入院中の彼氏を喜ばせる、彼女ができる行動3つ

恋愛最終更新日:2014年9月28日
病院の医者

彼氏が突然の入院。

今まで通りに連絡することや会うことができなくなって、悲しいと思います。

でも彼女であるあなただからこそ、できることがあるはずです。

今回は入院中の彼氏を励ますためにできることをいくつかご紹介します。

1.出来る限りお見舞いに行く

基本中の基本でありますが、面会が許されているのならお見舞いに行きましょう。

最近は病院内でも電子機器を使うことが許されるようになってきたので、
メールや電話などの連絡も容易です。

連絡無しで行ってびっくりさせるのも良いですが、
検査やリハビリの予定と重なると大変なので、できるかぎり事前連絡は入れたほうが良いかもしれません。

また、久々に会うとついついたくさん喋ってしまいがちですが、そこは彼氏の体調と相談して調整してください。

2.連絡を欠かさない

入院中は、一人違う世界に隔離されたような気分になって孤独なものです。

とくに夜は静かになりますし、病院という無機質な空間に閉じ込められている閉塞感がたまらなく嫌になることもあります。

そんなとき、あなたとメールやLINEで連絡が取り合えるのは何よりの幸せになるでしょう。

前述したように、最近では院内でも電子機器の利用が自由になっていることが多いです。
彼氏がさみしくならないように、できるかぎり沢山連絡を取ってあげましょう。

でも、夜に電話は病室の迷惑になるので厳禁です。

3.病気・怪我を理解する

入院中の彼氏は心身ともに不安定な状態です。

もしかするとあなたに対して強くあたるかもしれませんし、
あなたへの連絡が減っているかもしれません。

でもそれは決して彼氏があなたのことを嫌いになったわけではありません。

検査検査の連続であなたに連絡をするひまがないのかもしれませんし、病気、あるいは怪我をしてしまった自分を責めて、つい周りの人に強くあたってしまうのです。

あなたにできることは彼氏が病気・怪我であることを理解して、
何事を受け入れられるような広い心で彼氏と接することです。

闘病・リハビリしている彼氏を信じて、応援を続けてみてください。

彼の頑張りを信じて、彼女として付き合っていく

入院生活は、それまでの日常と比べて大きな変化が多すぎて慣れるのは大変です。

彼氏も最初のうちはあなたどころではないかもしれませんが、
彼氏の話をよく聞いて外の世界とのコネクションになってあげてください。

病院という閉鎖的な空間にいる彼氏にとって、
あなたが話す外の世界は新鮮で入院生活を新鮮なものに塗り替えてくれることでしょう。

彼氏の頑張りを信じて、お互い最高の笑顔で退院できると良いですね。

 

    「入院中の彼氏を喜ばせる、彼女ができる行動3つ」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。