「もういい」が口癖な人の心理や性格とは

最終更新日:2017年4月1日

口癖の種類はたくさんあります。

その中に「もういい」があります。

この言葉が口癖の人には一体どういう心理があるのでしょうか。

ここでは「もういい」が口癖な人の心理についてご紹介します。

1.やけになり、人の気を引こうとしている

「もういい」には色々な意味があります。

その中でも「もういい」が口癖で一番多い心理がこのやけになり、人の気を引こうとしている心理です。

人の気を常に引いて自分を見て欲しいという心理から「もういい」が出てしまいます。

こう言えば周りの人は自分に構ってくれると思っています。

とても甘えん坊で、自分一人では生きていけないタイプです。

「もういい」というならたまになら周りの人も協力したりなだめたりしますが、これを口癖のように言ってしまうと「またか」と正直周りはゲンナリしてしまい、放置するようになってしまいます。

ですので、もしも自分がこのタイプなら今すぐやめるようにしましょう。

そんな事をしても自分のためになりませんし、周囲からもただのワガママだと思われてしまいます。

自分でできるだけの努力をして、前を向いて精一杯頑張っている人こそ周囲の人は応援したくなります。

本当に人にもっと愛されたいと思っているなら、まずは自分でできる事を見つけ、できるだけ自分一人で頑張ってみましょう。

そうする事で周りの人も協力してくれるようになります。

2.諦めやすい心理

「もういい」が口癖の心理で1の次に多いのがこの諦めやすい心理です。

「このくらいやったし、これ以上自分には無理だろう。

だからもういい」と自分で勝手に諦めて自分の限界を決めてしまっているのです。

これが、普段本当に大事な時のために自分の力をセーブしているならいいですが、良くないのは自分で自分をダメだと思い、勝手に限界を決めてしまっている事です。

人間の可能性は無限大です。

努力をすればするだけどんどん才能を伸ばし、できる事を増やす事ができます。

ですので、自分で自分の限界を決める事は無いのです。

これが口癖の人は自分に自信が無く、すぐに諦めてしまう事そのものが癖になっています。

このままでは一生自分に自信が無く、ネガディブな考えのままに終わってしまいます。

誰にでも必ずいいところや得意なものはあります。

ですので「もういい」が口癖になっている人は、一念発起して自分を信じ、精一杯努力するようにしましょう。

世の中には、努力をしている自分を見せるのはかっこ悪いと思っている人がいますが、その考えこそがかっこ悪いです。

周囲の人は見せないところで努力を重ねています。

きちんと努力をして結果を出した人こそかっこいいのです。

ですので、自分で自分の限界を決めてしまうのはもうやめて、努力をしましょう。

そうする事で周りも認めてくれますし、何より本気で生きている人はとてもかっこいいですし、自分自身も楽しいです。

3.後輩や部下に言う人はとても優しい

頑張っている後輩や部下に「もういい」という人は、とても優しい、そして部下を良く見ている人です。

後輩や部下は、上の人に認められたいととても努力をします。

中には自分の限界を超えて努力をしてしまうという人もいます。

それを優しい人は見逃さないので、頑張っている後輩や部下には口癖のように「もういい」と言うのです。

後輩や部下からしたら「まだまだ頑張れるのにどうして?」と思うかもしれませんが、頑張るためには休息も必要です。

休む時にしっかり休む事で本当に頑張らないといけない時にしっかりと頑張る事ができます。

ですので、もし自分の上司に「もういい」と言う人がいたら、言う事を聞いて休みましょう。

後輩や部下を気づかう事ができる上司は、常にきちんと部下や後輩の行動をチェックしています。

そして、これからのために無理をして欲しくないと思っています。

そんな優しさをしっかりと読み取り、言う事を聞いて休息をするようにしましょう。

4.周りを油断させようとしている

ライバルを蹴落として自分が上に上がりたいと思っている人は「もういい」をわざと口癖のように言う事が多いです。

「もういい」という事で、周囲は油断するからです。

「この人がもういいと言っているから、自分ももういいかな」と周囲は思い、そこで努力をやめたり、作業をストップしてしまいます。

ですが、それこそこの心理の人の思い通りです。

周囲が油断をしている時に自分が周りを出し抜き、努力をしてトップに立とうとします。

そして、周囲の目をかいくぐりいつの間にか本当にトップになっている事が多いです。

後から周りの人は「あれは油断させるための嘘だったんだ」と思ってももう遅いのです。

このタイプは、見ていて野心でギラギラしている事が多いのですぐに分かります。

注意するようにしましょう。

「もういい」が口癖な人の心理を知ろう

「もういい」が口癖な人の心理についてご紹介しました。

「もういい」というたった4文字ですが、そこには様々な心理が考えられます。

一番多いのが、1の心理です。

実は寂しくて人に構って欲しくてつい「もういい」と言っているのです。

こんな自分をやめたい、でもやめられないというケースも多いです。

ですが、このままだと周囲の人から見放される可能性が高いので、今すぐやめるようにしましょう。