おでこが広い女性に似合う髪型4選

最終更新日:2015年2月1日

おでこが広いと何故悩むかと言うと、顔が面長な人の場合はおでこが広い事で縦に長く見え、人から見た時に余計面長に見えてしまうからだと思います。

ではどのような髪型がおでこが広い女性に似合うのか、いくつかご紹介します。

1.ふんわりショートボブヘア

面長感とおでこの広さを目立たなくさせる髪型の1つが、ふんわりショートボブです。

長さを耳が出るショート程に短くしない事で、顔の細さをカバーして面長感を目立たなくする効果があります。

前髪は眉にかかるかかからないか位の長さにする事でおでこがしっかりと隠れ、同時に眉から下のパーツを強調する事が出来ます。

この髪型の時にはリップメイクに重点を置く事でより人からの視線を下に持っていく事が出来ます。

そしてスタイリングの仕上げとしては、軽めのヘアワックスかヘアスプレーで空気を入れ込む様に髪を手で揉み込む事で、よりふわっとした軽いボリューム感が出て、縦ではなく横の広がりが出るので面長感をカモフラージュする事が出来ます。

自分で自ら前髪や横の髪の毛を上げない限り、誰にも面長感やおでこの広さを勘づかれる事はないと思います。

この髪型のもう1つの特徴としては、雰囲気を柔らかく可愛らしくする事が出来るという点です。

もし普段老けて見られがちで悩んでいたり、もう少し若く見られたいと思っている人には幼さが出るのでオススメの髪型です。

2.斜め前髪で作るロングヘア

2つ目にオススメな髪型は、斜め前髪で作るロングヘアです。

少しだけおでこが見えるくらいの斜め前髪にする事で、集中しがちなおでこに向く視線を流す効果があります。

そして髪の毛自体の長さとしてはショートやボブ、セミロングよりもロングの長さとの相性がとても良く、ロングヘアにすると事で全体的にひし形のラインに見えるので、面長感が目立たずにキレイな顔の形に見えます。

また、ストレートよりも少しカーラーやパーマを利用してカール感を出した方が、より目線が横に流れるので元の顔の形が目立ちにくくなります。

この髪型のもう1つの特徴としては、前から見ても後ろから見てもより女性らしく、全体的にフェミニンな雰囲気を出せる事です。

髪の毛が短いよりも長いロングヘアの方がやはりフェミニンさは出ます。

もし普段男性的でボーイッシュに見られがちで悩んでいたり、もう少し女性らしくフェミニンに見られたいと思っている人には華やかさも出るのでオススメの髪型です。

3.センターパートでおでこを出したボブ~ロングヘア

「おでこを出したらおでこの広さが目立っちゃう!」「おでこを出すなんてありえない」と思うかもしれませんが、実は面長感のあるおでこの広い女性にこそ似合うスタイルがセンターパートでおでこを出したボブ~ロングヘアなのです。

この髪型でのポイントは、横の髪の毛にしっかりとボリューム感を出してアレンジしたスタイリングをするという事です。

これがもし、全くのストレートだと面長感がどうしても出てしまいますが、軽めのヘアワックスやヘアスプレーを仕上げにつけて手で髪の毛をしっかり揉み込み、最後に湿気に強くスタイリングが崩れないセットタイプのヘアスプレーをかける事で、横に出したボリューム感は時間が経っても失われずに保てます。

髪の長さとして注意すべきはショート程の短さにはしない事です。

耳を出したり、輪郭を出てしまうと面長感はどうしてもごまかせません。

またこの場合はメイクをキレイめなメイクにする事で、センターパートのおでこを出した髪型独特のキレイ感が更に倍増します。

そしてちょっと大人のお姉さん的な雰囲気に仕上げる事が出来るのです。

もし今まで怖くてこのスタイルをした事がないという人も、一度は試されてはいかがでしょうか。

4.どうしてもおでこも顔も全部出したい人にはおでこの生え際メイクをしてスタイリング

「髪型でごまかしたくない」「とにかくおでこも顔を全部出したヘアスタイルがしたい」という人にオススメなのが、生え際をメイクした上でスタイリングをするという方法です。

この方法は最終手段にはなってしまいますが、おでこが広い原因を直接的に解決させるので、メイクをすればすぐにおでこも顔も全部出したヘアスタイルをする事が出来ます。

方法としては、アイブロウを生え際から狭くしたいおでこの部分まで少しずつ重ね付けします。

あまり濃くしてしまうと急に髪の毛が生えている様で不自然に見えてしまうので、あくまで少しずつ色を慎重に重ね付けしながら自然な濃さに近づけていきます。

生え際をメイクする事でおでこの広さは目立たなくなるので、既に一部の人には人気の方法らしいです。

これで出来る髪型の幅がグッと広がる筈です。

おでこを出すことで新しい自分に似合う髪型を見つけよう

このように、おでこが広いからと言っても色んな髪型を楽しむ事が出来ます。

おでこそのものを隠す方法もあれば、横に流して少しおでこを見せたり、または敢えて完全に出したり、最終手段として生え際をメイクすればもっと色んな髪型を楽しむ事が出来ます。

髪型というのはついついワンパターンになってしまいがちですが、試しに違う髪型をしてみればもっと自分に合う髪型を発見出来るかもしれません。