ショップ店員のバイト面接で好印象な志望動機6つ

最終更新日:2015年9月3日

ショップ店員のバイトに受かるためには、志望動機が大切です。

志望動機は一つだけでなく、いくつかあると、さらに好感度が増すでしょう。

どんな志望動機が良いのかを知り面接を成功させ、ショップ店員になりましょう。

1.販売経験があることをアピール

ショップ店員を選ぶときに、すでに販売経験があると、雇う方に安心感を与えることができるのです。

扱う品物が違っても、お店の規模がまったく異なっても、販売経験があれば絶対に伝えましょう。

面接では、販売期間、どんな商品を扱っていたか、どれぐらいのシフトで働いていたか、などです。

例えば、「アパレルショップの店員を2年間経験しました。1日8時間、週3回のペースでバイトをしていました」など面接者が聞いていて、分かるように説明しましょう。

さらに、具体的にどんな年齢層が多いお店だったのか、品出しなどもしていたかも突っ込んで聞かれるかもしれません。

しっかり自分の販売経験を説明できるように事前に準備をしておきましょう。


2.店の商品の良さを知っている

ショップ店員の経験がなくても、あっても志望動機として面接で言いたいのが、「そのお店の商品が好き、愛用している」ということです。

すでにお店に足を運び、商品を買い、使っているということが大切です。

そうすると、商品の良さを知っているから、働きたいんだ、という動機になります。

機能性以外にも、デザイン、価格の手軽さ、など商品の良いと思う所をあげていきましょう。

面接官は自分たちの商品を褒められて嬉しい気持ちになりますし、何よりも商品のファンと一緒に仕事をしたい、と思っている物です。

またすでに商品の良さを知っているなら、お客様にもスムーズに勧めることができるので、安心して接客を任せられる、と思うはずです。


3.コミュニケーション能力がある

ショップ店員は、グループの一員として働きますし、お客様と話すチャンスも毎日のようにあります。

そのためコミュニケーション能力が必要です。

面接で、「コミュニケーションを取るのが好きで、自信もあるので、その能力を活かしたいと思い志望した」と言うのもオススメです。

人と話すときに、しっかり目を見て話せなかったり、小声になったりしてしまう人は雇いたくない、と面接官は思っています。

またグループで、必要事項を伝えあったり、フォローをし合ったりすることが大切なので、説明上手や、気遣いのある人は、とても重宝されます。

自分のコミュニケーション能力を活かしてショップ店員をしたいということを志望動機として使いましょう。


4.語学力を活かしたい

外国人の人にも人気のお店、また話題のショップの場合、語学力を活かして働きたい、というのも動機のひとつになります。

特に英語や中国語など、観光客が多く話す言語ができるとアピールになります。

「英語が得意です」とただ面接でいうのではなく、「英検1級を持っていて、留学経験もあるので、英語での販売も問題なくできます」など説得力のある説明をすると、面接する人を納得させることができます。

また留学経験をアピールすると、「積極的に行動できる人」というイメージを与えることもできます。

半年間だけの留学でも、しっかりアピールし、バイトを勝ち取りましょう。


5.接客力を向上させたい

すでにショップ店員としての経験や他のアルバイト経験がある場合、「このお店の接客態度がすばらしかったので、私もここで働き、さらに接客力を向上させたい」というのもオススメです。

志望動機として使うことで、「つねに向上心がある人、ポジティブな人」という印象を与えることもできます。

大切なのは、そのショップで働くことで、自分にプラスになるから働きたい、ということを伝えることです。

向上心のあるバイトメンバーが揃うことで、ショップの雰囲気が良くなり、売り上げが良くなることも期待できるのです。

雇う側から見て、雇いたい、と思うような人物になれるように工夫しましょう。


6.自分の好きな物に囲まれて働きたい

洋服が好き、などショップ店員になることで、自分の好きな物に囲まれて働くことができます。

また新しい商品を一番に見ることができるのもショップ店員です。

そのため「自分の好きな物に囲まれて働くのが夢だった」という志望動機もオススメです。

またアルバイト経験がまったくなかったり、ショップ店員として未経験であったりしても、しっかりした志望動機として面接で使うことができます。

雇う人も、一緒に働く人も、好きな商品に囲まれて、笑顔で明るく働いてくれる、バイトメンバーを待っているのです。

しっかり自分の好きな気持ちを伝えるようにしましょう。

ショップ店員の面接を成功させよう

ショップ店員のバイト面接で言うと良い志望動機はいろいろあります。

自分の経験や、面接中の場の雰囲気を読んで、いくつかの志望動機をしっかり伝えられるように準備をしておきましょう。

とくにショップ店員の経験や、自分の持っている能力は具体的に説明できると、「雇いたい」と思われるはずです。