ツリ目女性がタレ目にメイクで見せる方法

最終更新日:2016年2月23日

クールな印象のツリ目女性にとって、可愛らしいタレ目は憧れの対象ですよね。

タレ目女性から見ると「ツリ目の方がカッコイイメイクが似合うしハーフ系メイクもサマになるのに」と思われがちですが、そこはお互いない物ねだりなのかも知れません。

今はメイクの技術もメイク用品も日進月歩の時代ですから、自分にない物は5つのメイクテクで手に入れましょう。

1.タレ目メイクは二重幅が命。二重のりと二重テープを使って二重の幅を広げましょう

まず1つ目のポイントは二重幅を広めにとることです。

幅を広げるとよりタレ目に近づきます。

あまり広げすぎると眠たげな印象になってしまうので、自分のもともとある二重のラインから最大3ミリを目安に二重ラインを作ります。

元の目が十分な二重幅の方はこのステップを省いてもOKです。

逆に重たい頑固な一重まぶたの方は、なりたい二重の幅にガッツリとラインをとって広げましょう。

絆創膏を二重テープの代わりに使用する場合は、洗顔後化粧水で肌を整えたあと、ベースメイクを始める前に二重を作ります。

やり方は、絆創膏の粘着テープ部分に縦にハサミを入れ、綿の端の部分まで少し切れ目を入れたあと、横にハサミを入れて細いテープ状にカットしたら、綿の部分からそっと台紙をはがすとキレイな絆創膏二重テープが作れます。

台紙からはがしたら綿の部分をカットし、目頭側に絆創膏テープを固定し、目じり側に軽く引っ張りながら食い込ませてまぶたに貼り付けます。

仕上げに両端につけまつ毛用ののりか二重用のりを少しつけて、爪やプッシャーで形を整えます。

通常の二重テープの場合は、絆創膏二重テープと同じやり方でもOKですし、メイクをした後にやってもOKです。

通常の二重テープは絆創膏二重テープよりも粘着力がやや弱いです。

メイクの上から貼る場合はまず二重のりを自分の二重幅より3ミリほど上に薄く塗りましょう。

半乾きになったらその上に二重テープを両側から少し引っ張りつつ、まぶたの中央から食い込ませるように目じりと目頭に向けて貼ります。

そして余分なところを眉ハサミでカットして両端にのりを付け足し、プッシャーで形を整えます。


2.ナチュラルなブラウンやブラックのカラコンを合わせてよりタレ目を強調しましょう

縁取りがハッキリしているブラウンのカラコンや、直径が大きい黒カラコンを装着することでよりタレ目メイクが強調されます。

ツリ目メイクやハーフ系メイクはクールな印象のグレイカラコンや華やかな印象のパープルのカラコンが良く合いますが、タレ目を強調するにはブラウンか黒を選ぶのがベター。

黒やブラウンの中でも、直径が15ミリくらいの大きさで、しかも縁取りがはっきりしたものを選ぶとよりタレ目効果が発揮されます。

原宿系やネオギャル系のタレ目メイクを目指すなら、思い切って鮮やかなピンクのカラコンを選ぶときゃりーぱみゅぱみゅさんのようなぱっちりうるうるタレ目メイクになりますよ。

ただし、カラコンを装着する前には必ずコンタクトレンズ専門の眼科医をあらかじめ受診して、自分の目の状態をきちんと調べてもらいましょう。

もしこの段階でカラコンの装着やコンタクトレンズそのものの装着をしてはいけないと言われたら、絶対にムリをしてコンタクトレンズを入れないでください。


3.アイラインと眉毛はあくまで平行を意識して

タレ目になりたいからといって、アイラインをタレ気味に引いてしまうのはツリ目女性にはNGな方法です。

ラインが不自然になってしまうので「タレ目に見せようとして必死」な感じになり、逆効果です。

ではどのようにアイラインを引けばいいのかというと、リキッドでもジェルでもペンシルタイプでも同様に目じりの延長線をまっすぐに引くと自然なタレ目効果が演出できます。

自分の本来の目じりから最大8ミリ程度を目安にアイラインの横の長さを出しましょう。

眉毛も同様に、なるべく平行眉にするのがコツです。

眉頭から眉尻まで一直線にラインをとったら、眉頭を丸く描いて整え、いつもより太いかな?と思うくらいの太さで描いていきます。

ペンシルタイプのアイブローよりもパウダータイプのアイブローをチョイスして、ふわっと仕上げるとより柔らかい印象のタレ目メイクになります。

自眉がわりとしっかりめに生えている方は、明るいカラーの眉マスカラをさらに重ねておくと立体的なふわ眉タレ目メイクになるのでぜひやってみてください。

リキッドタイプのアイブローを使う場合は、いつもより2トーンくらい明るめの色を選んで使うと今年らしいツヤ肌メイクにもしっくり馴染むので、これもオススメの方法です。


4.つけまつ毛は2枚重ねがデフォ。位置を少しずらしてタレ目を強調

タレ目メイクの一番のポイントはつけまつ毛の選び方とつけ方です。

これでタレ目メイクの全てがきまるといっても過言ではないので、ここは一番丁寧にやってみてくださいね。

上まつげは根元部分が黒いもので、ボリュームがしっかり出るタイプのものを選びましょう。

横に少しずらして2枚重ねたら、まず2枚のつけまつ毛をつけま用のりでしっかり接着します。

2枚重ねたつけまつ毛同士がしっかりくっついたところで、つけまつ毛の芯の部分に再びのりを塗布します。

ピンセットでつまんだら目頭からしっかりと自まつ毛に沿って乗せていきましょう。

目尻側は自分の下まつ毛の生えている部分にかかるくらいグイっと下げて、きちんとくっつけます。

仕上げに綿棒やメイクチップでさらに押し込んでくっつけるとはがれにくくなります。

下まつ毛は目じり側を強調したタイプのものを選びましょう。

上のつけまつ毛の終わりの位置からまっすぐ直線になるように目頭にむかって接着していきます。

こうすることで扇型の目になり、ツリ目から一気にタレ目になります。

下まつ毛の目じりにさらにポイントつけまつ毛を重ね付けすると、アイラインだけでは強調しきれなかったタレ目も一層ナチュラルで可愛らしいタレ目に仕上がります。


5.最後の仕上げはダークカラーのアイシャドーで下まぶたを強調しましょう

ここまでできたら、仕上げは下まぶたに濃い目のブラウンをさっとぼかして影を入れてできあがりです。

目尻から1/3、黒目の始まりの位置にダークブラウンのアイシャドーをブラシでひと刷けすることで、下まぶたの目じりが強調され、そこに視線がいくのでタレ目がより効果的に強調されます。

もしも上まぶたがブラウン系のシャドーでなければ、そのパレットの中の一番濃いカラーをのせるとメイク全体に統一感が出てより美しく仕上がります。

無理にアイラインを下に下げるのではなく、つけまつ毛を上手に使い仕上げのシャドーで影を入れると、ツリ目できついと思われがちな女性も可愛らしいタレ目に仕上がるので、ぜひ試してみてくださいね。