胸が小さい人の服装のポイント。胸の小ささ目立たなくしよう

女性の特徴最終更新日:2018年4月27日

女性は胸の大小で多少なりとも悩みを持っている方が多いと思います。

特に胸が小さい女性はその悩みも深刻だったりしますよね。

「この胸だと女性らしいマネキンのようなキレイなラインが出ない……」「なぜか同じ服を着てもあの人より地味に見える……」そんな小胸さんがどんな服を着れば華やかに見えるのか、そのポイントをご紹介します。

1.胸が小さい女性はふんわりした服を選ぶ

メリハリのあるボディラインの方はピッタリフィットした体型を強調したお洋服もカッコよく決まりますが、胸が小さいとどうにも理想のシルエットにはなりませんよね。

そんな小胸さんは、ボリュームのある服で女性らしいふわっとした印象を与えましょう。

例えばパフスリーブのトップスを選ぶとか、ハイウエストでギャザーたっぷりのスカートを履くといいでしょう。

ワンピースであれば、ウエストにベルトやリボンのあるものを選ぶと一度ウエスト部分で締まるので胸や下半身部分がふんわりして見えてオススメです。

パンツスタイルにしたい時は、トップスはブラウス+カーディガン等で重ね着をしたり、1枚で着るならシフォン素材の柔らかい生地でとろみを出すと女性らしさが出ますし、そういった生地の服は着ている時のシワが多いので胸元がストンと寂しい印象になるのを防いでくれますよ。

2.胸が小さい女性はリボンやフリル、装飾品で視線をそらす

例えば胸元にフリルのついたトップスを選べば、フリル自体がふわっと立体的なのでその分胸にボリュームがあるように見えます。

リボンやお花のような飾りのついた服を選ぶなら、胸元よりも肩やウエストについている物を選んだほうが良いでしょう。

そちらに視線を散らして、胸元のボリュームの無さを誤魔化すことが出来ます。

パンツスタイルやシンプルな服装がどうしても好みなのであれば、ウエストに目立つベルトをするのも効果的です。

ロングタイプのアウターやカーディガン等と合わせて縦長にスラッとした印象を与えるように意識して、あえて柔らかい女性らしさよりもカッコイイ大人の女性を目指してみるといいですね。

背が高ければ更にその路線はお似合いでしょう。

アクセサリーを付けるなら、長くて胸にかかるデザインのものよりはチョーカーや短めのネックレスを選んでみましょう。

フリルでボリュームを出す以外は、なるべく胸以外の場所に魅せたいポイントを持ってくるのがコツです。

腕の出る服であれば、大きめのブレスレットや腕時計を合わせるのもいいでしょう。

シンプル目の服を着るのであれば、ピアスやイヤリングには大きくて揺れるものをつけるのがオススメです。

人は揺れているものに目がいきがちですので小胸も誤魔化しやすいですし、大ぶりのアクセサリーとシンプルな服だとスッキリしていてバランスがいいので、小胸も気になりません。

3.胸が小さい女性は無地より柄物を選ぶ

無地のトップスは使いやすくて選びがちですが、無地だとシルエットがはっきり出てしまいます。

凹凸のなだらかさも目立ってしまいますので、無地はスカートやパンツに持っていってトップスは柄物にしてみましょう。

可愛らしい雰囲気が好きであれば花柄やチェック柄を、甘めが得意じゃなければストライプやロゴ柄といったものを選びます。

柄がついていれば見る人の目にはまず柄が入ってきますので、小胸に意識がいきづらくなります。

トップスを無地にしたい時は、大柄のスカート等がピッタリです。

例えば花柄であれば小花柄よりは大きい花がらのものを、色も淡い色よりはハッキリした色遣いのものがいいでしょう。

パンツにも同じことが言えますが、パンツだと小花柄等の細かい模様でも印象に残りやすいのでトップスとのバランスを見て合わせてみましょう。

ワンピースの場合全身柄になってしまうのは目立ちすぎて抵抗があるという方も多いかも知れません。

トップスに柄を持ってくる時も同じことが言えますが、胸より柄に視線を集めつつ派手さを抑えたいという場合は無地のカーディガンを羽織ったり肩に掛けたりして柄のうるささを落ち着かせるといいです。

柄物の服を着る際は、アクセサリーのバランスも考えましょう。

トップスに柄物がくるならネックレスやピアス等は落ち着いたものを、スカートやパンツに柄物を持ってくるならバッグはシンプルなものを選ぶと、バランスがとれていいです。

胸が小さい女性は隠すことばかりに気を取られないで

小さい胸がコンプレックスだからといって、上記のことを全て詰め込むようなことは避けましょう。

組み合わせを間違えるとただダサい格好になってしまいます。

全身のバランスを見ながら、胸以外のどこにポイントを置くかを最初に決め、そこに合わせて服やアクセサリーを組み合わせると上手に出来るはずです。

時には上下シンプルな服になってしまうこともあるかもしれませんが、ファッションは全身のトータルコーディネートが大切です。

アウターを羽織る時期ならコートに柄物を持ってきたり、鞄や靴を派手目にしてみて注目させるのも手です。

自分の好みに合った服装で、上手に小胸と付き合っていきましょう。

 

    「胸が小さい人の服装のポイント。胸の小ささ目立たなくしよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く