結婚が怖い時の対処法4つ。結婚することに恐怖を感じる時どうすれば良いか

最終更新日:2016年2月19日

結婚を直前にしたときや、彼との結婚を視野に入れて付き合いを始めた時など新しい転換を迎えると出し物が必ず不安に感じたり時には恐怖すら感じることもあるでしょう。

結婚すれば、人間関係などから様々なトラブルなどが予見されるでしょう。

それでも、その不安や恐怖をうまく乗り越えなければ前に進めませんよね。

そこで今回は結婚することが怖い時の対処法をご紹介します。

1.結婚のメリットについて考える

結婚することが怖くなったときに、頭の中は結婚すると失うものばかりを考えてしまいます。

姑との関係や新しい環境での生活や友達との付き合い、家事…などのように様々な負担が女性を襲います。

マリッジブルーなどとも呼ばれていますが、いざ結婚を目の前にするとこのように怖くなってしまうことがあるそうです。

そんなときの対処法としては「メリット」をなるべく考えるようにすることです。

結婚はデメリットよりもメリットのほうが多くあるもの。

まずは好きな男性と家族になり、うまくいけば自分の子供を持つことができます。

金銭面も共働きであれば余裕のある暮らしができて、今よりも広い家に住むことができるでしょう。

さらには、結婚式など一生に何度もできない体験をすることができますし、親孝行にもなるでしょう。

結婚は失うものだけではなく得るものも同じかそれ以上にあるということを再認識することで、結婚に対しての恐怖よりも期待のほうが大きくなります。

それにより結婚が怖いという気持ちも薄れていくことでしょう。


2.結婚のデメリットへの対策を考える

結婚が怖くなってしまうのは前項でデメリットのせいだとご紹介しました。

前項ではメリットを考えることで恐怖を和らげる方法をご紹介したのですが、メリットを考えるだけではデメリットを消すことはできません。

デメリットを解消するためにはデメリットの対策を考える必要があるでしょう。

結婚についてのデメリットを紙などに書き出してみて、自分なりに対策を考えてみるとよいでしょう。

デメリットは頭で考えているとどんどんネガティブになってしまいますが、紙などに書き出して可視化すると意外に簡単なものだったりするかもしれません。

メリットがあればかならずデメリットがあるので、メリットの量がデメリットより多いのであればあとはデメリットを軽減したり事前に対策をしておくことで少なくしましょう。

怖いかもしれませんが、多少のデメリットも受け止めなければいけないことは理解しておきたいものです。


3.既婚の先輩に相談する

結婚に対して恐怖があるのであれば、それを乗り越えた人に話を聞いてみるという方法があります。

一番身近なのは自分の親です。

自分の親も結婚して子供を授かっているわけですから自分の先輩にあたります。

親でなくても既婚である同僚など自分よりも先に結婚している人であれば問題ないでしょう。

そういった先輩に自分が結婚に対して怖くなってしまっていることを相談したり、結婚に対して不安に思っていることをその人はどのようにして乗り越えているかなどを聞いておけばある程度の恐怖を緩和できるかもしれません。

また、そういった家庭内の事情について相談できる人がいれば、結婚した後何があっても一人で抱え込む心配がないので安心できるかもしれません。

自分だけで悩んでいるより、他人に相談して「大丈夫。私もそうだったけどなんとかなったから」と言ってもらえるだけでも勇気が湧いてきます。

方法としては、ネットなどでも相談する掲示板などもあるので、そういったところで同じ悩みを抱えている人の質問や相談を見るだけでも安心できるので、行動をしてみましょう。


4.彼と相談する

結婚を直前にして怖くなってしまったとき、一番話をすべきなのは結婚相手である彼でしょう。

結婚に対する不安は女性だけでなく彼にも共有してもらうことで、家事や金銭面の不安はお互いに譲り合ったりルールを設けるなどして解消できます。

姑などの彼の家族との付き合いへの不安も彼の協力があるとないとでは変わってきます。

なによりも、結婚前に女性が不安や恐怖を抱えているのにそれを理解共有できない相手とは結婚してもその後の生活はよいものにならない可能性が高いそうです。

そのため、これからの二人の生活に不安があるのであれば、彼と相談し解決していくことが二人にとっていい関係を築くことができるでしょう。

できるだけ女性の不安や恐怖を解決していくことが今後の二人の関係をしていくことの始まりになるので、一人で怖がらずに彼に不安や恐怖を話し相談してみましょう。

結婚が怖い時は一人で抱え込まないこと

結婚が怖くなってしまったとき、一人で抱え込まないのが重要なのかもしれません。

まだ結婚の予定がない人もこうしたことを考えると、結婚に対しての自分のハードルが下がるので是非メリットデメリットを書き出して対策を考えてみましょう。