つけまの正しい付け方。自然に見えるつけまを付けよう

最終更新日:2016年2月23日

マスカラいらず、時短で手軽にゴージャスな目元を演出できる優秀アイテムである「つけま」。

選ぶ種類や付け方によってオフィスでもパーティーシーンでも活躍をしてくれますが、付け方を間違えると途中で取れてしまったり、浮いてしまったりという惨事を招きかねません。

今回は取れにくく、つけまを付けていることがわからないくらい自然に見えるつけまの正しい付け方をご紹介します。

1.自分の目のサイズにカットする

まずは、つけまを付ける前の下準備をしましょう。

自分の目のサイズや形に合わせてカットすることが大切です。

大きすぎると取れやすくなり、浮きの原因になりますし、小さすぎるとボリュームが足りなくなったり不自然に見えたりします。

自然に見えるカットのポイントは、目頭にくる毛束の長さを短めに、目じりにくる毛束の長さを長めにカットすることです。

つけまの種類によって中央が長いタイプや目尻が長いタイプなどさまざまありますが、カットの仕方によって自分で調節することができます。

一度にカットしてしまうのではなく、自分の瞼につけまをあててみながら少しずつカットしていきましょう。


2.つけまの毛束をほぐす

自分の目に合わせてカットができたら、次はつけまの毛束が自然になるように手でほぐします。

出荷された状態のままのつけまは形状記憶されており固くなっているので、そのまま付けてしまうと不自然な感じに見えたり、途中で取れてしまいやすくなったりします。

そのため付ける前に空気に触れさせ、目に馴染みやすくしてあげることが必要になってきます。

つけまの両端を持って軽くストレッチをしてあげるイメージです。

毛束もまつ毛コームなどを使うと自然な状態になり付けやすくなります。

ただし、引っ張りすぎると伸びてしまいますので注意してください。

この下準備をしてあげることで取れにくくなり、瞼への吸着率が変わってきますので侮れません。

3.専用グルー半乾きの状態にする

下準備が終わったらいよいよ装着です。

グルーはつけま専用のものを使用します。

二重用のりでも代用可能です。

付ける前に一度瞼をティッシュオフしておくと良いでしょう。

美容液などがついていたりすると上手く付かなかったり、途中で取れてしまったりします。

アイメイクをしている場合もなるべくなら、つけまを装着するキワの部分はアイシャドウやアイラインを引かずにスペースを少しだけ開けておくと良いです。

グルーを付けるときの量ですが、取れにくくするためにたくさん付けたくなってしまいますが量が多いと付けた時にダマのように見えてしまいます。

つけまのラインの幅に合わせて隙間無くグルーをのせましょう。

グルーをのせたらひらひらとつけまを風にさらして半乾きの状態にします。

グルーをのせてすぐにつけてしまうとベタッとなってしまい、これもダマの原因になってしまうからです。


4.黒目の上から付ける

少し空気にさらした位で半乾きになりますので実際に装着をします。

そのとき、のせる位置も目の形を印象付けるのに重要です。

つける位置がおかしかったり、左右に差が出たりすると見映えが良くありません。

美しく自然に見えるつけまの位置は、ちょうど黒目が始まる真上です。

そこに、つけまの目頭の毛束がくるように装着します。

目頭から付けて、自分の目のラウンドに合わせて目じりに向かって瞼に付けていきます。

自まつげに付かないように、半目の状態で付けるとうまく装着できます。

そのまま瞼に吸着して乾くまで少し待ちます。

自まつげを巻き込んでしまうと取るときに痛いだけでなく自まつげを傷めてしまいますので気をつけてくださいね。

5.ポイントに目じりだけに付ける

普段マスカラをしていて、それだけでは物足りないと感じる人はつけまをフルで付けるのではなく、目じりだけに付けるのもオススメです。

目じりだけならより自然に馴染みますのでオフィスでもメイクが濃くなりすぎずに印象的な目元を演出できます。

目じり専用のつけまも売られていますし、手持ちのつけまをカットしても使えます。

その場合も自分の目の形に合わせて、また自まつげの長さと極端な差が出ないように調節をしてください。

フルのつけまよりも面積が少ないために扱いやすいのですが、接着面も少ないためやや取れやすいので黒目の終わりあたりからやや長めにカットすると持ちが良くなりますので参考にしてみてください。

つけまを正しくつけてオシャレに過ごそう

つけまの正しい付け方をご紹介しました。

マスカラやまつげエクステに比べて自まつげへの負担が全くなく、時短で華やかな目元を演出できるつけまは大人の女性にも重宝されます。

ですが仕事中や誰かと話をしているときに半分だけ取れたり、浮いてしまったりすると焦ってしまいますよね。

取れてきたことに気づいたけれどもすぐに直せないということもあります。

そういう事態を避けるためにも正しく付けることが大切です。