「ふーん」が口癖な人の心理や性格とは

最終更新日:2017年3月24日

周りに「ふーん」という言葉が口癖の方や、自分自身がつい「ふーん」と言ってしまうという人はいませんか?

この口癖には色々な心理があります。

ここでは、そんな「ふーん」が口癖な人の心理についてご紹介します。

1.相手の話に対して自分の考えをまとめている時

話が終わった後「ふーん」という事で少し会話の間に時間ができます。

ですので、相手の話に対して自分の考えをまとめようとする心理の人はつい「ふーん」と口癖で言ってしまいます。

考えをまとめているだけですので「ふーん」という言葉に特に意味はありません。

「ふーん」と言われると「この話に興味が無いのかな」と思う人は多いですが、実は逆です。

話に興味があるので、その話を脳内でまとめようとしています。

この心理の人は、きちんと「こういう事だよね」とまとめた話をその人に言って自分が話を理解している事を伝えようとします。

ですので、話し相手は「ふーんって言われたから興味無いかと思ったけどそんな事なかった」と思う事が多いです。

周りにこの心理の人がいる時は、ただの癖ですし深い意味は無いので特に気にする必要はありません。

ただ、自分がこのタイプの場合は少々注意が必要です。

何故なら「ふーん」はそっけない一言に聞こえるので相手に「ひょっとして興味ない?」と誤解をされてしまうからです。

自分がつい「ふーん」と言ってしまうなら、その癖を直した方が相手に不快感を与えずにすみます。

せっかく相手の話をしっかり聞いてまとめる力があるのに「ふーん」という一言だけで誤解をされてしまうのはとてももったいない事です。

「ふーん」のかわりに「うん」等相槌を打つようにしましょう。

2.次に話す事を考えている

「ふーん」を使う事で一瞬の間ができます。

ですので、その間に相手の話を受けて次に何を話そうか考えてる心理で「ふーん」と言う言葉を口癖として使う方は多いです。

1との違いは、相手の話をまとめようとしているかどうかです。

1の場合は冷静に相手の話を聞き、そしてまとめて相手に伝えますが、この場合は特に話をまとめようとはせずに自分が何を話そうか考えているので同じ口癖でも心理は大きく違います。

そしてこの心理の人はあまり話をするのが得意ではない事が多いです。

次に何を話そうか迷ってしまったり、話す言葉が思いつかないのでその間を埋めるために「ふーん」と言ってしまいます。

周りにこのタイプの人がいる場合「ふーん」という言葉を口癖のように使うので「この話に興味が無いのかな」と思ってしまいがちです。

この場合、相手が必死に会話を繋げているかどうかで判断しましょう。

話をするのが苦手でも、一生懸命話をしようとする姿勢は伝わってくるものです。

その姿勢が伝わってくるなら、自分の話に無関心という事ではありません。

むしろ誠実に会話をしようとしてくれているので、こちらも誠実に会話をしましょう。

自分がこのタイプの場合、次に話す事を考えている時に「ふーん」という口癖をできるだけ使わないようにしましょう。

1でも書いたように会話に興味が無いと誤解をされてしまう事が多いからです。

相手に対して興味があり、会話をしようとしている姿勢を見せているのに誤解をされてしまうのはとてももったいないです。

ですので「ふーん」をできるだけ使わないようにしましょう。

3.相手への興味が無い

何を話しても「ふーん」という口癖で返す人は、相手や相手の話に対して興味が無い心理の人が多いです。

相手に対して何の興味も無いので、どうでもいいと思っている心理が「ふーん」という言葉になって出てしまいます。

むしろ「ふーん」とあえてそっけなく返す事で「私はあなたに興味が無い」という事を伝えようとすらしています。

この心理の人は、他人の事はどうでもいい、自分さえよければいいという心理の人です。

人に甘えたりしなくても生きていける強い人とも言えます。

友達付き合いや恋人を作るよりも一人でいた方が気楽だと思っています。

何もかも自分でやりたい人で、他人からの干渉を酷く嫌います。

周りにこのタイプの人がいたら、あまり人と親しくできる人ではないので最低限以外関わらないようにしましょう。

自分がこのタイプの場合、強い決意で一人で生きていくと決めている場合、やはり自分以外の人に興味を持ち、親しくする事を考えるようにしましょう。

友達や恋人といった誰かと心を通わせ、付き合う事は心が満たされるとても素敵な事です。

この素敵な事を知らないまま人生を終わらせるのはとてももったいない事です。

頑張って自分から心を開くようにして親しい人をどんどん作りましょう。

その方がずっと楽しい人生を歩めるようになります。

「ふーん」が口癖な人の心理を知ろう

「ふーん」が口癖な人の心理についてご紹介しました。

「ふーん」という短い言葉ですが、上記のような心理が考えられます。

一番多いのが1の相手の話を自分なりにまとめようとしている心理です。

「ふーん」と言っている間に瞬時に相手の話をまとめ、理解した事を伝えようとしています。

とても真面目な人です。

ですが、口癖のせいで誤解をされてしまうケースはとても多いです。

ですので、できるだけこの口癖を使わないようにして相槌を上手に打ち、その上で相手に話をまとめた事を伝えるようにしましょう。