コンシーラーで目のクマを隠す方法。クマのタイプ別に隠し方を変えよう

最終更新日:2015年2月1日

目の下のクマが目立って悩んでいるという人は少なくないと思います。

クマが目立ってしまう事で、人から暗いイメージで見られてしまったり、顔色が悪く見えてしまったり、実年齢よりも老けて見られてしまう事に繋がるからです。

では、目の下のクマを上手に隠す為にはどのような方法があるのか、クマのタイプ別にご紹介します。

1.青クマを隠す方法

実は青クマは、クマの中で最も多い割合を占めているタイプのクマです。

目の周りの皮膚はとても薄く、毛細血管が透けて見えてしまいがちな部分でもあるのですが、青クマの場合は血行不良が原因で血液が青黒く透けてクマとして見えてしまうのです。

そして血行不良になる主な原因としては、不規則な生活習慣やストレス、疲れ、ホルモンバランスの乱れ、冷えなどが原因と言われています。

青クマはクマの中でも軽度のクマなので、これらの原因を自分で改善すればクマも改善し易いとされます。

手軽な方法としては、普段から半身浴や運動をして身体を温めたり、温かいタオルを目の上に乗せて血行を良くするという方法、そして食べ物にビタミンやミネラル、生姜が入っている物を選んで積極的に食べるという方法がオススメです。

コンシーラーを使用する時には、事前にオレンジ系のコントロールカラーをクマの部分に塗り、その上からリキッドタイプのコンシーラーを重ねて塗る事で大抵の青クマを隠す事が出来ます。

もしそれでも隠れない場合には、練り状の固形タイプのコンシーラーを指に取り、ポンポンと上から叩く様に塗ると良いでしょう。

2.茶クマを隠す方法

茶クマの特徴としては、化粧品による刺激や紫外線による色素沈着が原因である場合が多いという事です。

茶クマで悩んでいる人はまず第一に紫外線対策をしっかりと行う事が大切です。

方法としては、メイク前には必ず日焼け止めを塗る事は勿論の事、外に出る時には日傘をさしたり、帽子をかぶったり、マスクをつけたりなど、色んな方法が有効となります。

また、刺激を与える事も茶クマの原因になるので、クレンジングをする際には決して目元を強くこすらずに優しく行う事、普段スキンケアを行う時には目元を刺激しない様にする事も大切です。

そしてコンシーラーを使用する時には、イエロー系のコントロールベースを事前に塗り、その上からリキッドタイプのコンシーラーを重ねて塗ります。

茶クマもまた青クマと同様、比較的隠し易いレベルのクマですが、もしリキッドタイプでは隠し切れない場合には練り状の固形タイプのコンシーラーを指に取り、ポンポンと上から叩く様に塗ると重度の茶クマでも隠れていくでしょう。

3.黒クマを隠す方法

黒クマはクマの中では最も重度のレベルのクマである上、生まれつきの骨格や老化が原因である場合が多いので隠すのが難しいと言えます。

特に生まれつきの骨格の場合は骨格が変わらない以上、クマの部分が影となって見えてしまうので改善するのは難しいのですが、老化が原因である場合は、顔のたるみを防止するストレッチをしたり、表情筋を鍛えたり、酵素が含まれるビタミンやミネラル、またコラーゲンなどの栄養素を積極的に摂る事で改善が期待出来ます。

老化が原因である場合は目の脂肪が老化により表に出てきてしまい、たるんで見えてしまう事でクマに見えてしまいます。

黒クマを隠す方法としては、クマの部分だけでなくアイホール全体にオレンジ系のコントロールカラーを事前に塗り、その上からリキッドタイプではなく練り状の固形タイプのコンシーラーを指に取り、ポンポンと上から叩く様に塗る事で目全体を明るく見せる事が出来、結果として黒クマを目立ちにくくする事が出来るのです。

それでもクマが気になってしまう場合はパールの入ったパウダーを上から軽く乗せる事で、パールが光に反射してクマが目立ちにくくなります。

黒クマは一度なってしまうと隠すのが大変なので、普段からたるみを防止するストレッチをしたり表情筋を鍛える必要があります。

4.どのタイプのクマか分からない時

もしこれら3つのタイプのクマのうち、自分のクマがどのタイプか分からない場合は、数名の美容皮膚科の専門医や美容部員に自分のクマを見て貰うのも良い方法です。

1人だけに意見を訊くよりも、複数の人に意見を訊いた方が、より確実に自分のクマのタイプを知る事が出来るからです。

美容皮膚科の専門医や美容部員は、普段から数多くの人の顔や皮膚を見て処置をしています。

自分でどのタイプのクマか分からず、ただ何となくコンシーラーを塗って隠そうとするよりも、そういった人に判断して貰った上で本当に自分に合った色のコントロールカラーやコンシーラーを塗る方が、より上手に目のクマを隠す事が出来ますし、クマのタイプによって普段の対策方法も違うからです。

クマのタイプによってコンシーラーの使い方も変わってくる

このように、コンシーラーで目のクマを隠す方法はクマのタイプによって様々です。

しかし大切なのは、まず自分のクマがどのタイプのクマなのかを把握する事、そして自分に合った隠し方や対策を普段から実践するという事です。

自分の目のクマを隠せるのは、他の誰でもない自分だけなのです。