くぼんだ目の女性に適したアイメイク。くぼんだ目の印象を変えよう

最終更新日:2016年4月26日

目元の印象は顔全体の印象といっても過言ではないでしょう。

目元の色使いやメイクのポイントがいつもと違うだけで、その人全体のイメージを変える力があります。

なかでも目元がくぼんだ形の場合、老けたり貧相な印象にならないようにアイメイクの悩みがあるでしょう。

今回はくぼんだ目に適したアイメイクのポイントをご紹介します。

1.アイシャドウはグリーン系の色を使う

くぼんだ目の形をしている場合、目元に奥行きが出て、良い意味では立体感のある目元と言えます。

しかし、くぼんだ目が目元に影を作ったりシワができたりしてしまうと、実際の年齢より老けて見えたり貧相に見えたりしてしまうことがあります。

日本人は黄色の肌の色をしていますから、同系色のブラウンやオレンジ系のアイシャドウをするととても肌馴染みはいいのですが、その分目元も馴染みすぎてくぼんだ形を加速してしまいます。

そこでオススメしたいのが、グリーン系のアイシャドウです。

肌の色に対して反対色に位置するグリーン系は、なかなか挑戦することの少ないアイシャドウです。

しかしくぼんだ目の形をしている人に対しては、目元のアクセントとなり目元に立体感を出してくれます。

良い意味で、肌の黄色み加減に相対峙して、色が映えてくるのです。

まだ試したことのない方は、ぜひ一度試してみてください。


2.アイラインは太めにぼやかす

くぼんだ目にアイラインを細く長く、特に黒色を際立たせて入れてしまうと、スタイルとして格好良くはあるのですが、くぼんだ目の形をはっきりさせてしまうことがあります。

くぼんだ目には、アイラインは太めにぼやかして入れるのが良いでしょう。

色もなるべくブラウン系の優しい色合いが良いでしょう。

アイラインを太めに入れることで、瞳と眉との感覚を少し狭める効果もありますし、瞳の大きさを縦に大きく見せる効果もあります。

そしてアイラインには肌馴染みのいいブラウン系を使うことで、目元の肌の色と馴染ませて瞳をできるだけ大きく見せていきましょう。

くぼんでいる部分をカバーしてくれます。

はっきりくっきり入れるのではなく、ぼんやり柔らかく入れてみるのがコツです。


3.アイメイクの仕上げにはまぶたの中央にラメを乗せる

アイメイクはグリーン系の色で立体的に仕上げるといいですが、その色味の調整が終わりましたら、まぶたの中央、盛り上がっているところに小粒のラメを乗せましょう。

小粒のラメといっても、アイシャドウのパレットにの中にある、一番キラキラしたシャドーを付けるイメージです。

指の腹に軽く付けて、ポンポンと中央に乗せます。

これをするだけで先ほどの色味のシャドーに立体感を出してくれます。

くぼんだ目の形に対しては、奥に色味が引き込まれる立体感を演出するより、前に立体感を浮き出すような演出が望ましいです。

仕上げのラメによってその効果を実感できるでしょう。


4.眉の輪郭をぼんやりさせる

眉の形もアイメイクを際立たせるための大切なポイントです。

眉の輪郭はなるべくはっきりさせず、ぼやかしてみるといいでしょう。

目元と眉の間隔を狭めるためです。

狭めると目元のくぼみの印象が薄くなり、老けた印象になりにくいでしょう。

アイメイクというとついつい目の周りだけに注目しがちですが、目元と眉とのバランスにも注意を払うといいでしょう。

バランスが取れてこそ、全体としてのアイメイクになります。


5.マスカラは瞳の中央にポイントを出す

マスカラはアイメイクの仕上げです。

ひとえにマスカラといっても、全体的にボリュームを持たせるのか、目尻だけにポイントを出して切れ長の印象にするかで表情が全然違ってきます。

くぼんだ目には、ボリュームのあるマスカラがいいと思いますが、まつげの全体にボリュームを出すのではなく、ちょうど黒目の上の部分、瞳の中央部分に最もボリュームを出していきます。

アイシャドウやアイラインとの兼ね合いもあり、目元の印象を縦に大きく丸く見せることができます。

マスカラを中央部分に大きく乗せることで、瞳が丸くキラキラした印象になることでしょう。

瞳が大きいと若々しい印象を与えることになり、いつの間にかくぼんだ目の周りのことは気にならなくなるでしょう。

ついついまつげ全体的にボリュームを持たせたくなってしまいますが、マスカラはまつげの箇所によってボリュームに差をつけることで、より効果を発揮することができます。

マスカラは黒目の上にボリュームを持たせる、ぜひ試してみてください。

くぼんだ目をメイクして印象を変えよう

くぼんだ目のアイメイクのポイントをご紹介しましたが、どれも今日からすぐ試すことができる手軽な方法です。

いつものメイクとやり方が変わると初めは抵抗があるかもしれませんが、それによって周りの人が受ける印象が大きく変わることは確かです。

勇気を持って、まずはできそうなところから試してみてください。

今まで気になっていたことが一気に解消して、新しい自分に生まれ変わった気分になるかもしれません。