モテると勘違いしている男性

モテると勘違いしている男性の特徴

最終更新日:2016年11月3日

あなたの身の周りにさほど男性として魅力的ではないのになぜかやたら女性に対して自信満々な男性はいませんか?

そのような男性は実際のところ全くモテないばかりか、女性から拒絶されたり明らかに冷たくされることがあってもけしてめげません。

そして自分はモテるという揺らぎない自信を持っています。

そこで今回はモテると勘違いをしている男性の特徴をご紹介します。


1.全身ブランド物で固め、ファッションにうるさい

言うまでもなく勘違い男はナルシストです。

自分が大好きですべての女性から自分の存在やファッションが注目されていると信じて疑わないのでオシャレにも手を抜きません。

また自分は他の男性よりモテると思っていて虚栄心が強いので最新の流行やブランド物が大好きだったりします。

こちらから話題にもしていないのに今日の自分のファッションのこだわりやポイントを語りだしたりしたらその男性はかなりの勘違い男と見て間違いありません。


2.女性に対して常に上から目線

勘違い男は自分のことは棚に上げ、やたら女性の服装や体系にダメだしをしてくる傾向があります。

「女性を落とすなんてチョロイ」と根拠なき自信に溢れています。

そのため自分のようなモテる男はわざわざ女性に気を遣って媚を売る必要なんてない、失礼な発言を避けるなど紳士的に振る舞う必要もないと思っているのです。

また自分は完璧でありものカッコいいという妄想の中で生きているので、非常に自分に甘い傾向があります。

「最近太った?」なんて平気で言ってくるような男性に限ってお腹が出ていたり酷くだらしない体をしているなんてことも少なくありません。

ジムで鍛えていたりベスト体重をキープできるよう健康管理するような自分に厳しい男性は、食事制限や運動など理想の体型に変えることが自身の経験からいかに大変かを知っています。

そのため女性を傷つけるそのような発言を安易にしないものです。


3.勘違い男はやたらと自慢話が多い

モテると勘違いしている男性は自分がすごい男であると錯覚しているゆえに自分の素晴らしさを是非とも女性に知ってもらわなくてはならないと思っています。

そう、自分がすべてです。

それゆえ聞いてもないのに仕事での成功話や出身大学などをベラベラ話します。

そして実は少し事実より盛って話しています。

ですが何せ自分は妄想のなかで生きているので多少事実と違っていてもそんなことはおかまいなしです。

自分のことを女性の前で話すのが大好きなので女性は自分の自慢話を聴きたいと願っているに違いなく、よって自分のことをますます魅力的で素敵な男性だと思っているはずだと信じています。

例え空気を読まずに自慢話をまくしたて周囲を凍りつかせていたり女性がうんざりしているにも関わらずです。


4.馴れ馴れしい

自分のようなモテる男は女性経験も豊富であり女性と接することなんて慣れっこだと信じきっている男性は女性に対してやたら馴れ馴れしい態度をとります。

耳を背けたくなるような下ネタを連発したり、やたらとセクハラまがいなボディタッチをしてきたり、つき合ってもいないのにデリカシーのない発言を平気でしたりします。

そのような男性には社交辞令というものが全く通じません。

ですから少し女性にお世辞で褒められたり誘いを控えめに断られただけで自分に好意があると勘違いしてしまうことさえあります。

恐ろしいことに勘違い男は基本スーパーポジティブですから時には拒絶でさえ相手の好意と捉えてしまいます。

「○○さんのことはステキな方だと思っているのですが、今は仕事に集中したいので誰ともおつき合いする気持ちになれなくて」などというせっかく女性が相手を傷つけないように配慮した断り文句でさえ「やっぱり俺のことが好きなんだな。よし。まだまだチャンスはある、もう少し積極的にアプローチしよう」と受け取るのです。


5.テレビに出る芸能人やモデル、アイドルのような女性とつき合えると信じて疑わない

勘違い男は自分がジャニーズや福山雅治などイケメン芸能人と同じくらいカッコいいと思っているのでとてもプライドが高いです。

自分を芸能人のような何か特別な存在だと信じているのでそのようないい男である自分はむろん、女優やモデルやアイドルのようないい女性と付き合えてしかるべきだと思っています。

よくモテない男性に限って周囲から見れば全く釣り合わない振り向いてもくれないレベルの高い女性を狙うと言います。

プライドが高いのでモテず、結果女性経験が少ないゆえにより理想が高くなってしまいます。

このような男性は「だからモテないんだよね」と影では言われていることも少なくありませんが、本人は全く気付いていません。

勘違い男の特徴を知ろう

自分がモテると勘違いしている男性は社交辞令で嫌々ながら数回食事をしてくれた女性でさえ自分への好意だと思っていたり、酷いケースだとそれだけで元カノにカウントしている場合があります。

とにかく勘違い男はポジティブシンキングですから自分はモテると信じて絶対に疑わず、告白してフラれた時でさえ自分を拒絶されたと気づかないことさえあります。

このような男性はもし熱烈なアプローチで理想の女性とつき合えても最初は恋愛に慣れていないゆえうかれて紳士的に行動するかもしれませんが、時間の経過と共にやたらと上目線でファッションや容姿にダメだしをしてくるかもしれません。

プライドの高い男性は総じて頑固であり我儘なことも少なくないので女性を幸せにするとは言えません。

あなたの周囲にこのような自分はモテると勘違いしている男性がいるならなるべく関わらず距離を置くことをオススメします。