中途半端な前髪をアレンジする方法6つ

最終更新日:2015年9月6日

前髪は顔の印象を変える重要ポイントですね。

前髪によっては雰囲気がガラリと変わってしまいます。

伸ばしたいと思っても、途中の中途半端な前髪が邪魔になって我慢出来なくなって切ってしまったなんて経験、女性なら結構ありますよね。

伸ばしてる期間もヘアアレンジが楽しめたら…中途半端な前髪の時期を乗り越えられるはず。

そこで、簡単な前髪アレンジ方法をご紹介します。

1.編み込みでふんわりモテヘア

中途半端な前髪を編み込みにしてアレンジします。

前髪から耳の後ろまでの髪の毛を取り軽くワックスを付けます。

ワックスをつける事により短い前髪がピョンピョン出てきてしまうのを防ぎます。

耳の方に向かいしっかりめに編み込みをし、毛先は三つ編みにしてゴムで結びます。

少しづつ編み込んだ髪を指先で引っ張りふんわりさせます。

この時あんまり引っ張り過ぎると短い前髪が出てきてしまうので注意してくださいね。

最後に耳の後ろでピンで留めて後ろの髪の毛を被せておきます。

編み込みヘアのカチューシャの完成です。

髪の毛が長い方は全体を巻いておくとより可愛らしい雰囲気になるのでオススメです。


2.隠しピンで一気にロングヘア

中途半端な前髪を隠してあたかも前髪が伸びたように見せるヘアアレンジです。

まず、クシで中途半端な前髪とその周りの長い髪の毛(前髪にしたい量)を一気に前に(顔面)に流します。

貞子みたいな感じですね。

そして、7、3に分けます。

7の方にある中途半端な前髪だけを救い長い髪の毛の内側に入れ込みアメピンで留めます。

この時に長い髪の毛までピンで留めないようにしてくださいね。

長い髪の毛の毛先の毛先を少し巻いてあげるとより自然に仕上がります。

もう片方の3の部分は耳にかけます。

軽くスプレーをかけて一気に前髪が伸びたかの様なヘアの出来上がりです。


3.ミニバレッタでルーズに外国人風アレンジ

前髪の分け目をいつもより横目にします。

8、2くらいがオススメです。

そして、8にある中途半端な前髪を取り、耳の後ろに向かって引っ張り、そのまま小さなバレッタ、もしくは飾りの付いたピンで留めます。

色々なバレッタやピンを持ってるといいですね。

髪の毛が長い方は軽く巻いてウエット感のあるワックスで仕上げると外国人風アレンジに‼︎無造作に留めるのがポイントです。

簡単に出来るので、時間がない時はもってこいのアレンジです。


4.ポンパドールでアレンジ上手に

前髪全体にコームで逆毛を立て、その根本へスプレーをします。

逆毛を潰さないように後ろへ持っていき毛先をまとめて表面を撫でるようにクシでとかし整えます。

毛先をピンで固定するとポンパドールが出来ます。

ポニーテールにポンパドールを作ればクールなイメージに。

素敵なバレッタをつければエレガントな雰囲気に。

取る髪の毛の量や全体のアレンジによって様々な雰囲気に仕上がります。

慣れると簡単に出来るのでチャレンジしてみて下さい。


5.カチューシャでスッキリおまとめヘア

全体的に髪の毛をまとめます。

時間がない時はざっくりポニーテールでも大丈夫です。

出来れば中途半端な前髪も出てきても構わないのでまとめ髪に混ぜて下さい。

最後にカチューシャで出てきてしまった前髪や、留めきれなかった前髪を後ろへ流します。

カチューシャは、シンプルなタイプの方がカッコ良く仕上がります。

結婚式に呼ばれた時は大ぶりのお花が付いたカチューシャで留めるとそれだけで華やかになりますね。

細いカチューシャを2本付けても素敵ですね。

同じポニーテールスタイルでもカチューシャを変えるだけで雰囲気が変わるのでファッションに合わせてたくさん持っていると便利です。


6.ストレートアイロンでカールを付けてガーリーに

中途半端な前髪はカールをつけて横に流すとふんわりガーリースタイルになります。

前髪にカールを付ける際、コテを使いがちですがストレートアイロンがオススメです。

前髪をコームで下から救い、流す方向と逆の方に流しながらストレートアイロンで伸ばします。

毛先に向かってゆっくり円を描くように手首を回しながら引っ張るのがポイントです。

その後は、流したい方向へコームでとかして下さい。

コテですとカールがつきすぎて失敗しやすいのですが、ストレートアイロンだと簡単にゆるふわカールが作れます。

ちょっと伸びてきて目にかかる前髪もこれなら邪魔にならず下ろせますよ。

伸ばしかけの前髪でも十分アレンジができる

前髪だけでもこんなにアレンジが楽しめます。

その日の気分やお出かけコースに合わせて、ファッションに合わせて前髪もコーディネート出来ちゃったら楽しいですよね。

ヘアアクセサリーもたくさん増やして楽しんで下さい。

実際にやってみると簡単でとってもおしゃれに仕上がるので新しい自分を発見出来るかもしれません。