メイクをキレイに落とす方法。クレンジングをマスターしよう

最終更新日:2015年7月5日

お化粧は大好き。

でもクレンジングは面倒臭いし、一生懸命色々なものを使って落としているのになんだかいつも肌に残っている気がする、など意外にきれいにお化粧を落とすのって難しいですよね?

きちんと肌に負担のかからないクレンジングアイテムと使用方法を覚えればきちんとメイクは落ちます。

イマイチクレンジングの方法が分からない。

でもやっぱりきれいにお化粧は落としたい。

そう思っている人必見です。

きれいにメイクを落とす方法をご紹介します。

1.ポイントメイクアップは必ず先に落とす

女性も男性も仕事にプライベートにかなり忙しい時代です。

少しでも時間をかけずに簡単にしたい。

クレンジングもそうですよね。

時短したいがために一気にフルメイクをクレンジング剤で目も口も眉も全ていっきに落としていませんか?

これではきれいに落ちないので時短したつもりが結局メイクが落ちきらずにもう一回クレンジングをやり直すという無駄になりかねませんし、落ち切らないままでいるとお肌に負担がかかってしまいます。

まずはポイントメイク専用のリムーバーでマスカラやアイラインなど濃くてしっかりついているメイクや目の際のメイクを落とします。

その次にリップやアイブロウメイクを落としましょう。

先にポイントメイクを落とさないとなぜだめかといいますと、お顔全体を一気に落とそうとするとアイメイクやリップメイクがファンデーションのところまでのびてしまい、落とすのに時間がかかってしまうのです。

またポイントメイクは濃くてしっかりとついているメイクがほとんどですので専用のリムーバーで丁寧に落とさないと落ちません。

ピンポイントで落とすことですぐにしっかりと落とすことができますし、専用リムーバーは肌や粘膜に対してファンデーションを落とすリムーバーよりも優しいです。

細かいところは綿棒を必ず使います。


2.ファンデーションを落とす

ポイントメイクアップが落ちたらファンデーションを落とします。

クリームタイプやふき取りタイプ、オイルタイプなどいろいろありますが、オイルタイプが最もメイクが落ちると言われています。

保湿効果などが配合されていますし、メイクアップ料に力を発揮してもお肌のうるおいは残すということを研究して開発されたクレンジングオイルが各社出ています。

メイクアップ料が肌に残っている方がお肌にはよくありません。

毛穴も詰まりますし酸化して雑菌も増えます。

オイルタイプのクレンジングを使う時は必ず乳化させてください。

これを面倒くさがってしっかり乳化させないと肌にオイルが残ってしまい酸化してお肌にダメージを与えてしまいます。

水を加えてさらっとするくらいまで乳化させましょう。


3.ファンデーションを落とすときは肌を動かさない

ファンデーションを落とすときに手のひらでくるくるしますが、その時にマッサージのように力を入れて肌を動かしながらする人も多いのではないでしょうか。

それでは肌に負担がかかります。

必要以上に力を入れなくていいのです。

マッサージ効果を期待しながらクレンジングをする人もいますが、汚れが逆に毛穴に入り込んでしまうこともありますからオススメは出来ません。

メイクアップは肌の上にのっかっているので肌の上のメイクアップ料がクレンジング剤と混ざればよいのです。

だから出来るだけ動かないように優しくなでて下さい。

ファンデーションとクレンジング剤がなじむと突然スーッと軽やかなさわりごごちになります。

そうなったらクレンジング剤とメイクアップ料がなじんで落ちているということになりますので、軽やかなさわりごごちや指の動きが軽くなるまでくるくるしましょう。


4.ティッシュオフをする

オイルクレンジングが終わったらいきなり洗う人ってけっこういますよね?

その前にひと手間加えましょう。

ティッシュオフをするのです。

ティッシュをお顔に乗せてそっと顔の凹凸に合わせてティッシュを付けます。

こすってはいけません。

ティッシュの繊維は荒いので肌を傷めます。

鼻をかみすぎると赤くなるのはティッシュを使いすぎたせいです。

同じようにこすると赤くなってしまうのでお肌でこすってはいけません。

お顔に浮いたメイクアップ料を吸い付けるのです。

1回ティッシュに汚れを吸い付けておけば汚れやメイクアップ料は非常に落としやすくなりますよ。

ティッシュに軽く化粧水や精製水をひと吹き吹きかけてからティッシュオフすると落としやすいです。


5.ホットタオルで蒸す

ティッシュオフしてからオイルを落とすための洗顔や洗い流しをする前に、是非蒸したホットタオルをお顔にあてて下さい。

蒸すことで毛穴が開き、毛穴の汚れや細かい個所の汚れやメイクアップ料が落ちます。

ここで終了しても良いくらい綺麗に落ちますよ。

作り方は簡単、手ぬぐいやスポーツタオルを水で濡らし絞ります。

くるくる巻くか4つくらいにたたんで電子レンジで40~50秒温めます。

温めすぎてやけどしないように注意して下さい。

そしてお顔の上に広げ20秒待ちます。

額から顎先にむかい、順番にお顔をふき取ります。

そして手ぬぐいやタオルのはしで小鼻や目周りなど細かい個所を拭きます。

ホットタオルは2回行うとベストです。

お肌の血流も良くなり透明感が出ます。

ここでお肌を温めていますので、次のステップで冷やすことで毛穴がきゅっとひきしまります。


6.洗い流し又はダブル洗顔をします

ホットタオルまででも汚れもメイクもクレンジング剤もきれいに落ちるのですが、それでは不安な方は必要に応じて、洗い流しや洗顔料で顔を洗います。

こうすることでより完璧にメイクアップ料を落とすことが出来ます。

ただし洗いすぎはお肌の潤いを逃がして乾燥させてしまいますので気を付けて下さい。

そしてありがちなのが、首と顔の付け根をしっかり洗わずに洗顔料がついたままでいる人が多いということです。

洗顔料やクレンジング料を洗い流さないでいると肌荒れの原因になりますので気をつけて下さいね。

仕上げに化粧水をつけるとお肌が潤って良いでしょう。

クレンジングを活用してメイクをキレイに落とそう

クレンジングさえしっかりやっていないと一気に肌荒れをおこしてお顔も老けてしまいます。

メイクが大好きな人こそ、クレンジングを正しい方法で行ってメイクアップをきちんと毎回落として下さい。

クレンジングもメイクアップの一つととらえると楽しくなります。

しっかり落とす方法を身に付けたら、さまざまなクレンジング剤が出ているのでいろいろ試してみるのもオススメです。

クレンジングをマスターしてピカピカのお肌をめざしましょう。