好みが合わないカップルが長続きするためのコツ

最終更新日:2017年4月20日

似た者同士のカップルが上手くいくことはあっても、好みが合わないと関係は長続きしないのでしょうか。

好みが合わないとしても、お互いの努力次第では、似た者同士カップル以上に長続きさせることは可能です。

では好みが合わないカップルが長続きするためには、どんな方法を取りいれれば良いのでしょうか。

1.片方に合わせないこと

好みが合わないカップルの多くは、主導権を握っている片方の好みを基本とし、相手はそれに合わせているだけになってしまうことが多いパターンです。

例えば「好き」の気持ちが大きい方が、相手の好みに合わせてしまうというケースは多くあります。

その「好き」な気持ちが減っていくにつれて、好みを合わせることに我慢を強いられるようになり、関係が崩れてしまうようになってしまいます。

カップルになった以上、お互いに思いやりを持つ必要がありますよね。

「これが良い」と一つ意見を言って相手が受け入れてくれたら、次は「これはどれが良い?」と、意見を聞く姿勢を見せましょう。

このお互いに譲り合う気持ちが必要です。

昼食のメニューを彼氏が決めたとしたら、次の夕食は彼女にメニューを決めてもらいましょう。

そうすることで、お互いに「受け入れてもらえた」「好みを合わせてもらった」という感覚を持て、思いやりを持ち続けることができます。

2.中間の選択肢を設ける

「私は黒がいい」「俺は白がいい」と、好みが逆となってしまった場合、どちらかの主張を取りいれるというカップルが多いですが、それでは全く違う意見を持っている人にとっては辛く耐えがたいものになってしまいます。

打開策を設けるという意味で、中間の意見の選択肢を入れるようにするだけでも、納得できるようになるでしょう。

この場合であれば「ではグレーでいいのではないか」という意見です。

黒でも白でもなく、違う色にすることで、それぞれの意見が100%取りいれられた訳ではありません。

しかし50%くらいの要望は通っていると捉えることができるため、多少は我慢しつつも納得できる内容にはなるはずです。

主張し続けるという状態だと、いつか必ず衝突する場面が訪れてしまい、我慢の限界に達していれば、そのまま破局に繋がってしまいます。

主張しつつも相手の主張も考慮するという選択を、二人の間で設けるようにすれば、我慢の限界がやってくるということを避けることができるでしょう。

3.それぞれの時間も大切にする

好みが合わないカップルは、初めのうちは刺激と感じ、一緒にいることに楽しさや充実を感じるでしょう。

自分にはないものを持っている相手を、もっと深く知りたいと思うがために、毎日でも一緒にいようとします。

しかし、好みが合わないカップルこそ、一緒に居すぎることで関係は崩れてしまいます。

そこで必要な対処法が「一緒に居すぎないようにすること」です。

初めのうち、会うことが当たり前の感覚を作ってしまうと、だんだんと義務的に感じるようになりますよね。

「仕事終わったら会わなければならない」「また好みが違うのに合わせないといけない」と、徐々にすれ違うようになり、関係が終わるきっかけとなってしまいます。

そうならないためには、それぞれの時間をもっと大切にするという関係を築くことが大事です。

「今日は趣味の○○をやりたいからできれば会いたくない」と思ったら、自分の時間を優先してみましょう。

好みが違うカップルは、趣味だってやりたいことだって異なってくるため、一緒にいればいるだけ、制限されてしまい、自由を奪われた気になってしまいます。

そのため「好きなことができる時間」をお互いに持っておくと、ゆとりが持てるようになります。

お互いに好き勝手できる時間を持つことで、交際にストレスを感じることを減らし、関係を長続きさせることができるようになります。

4.将来のことを考えない

好きな人と付き合っていれば「将来一緒になりたい」「早く結婚したい」と思うのは当然かもしれません。

ただ、将来一緒になることを想定して付き合っていると、好みが違うことが大きな問題となってしまい、些細なことでもイライラしたりケンカの原因になります。

「こんなことで合わないなんて」「これくらい合わせてくれたっていいじゃない」と不満を持つようになり、交際の時点で既に嫌気がさしてしまうようになります。

将来一緒に住む、家庭を作ると想定して付き合ってしまうと、ちょっとしたずれが気になり、そこから不満を強く持ってしまいます。

今は交際を楽しむこと、打開策を見つけること、中間意見を取りいれることを目標にして付き合っていけば、関係は長く続きます。

そして長く関係を続けているうちに、どう対処すれば上手くいくのか、乗り切ることができるかというコツを掴めるようになり、一緒になっても問題がなく感じられるのです。

好みが合わないカップルでも長続きする

好みが合わないカップルは、ちょっとした意見のぶつかり合いが多くなり、そこから関係が一気に崩れてしまうということは少なくありません。

ただ、少しの努力、上手な対処法を覚えておけば、好みが合わない相手とだって関係は長続きするものです。

今相手と上手くいっていない、我慢の限界になりそうと切羽詰まった状態であれば、関係を見直すことよりも先に、自分ができること、お互いに意識すべきことを考えてみると良いかもしれませんね。