長電話になりそうな電話を早く切り上げる方法

最終更新日:2017年6月26日

長電話をしたくないけれど、長電話になってしまうことありますよね。

上司や先輩など切りにくい相手だと、早く終わらせたくても難しかったりします。

そこで今回は長電話になりそうなものを早めに切り上げる方法をご紹介します。

1.誰かと一緒にいることを装う

電話にでて長電話になりそうだったら「ちょっとすみません」と言って誰かと会話をする演技をしてみましょう。

そうすれば相手は「誰かと一緒?」となります。

一人暮らしなら親が遊びにきていると言ってみたり、彼氏や彼女といると言ってみてもいいでしょう。

多少の演技力が必要になりますが、誰かと一緒にいることを相手が知れば大概の人は気を使って長電話をやめるでしょう。

それでも電話が続くようなら「うるさくて眠れないって言われてしまった」「一緒にいるのに電話やめてって言われてしまった」など、架空の人物から電話をやめるように言われたと演技しましょう。

そこまで言われたら、相手も電話をきるでしょう。

2.明日の朝が早いorこのあと予定があることを装う

長電話の警告がでたら「あ、もうこんな時間だ」とタイミングをみて言ってみるといいでしょう。

すれば相手は「なにかあるの?」と聞くでしょう。

そこで電話が夜にきているならば「明日の朝、早いんだよね」といい、日中ならば「このあと美容院を予約しているんだよね」と時間が決まった用事があることを相手に伝えましょう。

そうすれば相手は無理をさせてまで電話を続けようと思わないでしょう。

自分個人の用事があることはあまり相手にも嘘だとばれにくいので、演技が苦手な人でも使える方法です。

3.寝てしまったことを装う

長電話にさしかかったところで、大きなあくびをいれてみてください。

そうすると相手は「眠いのかな?」と少し思うでしょう。

眠そうに電話をしながら、だんだん相槌の間を長くとってみて下さい。

最後は無言になり、電話のマイク部分を優しくふさげば完璧です。

相手も話しかけて応答がなければ、寝てしまったのだなと思うでしょう。

諦めて相手が電話を切るまで少し我慢です。

あとは次の日に「昨日は寝てしまったみたいで、ごめんなさい」と一言連絡すれば相手も納得してくれるでしょう。

4.電波が悪いのを装って切る

なかなか荒業ですが、実際に電波が悪く電話が切れてしまうことありますよね。

それを装って、急に電話を切ってみましょう。

そうすれば相手が再びかけなおしてきますが、更に電話に出てすぐ切りましょう。

何度かかけて電波がわるければ、相手が長電話を諦めることもあるでしょう。

それでもしつこくかかってきた場合は、電波が悪くて着信がこなかったのででられなかったと言ってみてもいいでしょう。

5.充電が切れてしまったことを装って切る

こちらもなかなかの荒業ですが、長電話をしていると充電がなく切れてしまうことありますよね。

あらかじめ「あんまり電池がない」と伝えておくのも良いでしょう。

長電話がはじまってきたら、突然電話を切りましょう。

そしてすかさず電源を切るか、電波をオフの状態にしましょう。

相手がかけても、留守電になるようにしなければなりません。

充電がなくなって、スマートフォンが復活するまでの時間を考えて相手には連絡をいれましょう。

ある程度時間が経過したところで「ごめんなさい。

充電が切れてしまった」と連絡をいれれば相手も納得するはずです。

スマートフォンでしか使えない手ですが、これならいつでも怪しまれずに電話を中断することができます。

長電話を上手に切ろう

これらの方法を使えば、大体の長電話から逃れることができるでしょう。

以上の方法を使っても長電話を諦めない人がいたら、正直に「今日は疲れているので電話はあとでかけなおしてもいいですか」といってみるのも良いでしょう。

少し勇気はいりますが、意外とすんなり受け入れてもらえるかもしれないですよ。

どちらにせよ長電話をしたいときも、したくないときも、人それぞれあります。

自分がどちら側になっても相手のことを考え、相手との関係を大事にできる一番の方法を見つけだしてみて下さい。

もし反対に自分が電話をしたときに相手が以上の方法をとったら「今日は長電話の気分じゃなかったのだな」と素直に受け入れてあげましょう。