謝る女性

可愛く謝る方法を身につけて、男性をキュンとさせちゃおう

仕事/ビジネス 友達との付き合い方最終更新日:2014年9月28日

女性が男性に謝る場面って日常生活の中では結構ありますよね。

上司に対してや、パートナーに対して部下に対してや気になる男性に対してなど。

どうせ謝るなら可愛く思われて相手にもしょうがないなと思わせちゃいましょう。
ということで女性が男性に対して可愛く謝る方法を6パターン紹介します。

1.きちんと謝る

可愛いと思われるためにはまず、きちんと謝ることです。
きちんと謝って反省していることを示すことでちょっとした可愛い動作に男性は目がいきます。

また真面目に謝るからこそ、可愛いなと感じる男性も多いものです。
周りくどい謝り方をしたり、自分は悪くないといった謝り方をする女性と比較して
きちんと自分の非を認めて謝る女性はそれだけで差がついてきます。

2.上目づかいで謝る

上目遣いの好きな男性って多いですよね。

謝るときにも上目使い、使えます。

小動物のような愛らしい目で上目づかいをしてみましょう。
そうすれば「かわいい子だな。しょうがないな。」と思ってもらえること間違いなしです。

3.声のトーンを下げて謝る

いつも声のトーンが高い人はトーンを下げて謝ってみましょう。

トーンを下げることで反省しているということもアピールできますし、
それと同時にいつもと違う声に「この子こんな声も出せるんだ。可愛い」と思ってもらえることでしょう。

4.言い訳をしないで謝る

会社の上司やパートナーなどに謝るときはこれが一番大事です。

友達などに謝ってもらう時もあまり言い訳が長いと反省していないなと思ったりしますよね?
会社の上司やパートナーに対しても同様です。

あまり言い訳をしていると可愛いと思ってもらえる以前に反省していないなと思われてしまう可能性大です。

5.謝った後に軽いスキンシップをとる

「ごめんなさい」ときちんと謝った後に「許してもらえる?」などと言いながら
相手の袖などを軽く握ってみましょう。

袖や裾をつかまれるというような可愛いことをされたら男性は許すしかありません。
表面上では無表情でも心のなかではキュンとしているはずです。

6.謝った後に手作りのものをあげる

謝った後、手作りのものをあげてみましょう。

「悪いことをしちゃったから〇〇つくってきたんだ。食べてもらえる?」なんて彼女に言われたりしたらうれしいこと間違いなしです。

ものをあげることで謝罪にもなりますし、
手作りを上げることで女子力のアピールにもなります。

ラッピングなどを工夫すれば可愛いと思ってもらえるはずです。

7.髪をアップにした髪型にして謝る

うなじが見えるよう髪をアップにした髪型で謝ってみましょう。

そうすることで謝って頭を下げたときにあなたのうなじが相手に見えます。うなじの好きな男性は多いのでやってみる価値ありです。

女性の好きな部位としてうなじをあげる男性は多いため
こうしたうなじを敢えて見せるという手段は効果があります。

謝る時も可愛く

謝るときも可愛く見てもらいたいのが女子というもの。

少しでもたくさんの可愛いしぐさを習得して失敗しても「可愛いからしょうがないな」と思ってもらえる女子を目指しましょう!

    この記事へのコメント

    現在のところ、まだコメントはありません。