「もういい」が口癖な人の心理とは

最終更新日:2017年3月29日

口癖であっても「もういい」と言われてしまうと、何だか拒絶された気になり、落ち込んでしまいます。

シャットアウトされたようで、何とも言えない気分になります。

「もういい」が口癖な人の心理を知ることで、必要以上に傷つく必要がなくなるでしょう。

1.相手の話を聞く精神的余裕がない

「もういい」が口癖な人の心理とは「余裕がない」という状態です。

そのため、精神的にいっぱいいっぱいになってしまい、相手の話を聞くことができず、思わず「もういい」という口癖が出てしまうのでしょう。

焦っている時や、自分に余裕がないような時は、いくら適切なアドバイスであっても、それを聞く耳を持つことができません。

一生懸命こちらのために言ってくれているとは思うのですが、それを受け入れる余裕がないのです。

せっかく相手は好意で言ってくれていても、段々と煩わしくなり「もういい」という口癖を言ってしまいます。

メンタル面で弱く、すぐにキャパシティーがオーバーしてしまうような人は、すぐに「もういい」という口癖を言ってしまいがちです。

周りの人の気持ちはありがたいのですが、それを聞き入れる精神的余裕がないため、本心は「もういい」と思っているのです。

だからつい「もういい」という口癖を言ってしまうのでしょう。

2.少し聞いただけで全て分かった気になっている

「もういい」が口癖な人の心理にあるのは「もう分かった」という気持ちです。

この言葉が口癖な人は、少し聞いただけで全て分かった気になってしまう人です。

人からちょっと聞いただけで、話の全てを分かった気になる人がいます。

実はもっと詳しく説明しないと、本当の意味で理解してもらうことが出来なかったりするのですが、本人は理解した気になっています。

そのままの状態で何かしようとすると、失敗したり、うまくいかなかったりするので、周囲はきちんと状況を話そうとします。

ただ、本人は「もう大丈夫、全部分かっている」と思い込んでいるため、周囲の話に耳を傾けようとしません。

周りの人の説明が「二度手間」のように感じてしまい、いちいち説明しなくてもいいのにと、うんざりしたり、イライラしてしまいます。

「もういい」が口癖な人は、少し早とちりなところがあります。

すべて聞かずに理解した気になるので、周囲の人をハラハラさせてしまうことでしょう。

3.面倒くさがりで長々と話されるのが嫌いである

「もういい」が口癖な人の心理には「面倒くさい」という思いがあります。

周りの人に構われたり、長々と話をすることが嫌いなので、つい「もういい」という口癖を言ってしまいます。

「もういい」が口癖な人というのは、面倒くさいことが嫌いです。

そのため、誰かの長話に付き合ったりするのは、まっぴらごめんです。

「この話、まだまだ続きそう」と思ってしまうと、面倒くさいという気持ちがムクムクと湧いてきます。

そして、相手の話をさえぎって「もういい」と言ってしまいます。

何かあると、すぐに「もういい」という口癖を言う人というのは、面倒なことが大嫌いです。

面倒くさい状況から抜け出すために、つい「もういい」と言ってしまうのでしょう。

4.遠慮気味で人にヘルプを頼むのが苦手である

「もういい」が口癖な人というのは、心理的にいつも「遠慮」しています。

人に迷惑をかけてはいけないと思っていて、おいそれとヘルプを口に出すこともできません。

「相手に悪いから」という気持ちがあって、何かしてもらうたびに「もういい」という口癖を言ってしまいます。

人から何かしてもらったら、普通は「ありがとう」というはずです。

しかし遠慮する気持ちが強いと、相手の親切がかえってプレッシャーになってしまいます。

自分のために誰かを煩わせるなんて、精神的にしんどくなり「もういい」と言ってしまうのでしょう。

遠慮することは、素晴らしい美徳ですが、その気持ちが強すぎると、かえって空回りしてしまいかねません。

時には正直に「これをしてほしい」とか「助けてほしい」というヘルプを出して、上手に乗り切ることが一番です。

5.あっけらかんとしていて何事も気にしないところがある

「もういい」が口癖な人の中には、心理的にあっけらかんとしている人もいます。

性格がカラッとしていて、何かあってもそれほど気にしないので、本当に「もういい」と思って、そう言ってしまうのでしょう。

カラッとした人は、大らかで、ものの言い方も大雑把だったりします。

「こういう言い方をしたら相手が傷つく」ということなど考えずに、思い付いた言葉をズバリと言ってしまいます。

全く悪気はなく「あ、もういいや」と思うたびに、口癖である「もういい」という言葉を言ってしまうのでしょう。

「もういい」という言葉が口癖な人は、本人はあまり気にせずにその言葉を使っていることがあります。

言われた方は「もしかして怒らせてしまったかも?」と、焦ってしまいますが、全然本人は気にしておらず、その後すぐにケロッとして話しかけてくるでしょう。

「もういい」が口癖な人の心理を知ろう

「もういい」が口癖な人の心理には色々な気持ちがあります。

「もういい」と言われてしまうと、傷ついてしまうこともありますが、本人は、それほど意味を持って言っているわけではありません。

それを踏まえて、こちらもあまり気にしすぎないようにするのが、一番良い対応となるかもしれませんね。