と思われてしまうことのないように、言動や普段の有り方を見直してみる必要があります。

そして少しでも改善し、彼氏に「変わったな」「よくなったな」と思わせることができれば、また彼との結婚は可能性が出てくることでしょう。