結婚式の二次会に誘われなかった時のモヤモヤを解消する方法

友達との付き合い方最終更新日:2017年10月23日

友人や知人の結婚式に呼ばれたにも関わらず、二次会に誘われないというケースを経験したことはないでしょうか。

二次会があって、自分が誘われていなかったと知った時、少なからずショックを受け、モヤッとしてしまうものですよね。

結婚式の二次会に誘われなかったのがモヤッとする時、どう対処すれば良いのでしょうか。

1.二次会のメンバーを確認する

なぜ自分が二次会に誘われなかったのかを知るためにも、まずは二次会のメンバーを確認してみると良いです。

もしあなたが会社の同僚だったり親戚といった立場である時、二次会のメンバーが幼馴染やプライベートでの付き合いがある人だと分かれば、モヤッという気持ちが少し解消されますよね。

同じ同僚のメンバーも誘われていないと分かれば「自分だけが誘われなかった訳じゃないんだ」と思ったり「昔からの友人だけにしたんだな」と分かったりと、メンバーを知ることで気持ちがスカッとする場合があります。

どのような人が二次会に誘われたのか、周りに状況や内容を確認してみると、特別避けられた訳じゃないことを知れるでしょう。

2.誘われなかったメンバーで二次会を開く

必ずしも皆が二次会に誘われる訳ではありませんよね。

親しい友人、身内だけで二次会を開き、多数の人が二次会に誘われないというケースも当然あります。

しかし「幸せな気分にもっと浸ってたいな」「このまま今日は楽しみたいな」と思ってモヤッとするのであれば、誘われていないメンバーで別に二次会を開いてみるのも良い対処法でしょう。

あなたと同じように、二次会に誘われていない人を見つけ「この後二次会しない?」「続けて一緒に飲まない?」と誘ってみると、もしかしたらその人も同じ気持ちでいるかもしれませんよね。

まだまだ楽しみたい、この気分を味わいたいという場合、別で二次会を開催するという方法で楽しみを延長してみましょう。

3.自分の好きな時間に充てる

二次会に参加したいという気持ちになる人と「正直ちょっと面倒だな」と思う人がいるでしょう。

二次会に誘われていないという事実に多少モヤッとするかもしれませんが、その分自由な時間ができたと捉えると、楽になることもあります。

結婚式に招待された場合、大抵の人は仕事を休みにしたりして他に何も予定を入れないでおくでしょう。

結婚式が終わり、その後自由な時間ができたと捉えて、好きなことをする時間に充てれば良いだけです。

一人でカラオケに行ってみたり、溜まっていた本を読んだり、花嫁姿の友人を見て刺激を受けたのであれば、エステやジムに行って自分を磨いてみたりと、その時間を有効活用してみると良いです。

「思わぬ自由な時間ができたな」と捉えれば、二次会に誘われなかったこともすぐに割り切れてしまうでしょう。

4.参加したい旨を伝える

「二次会いきたかったのに」「どうしても参加したい」という場合は、直接新郎新婦に聞いたり、幹事に参加したい旨を伝えてみるのもアリでしょう。

もしかしたら「遠方だから」「子供がいるから」という理由で、新郎新婦が遠慮したり気遣ってくれた可能性も否定できません。

もし、気を遣って誘われなかったんだという認識でいて、それでも「ぜひ参加したい」と思うのであれば、その旨を伝えてみると喜んでくれるかもしれません。

ただし、誘われたメンバーが、自分とは違う関係性の人たちだとしたら、かえって迷惑になってしまうこともあるため、強引な参加の仕方は避けましょう。

5.関係を見直し割り切る

あなた自身が「二次会に誘われても良いくらい仲が良い」と思っていても、相手はそこまで思っていないケースもあるでしょう。

関係性の解釈に、微妙なずれがあるとしたら、ここで気付き、割り切ることも大切です。

あなたの中ではモヤッとすることかもしれませんが、それがあなたと相手との関係性を示しています。

「仲良いと思っていたのに裏切られた」とか「私はこんなに大事に思ってるのに」と恨みや僻みを持つのではなく「こういう関係なんだな」と改めて気づける場面でもあります。

関係性を見直して、相手が自分をどのように思っているのか、どこに位置付けているのか、こうした瞬間に知れることもあります。

それを知って少なからずショックを受けることもあるでしょうが、今後の関係性を作る上での材料として受け入れて、割り切ることも必用になるでしょう。

結婚式の二次会に誘われないモヤモヤを解消しよう

結婚式の二次会は、結婚式とは違った楽しみや期待がありますよね。

もっとお祝いしたいという気持ちでいる人、仲良しだと思っている人、はたまた出会いの場としたい人などは、誘われなかったことにモヤッとしてしまうでしょう。

だからといってそこで相手を恨んだり、陰口を言うのは良い大人としてみっともない対処の仕方です。

このように対処してその時のモヤッとした気持ちを解消し、素直に「結婚おめでとう」と思えるよう、良い一日を過ごしましょう。

 

    「結婚式の二次会に誘われなかった時のモヤモヤを解消する方法」への感想コメント一覧

  1. 1. chiaki2018/05/20(日) 14:31

    二次会をそこまで気にしたことはありませんした。誘われたら行かないと申し訳ないという気持ちはありますが、誘われなかったら、二次会しないんだなぁくらいです。

  2. 2. tom2018/05/27(日) 17:07

    結婚式の二次会は、子供がいることもありお断りすることが多いです。子供がいると結婚式の最中も気になってしまうので、案外二次会まで気が回りません。

  3. 3. tom2018/05/27(日) 17:09

    子供がいるので、二次会まで気が回らないことが多いです。結婚式の最中も気になってしまうので、案外二次会のことは忘れてしまいます。