ロングスリーパーの特徴。内向的な完璧主義者が多い?

最終更新日:2016年2月21日

睡眠時間が長いロングスリーパーの人がいます。

そうしたロングスリーパーの人たちの特徴というのはどういったものがあるのでしょうか。

1.ストレスを抱え込みやすい

人間は少なからず誰でもストレスを受けていますが、その影響を特に受けやすいのがロングスリーパーの人たちと言われています。

ショートスリーパーの人たちは、睡眠時間が少なく活動的ですから自分に自信を持っている人が多く、社交的な人たちが多いです。

一方ロングスリーパーの人たちは内気な人たちが多いと言われています。

人と接するのが苦手だったり、一人で作業をしたりすることが得意なのであまり人と接することが苦手なのでストレスを感じてしまうようです。

人間はストレスを感じるとそれは発散しようと考えます。

ロングスリーパーの人たちは、それを睡眠によって発散させているのです。

ショートスリーパーの人は浅い眠りでも充分な睡眠時間を確保することができるので、ストレスを受けにくいとされています。

ロングスリーパーの人は睡眠時間中に何度か起きてしまったりすることが多いので、なかなか充分な睡眠時間を確保することができません。

それによってもストレスとなったりするので、日常でも常にストレスを感じていることが多いようです。


2.内向的な性格

ロングスリーパーの人は性格的にも内向的な人が多く、精神的にも打たれ弱い人が多いようです。

それは常にストレスを受けている状態と同じになるので、いつでも普段や苛立ちなど精神的にも大きな負担となっていることでしょう。

睡眠によってそのストレスを解消しようとしますが、眠りが浅かったりするので、余計に睡眠時間が多くなってしまうこともあります。

睡眠時間が長い割には睡眠の質が良くないので、あまり寝た気にもなれないことが更なるストレスを招く要因ともなります。

一人で作業をしたりすることが好きな内向的な性格なので、社会の中での協調性を重視するような会社では、常にストレスを感じていることでしょう。

原因不明なストレスなど、自分では何が悪いか分からないストレスでも、体が拒否反応を示している可能性も考えられます。

できれば一人で作業をしたり、黙々と研究をするような仕事が向いているのが内向的な人の特徴なので、なるべく睡眠時間を良質な物にしてストレスを軽減させることが大切です。


3.精神的に弱い

ロングスリーパーの人は精神的にも弱い人が多く、多くのストレスを感じていることでしょう。

それを補う為に長い睡眠時間を要し、ストレスを軽減させようと体が働きます。

日常生活では普通に人でも多くのストレスを受けているのですから、打たれ弱い人はもっと強いストレスを受けていることになります。

精神的に弱いことがいずれはウツの状態になってしまうので、注意が必要になります。

質の良い睡眠時間を確保することが大切ですが、ロングスリーパー人の多くはそれ程質の高い睡眠を取っている人は少ないとされています。

ショートスリーパーの人は睡眠時間が少なく、その全てが良質な睡眠とされているので活動的な行動が可能となっているのです。

ロングスリーパーの人も少しでも良質な睡眠を心掛けるようになれば、だんだんと睡眠時間も少なくすることもできますし、ストレスにも強い体質になっていくでしょう。


4.完璧主義者

ロングスリーパーには完璧主義者が多いとされています。

細かな所まで気がついたり、細部にまでこだわりを持っていることが多いので、それだけ細かい部分にも集中している事が多いです。

その集中力が時としてストレスとなってしまうことがあります。

精神的にも細かな部分にまで注意をしていれば、それだけ常に気を張っているので体も頭も疲れてしまいます。

疲れた体や頭はストレス体性が弱まっているので、ストレスに弱くなってしまいます。

ロングスリーパーの人は精神的にも弱い人が多いのですが、一つのものを突き詰めたりすることに関してはとてつもない力を発揮します。

そのエネルギーを持続させる為にも長時間の睡眠が必要となります。


5.失敗しにくい人が多い

ロングスリーパーの人は慎重な考えの人が多く、それによって失敗しにくいという特徴があります。

ショートスリーパーの人は、活動的でどんどん直感的に物事を判断したりします。

それは熟考することなく物事を決めたりもするので、時として失敗をしますが、それを経験として更なる成長をしていくのもショートスリーパーの特徴です。

ロングスリーパーの人は精神的にも弱かったりするので、できるだけストレスを受けないような方法を選ぼうと考えます。

失敗することはとてつもないストレスとなるので、できるだけ熟考して失敗しない方法を確信してから物事を進める特徴があります。

これによりロングスリーパーの人は失敗しにくいという特徴もありますが、同時に経験不足に陥るという面もあります。

ロングスリーパーの特徴を知ろう

ロングスリーパーの人は、ショーとスーパーの人に比べてマイナス面が多いことが考えられます。

精神的に弱かったり、ストレスに打たれ弱いという一面があるので、ロングスリーパーの人は自分なりにストレスを発散させる方法として睡眠という方法を取っているのです。

人によってストレスの受け方は違いますから、自分に合った睡眠時間でストレスを解消することがとても大切になります。