女子会で好印象になる服装とは?仕事の地位や年齢パターン別に紹介

ファッション 仕事/ビジネス最終更新日:2019年5月17日
女子会

女子会では女子会ならではの気をつけなければならないこともあります。

それは女子会にはどういった服装で参加するのかということです。

女子会にどういったファッションで臨むのかは、特にその女子会が仕事の仲間同士のものであった場合などにはとても重要になってきます。

職場の目上の方には「きちんとしている」「しっかりしていそう」という印象を持たれたい反面、ただただコンサバなだけでは新人OLからは「流行に頓着しないやぼったい先輩」と思われてしまうことも少なくありません。

そこで今回は仕事での地位や年齢別に女子会において好印象を与えられる服装をご紹介します。

自分が上の立場なら「仕事のできるファッション」が素敵なOLスタイル

もしもあなたが仕事上ある程度地位のある立場である場合には「きちんとしたファッション」で仕事ができる感をアピールするのがオススメです。

女子会が座敷席でおこなわれるのであればパンツスーツ、テーブル席であればフレアのひざ下丈のスカートなどが良いでしょう。

勤務時間中は活動しやすく、また女子会中も立ったり座ったりで気崩れることのない服装であれば、周囲に気を回す余裕も生まれてきます。

上の立場だからこそ、女子会の席では後輩たちにも気を配ってあげたいところです。

後輩たちにも好印象を与えるためには、ベージュや淡いピンク系などの甘めのカラーや薄いカーキや柔らかいブラウンなどのアースカラーがオススメです。

どぎついレッドやイエローなどのビビットなカラーや、黒、紺などのきっちりしすぎたカラーはどうしても相手にきつい印象を与えてしまう可能性があるため要注意です。

仕事帰りであればエポカやセオリーなどの、きちんとしているけれどファッショナブルなブランドをセレクトすると良いかもしれません。

お休みの日の女子会であれば、アンナモリナーリなどの甘めデザインの服装も素敵です。

ハイブランドでハイクオリティーながらも、あまりかたい雰囲気ではないバーバリーなども適しているでしょう。

自分が中間の立場ならコンサバスタイルの服装で

中間的な立場にある方は、特に服装に気を配る必要があります。

中間的な立場の人は、上司からも部下からも良い印象を持ってもらう必要があるからです。

特に普段の仕事をきびきびとこなしているタイプの人に関しては、意識的に仕事中とは正反対のイメージでお洋服を選ぶと良いかもしれません。

普段はきびきびした印象を抱かれがちな方は、女子会では雰囲気をチェンジして「話しやすい」「話をきいてくれるやさしい雰囲気」を作ってみましょう。

「優しい」というのがキーワードになってきます。

後輩だけでなく、先輩に対しても人あたりが柔らかそうなデザインの服装をセレクトしましょう。

中間の立場にいる人は、上司と部下の間で橋渡し役となることが多いので、どのような立場にいる人でも「話しかけやすい」ような雰囲気を身にまとうことが大切です。

ただし、優しいだけでは野暮ったく見られる危険性もあります。

優しい雰囲気も身にまといつつ、野暮ったく見られないためには高品質なお嬢様系の服装がオススメです。

面接やお見合いの席でも印象が良いとされているハロッズやフランコフェラーロなどはいかがでしょうか。

周りの人たちが金銭的に余裕のある方たちであれば、フォクシーなどもオススメです。

ここに記載したブランドでなくてもハイブランドのお洋服のコンセプトを吸収し、他ブランドでテイストの似た物を探すというのも良いでしょう。

自分が新人なり一番若いなら「いまどきファッション」には気をつけて

もしあなたが新人やそれに近い立場であるのならば、あまり自己主張の強い服装はオススメできません。

若さを売りにしいまどきの服装などは、反感を買ってしまう可能性もあるからです。

一番無難で安心感があるのは、おとなしめのオフィスカジュアルファッションなどです。

また、率先してお酌やお料理のとりわけなどをおこなえるように動きやすく、裾が乱れにくい服装にするのも大切になってきます。

「序列」という言葉を使うべきか迷うところですが、自発的な行動として年長者より先だってこまごまとしたことを行うことは、会社がらみの女子会では必須になってくるのです。

よりよい人間関係を作るためにも服装には注意しましょう。

あまり自己主張の強い服ではなく、人ごみに紛れてしまうくらいのシンプルめな服装で序列に馴染んでいくのがいいのではないでしょうか。

ムードメーカー的な立場なら話題づくりのできる服装も◎

年齢にかかわらず、あなたが会社においてムードメーカー的な立場にいるのであれば話題づくりができるような服装も良いでしょう。

そこから会話がスタートするように1点豪華主義のような感じで、アクセサリーやバッグなどをセレクトすると良いかもしれません。

なにかこだわりのあるネックレスやリングなどをつけていく程度なら、会話を弾ませるきっかけとなりますのでぜひオススメします。

ただし、あまり高価な物は要注意です。

他の同僚や先輩たちに目をつけられないように、一目でハイブランド品だとわかるようなものは避けましょう。

また、お裁縫などが得意な方であれば手作りのバッグなどを持って行っても会話が弾むきっかけになりそうです。

お局様的な立場にいるならば、モードでスタイリッシュな服装で

もしもあなたが自分がお局様的な立場にいることに気づいてしまったら、女子会はそのイメージをくつがえすことのできる格好の場です。

お局様はどうしても他の女性たちから疎まれてしまいます。

そして「お局様=おばさん」というイメージもつきまとっているので、若い子たちからの評価も低い場合があるでしょう。

会社ではそういったイメージをくつがえすことは簡単ではありません。

しかし、女子会となると話はまったく違ってきます。

お局様的な立場にいる方は、女子会では思いっきりファッショナブルな服装をセレクトしてみてください。

ファッションに疎いという方にオススメなのがバーニーズニューヨークなどのハイセンスなセレクトショップです。

これらのショップには、国内外からモードでスタイリッシュなブランドのお洋服などがたくさん集められています。

何をセレクトすれば良いかわからない場合には、スタッフさんに相談してみるのもひとつの手です。

スタッフさんたちはファッションのプロですので、親身になってあなたに似合うファッションを提案してくれるはずですよ。

クールなファッションに身をつつんで、日ごろのイメージを大きく変えてやりましょう。

女子会ファッションをきっかけに、職場での人間関係を改善しよう

たくさんの女性たちが集まる女子会においては、どのような服装で出席するのかがとても重要になってきます。

特に職場の仲間たちと集まる女子会では、仕事の上での立場や年齢などによっても好印象を与える服装が少しずつ変わってくることがご理解いただけたでしょう。

職場の同僚たちと集まる女子会は、日ごろのイメージを強化したりくつがえしたりできる絶好の機会です。

ぜひ自分の立場や年齢に合ったファッションにチャレンジして、職場での人間関係をより良いものにしていってください。

 

    「女子会で好印象になる服装とは?仕事の地位や年齢パターン別に紹介」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。