行きたくない会社の飲み会を上手に女性が断る方法

仕事/ビジネス最終更新日:2014年10月9日
居酒屋

社の飲み会女性はあまり行きたくないものです。
お酒を飲めない人は特にそう思ってしまいます。

そんな会社の飲み会を上司や同僚、誰も嫌な気分にさせることがなく上手に断る方法をご紹介します。

1.その日は体調が悪いとからと言う

飲み会日に仕事があるのなら朝会社に行った時から、
風邪気味や、体調不良であることをアピールして1日を過ごしましょう。

あまりにもアピールし過ぎると大丈夫なのか、病院に行った方がいいのではないかと、
必要以上に心配されてしまうためあまり大袈裟にはならないようにバランスをとりましょう。

そして、飲み会には参加できないことを伝えて、参加できなくて残念であることを言いましょう。

2.旦那や子供の体調不良でら看病しなければいけないと言う

家庭がある人は旦那や子供が体調不良になってしまったから、飲み会には参加できないことを伝えましょう。

家族のことですから無理に参加しろだなんて絶対言わないし、
家族についたあげてほしいと、会社の人たちも言うはずです。

この時飲み会に参加できなくて残念だと伝え、
また議会があったら誘ってくださいと伝えましょう。

子供や旦那がいない人ではこうした理由は使えませんが、
お父さんやお母さんが体調不良などと、家族の中での体調不良で、
看病をしなければいけないからと伝えると良いでしょう。

3.どうしても外せない、大事な用事があると言う

断る理由が見つからない時は、どうしても外せない大事な用事があると伝えましょう。

大事な用事とか何か理由を聞かれた場合には、
『お見合いがある』や『お祝い事がある』などと、どうしても外せない用事があることを伝えましょう。

そこまで言ってあるのならば、会社の人も無理には参加させようとはしないでしょう。
この時のポイントは実際に何の理由なのかということを事前に考えておくことです。

4.大切な来客が来る予定があると言う

飲み会のその日に、自分にとって大切な来客が来ることを伝えましょう。

大切なお客さんなら、無理に断れなんて言いませんし、
飲み会よりそちらのお客さんの方を大切にした方が良いと、誰でも言ってくれるはずです、

そのため誰も嫌な気分にはならずに、上手に断ることができます。

例えば恩師が地元からこちらに遊びに来るなどが大切な来客の例として使えます。

5.翌日に病院での検査があると言う

検査の前日に飲み会なんて普通だったら行けないですし、
検査があるのなら、夜の9時以降は何も飲んだり食べたりしないでくださいと病院からも言われるはずなので、
飲み会なんてもってのほかです。

ですのでその日飲み会を断ったとしても、みんな嫌な気分なんてしませんし、
病院での検査があるのなら仕方ないことだと理解してもらえて上手に飲み会を断ることができます。

ただし検査があると言うと逆にみんなから心配されるので、
あまり大きな病気などは言わずに、どこが悪いわけではないけれど、ただの検査だからと伝える良いでしょう。

6.子供の行事の準備などの集まりがあると言う

子供がいる方ではその日には、ママ友の方と集まり、行事などでの準備をみんなでしなければいけないと伝えましょう。

子供の行事のことでママ友みんなが集まるのなら、
飲み会に参加できないのも仕方ないと思うので上手に断ることができます。

 

    「行きたくない会社の飲み会を上手に女性が断る方法」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。