チャラいと思われる服装の特徴とは。なぜチャラいと思われるか理由を知ろう

女性の特徴最終更新日:2018年4月27日

ファッションは相手からどう思われたいかを左右することもできるので、意図せずチャラいと印象づけてしまうこともあるでしょう。

チャラいと思われてしまう服装の特徴を知れば、なりたい自分自身に近づくこともできます。

1.清潔感がなくだらしない服の着方をしている

チャラいと印象を与えてしまう原因として、清潔感のない服装やだらしなく見える着方に問題があるケースもあります。

この場合、服がシワシワだったりシミや汚れがついていたりと無頓着なファッションにチャラいと思われてしまう理由があります。

ワイシャツなどすぐしわがつきやすい洋服には必ずアイロンをかけてから着用する、汚れが目立つ場合は洗濯機で漂白剤を入れて洗濯をしたり、家で洗えないものならクリーニングに出すといった対策が有効です。

出かける時の服装にいちいち手間をかけたくないという人でも、ちょっとした事前の心がけでだらしないファッションにならずに済むでしょう。

2.年齢に相応しくないファッションを続けている

年齢に応じた服装の選び方でチャラいというイメージを卒業することができるでしょう。

というのもチャラいと思われてしまう例として無理をした若作りもあります。

本人としては昔のままの自分自身をイメージしているので問題を感じていなくても、周りから見ればダサいと一刀両断されている可能性もあります。

しかしだからといって年齢に合わせてすべての洋服を捨てたり買い直すことは大変なので、クローゼットの洋服をもちろん全交代させる必要はありません。

流行や年齢に合わせてアクセサリーやコサージュを変更したりコーディネートを変えたりすることだけでも、印象はがらりと違ってきます。

3.服が安く見えるヤンキー風になっている

プチプラやバーゲンの洋服を買うことは悪いことではありませんが、洋服がいかにも安物だとバンカラやヤンキー風になり、チャラいと印象づけてしまいます。

ジャージや普通の無地のTシャツを着用する時は特に注意が大切です。

また実際には安物ではない洋服でも、場合によっては安物に見えてしまう落とし穴があります。

いかにも安く見えてしまうには原因があります。

服装を工夫せずに着ているケースが多く、そこに小物や帽子といったオシャレアイテムなどを追加することで解決できます。

シンプルすぎる服装も楽でいいですが、安物に見えない工夫が必須です。

4.蛍光色や原色が多い

チャラいファッションとして色にも注目してみましょう。

傾向として最近、流行になってているネオンカラーやビタミンカラー系の色も実は組み合わせによっては気をつけなければいけません。

逆にチャラいと思われない服装の特徴はどちらかというと無彩色や寒色、彩度の低いものになります。

つまり落ち着いた色合いを着用することで本人の雰囲気を色によって操作しています。

蛍光色や原色は一見明るくポップな色合いでチャラいとは別のものだと思う人もいるでしょうが、あまりに派手な色だったり組み合わせだったりでは、軽い人というレッテルを貼られてしまいます。

差し色として利用するには問題なくても全身蛍光色や原色は避けた方が無難です。

5.体型に合っていない大きめサイズ

わざと大きめサイズを着用することがかっこいいというファッションもありますが、ストリート系の服装はチャラいと思われてしまう要因にもなりかねません。

もちろんそれをかっこよく着こなせれば一番いいのですが、大人になればなるほどストリート系のファッションはハードルが高くなります。

そのため体型に合わないサイズの洋服を着て出かける時は、だぼっと見えない一工夫を加えましょう。

腰にベルトを巻いてメリハリをつけたり、ボトムはあえてスッキリしたスキニーやタイトなものを選びます。

メリハリをつけることで堅くなりすぎず、だけどチャラくない服装は完成します。

6.本人の雰囲気に合っていないKYなファッション

場所や季節、本人の雰囲気に合っていないKYなファッションは、思わぬ印象を周囲に与えることがあります。

チャラいと思われてしまう対面する相手、出かけた場所にマッチしていないから起きる問題です。

そうならないためには最低限TPOを意識した洋服選びが肝心になってきます。

もちろんファッションは自分自身も楽しむものであり、人や場所に左右されすぎるのもせっかくのオシャレを楽しめない原因になってしまいます。

だからこそTPOと好みの服装のバランスを身につけることが大事です。

同じ服装でもTPOによってはチャラいと思われないこともあります。

チャラい服装を避けよう

チャラいと思われてしまう服装にならないためには、対面する相手に応じても服装を変えたり小物をアクセントに付け加えるのがベターです。

万人受けする服装を頭に入れておくことで思わぬ失敗が減るでしょう。

ファッションセンスがなかったとしてもTPOに最低限合わせて洋服を着替えることで、イメージは簡単に改善もしやすいのです。

 

    「チャラいと思われる服装の特徴とは。なぜチャラいと思われるか理由を知ろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。