おいしそう肌って何?おいしそう肌の特徴を知って素敵な肌質になろう

最終更新日:2015年10月3日

見ているだけで気分が良くなり、思わずキスなどしてしまいたくなるキレイな肌を「おいしそう肌」と呼びます。

おいしそう肌はその名の通り「おいしそうな雰囲気が溢れ出ている肌」です。

では、おいしそう肌とは、具体的にどのような魅力があるのでしょうか。

おいしそう肌についての具体的な魅力をご紹介します。

1.キメが細かく、清潔感がある肌

おいしそう肌には、不潔な印象が全くありません。

「おいしそう」とは「口の中に入れても良い気分になれる」という意味なので、肌が不潔な感じでは、おいしそうな雰囲気を醸し出すことができません。

おいしそう肌に、清潔感は必須事項です。

この清潔感を醸し出すためには、肌のキメが細かいということも条件です。

肌のキメが細かければ、それだけ肌が滑らかでつるんとした感じになります。

もちろん、おいしそう肌の持ち主は「毛穴が目立って、肌がぼこぼこしている」ということもありません。

肌が常に滑らかです。

おいしそう肌を持っている人は、肌の清潔感とキメの細かさを保つためのスキンケアを、日頃から徹底しています。

だからこそ、その清潔感とキメの細かさをキープすることができます。


2.弾けるようなみずみずしさを持った肌

おいしそう肌の特徴は、弾けるようなみずみずしさです。

肌の外側からも内側からも、ツヤとみずみずしさが感じられ、健康的な明るさを持った肌であるということが言えます。

「触れた瞬間、じゅわっとした感触が感じられるのではないか」と周りの人がついつい妄想してしまうくらいのみずみすしさです。

おいしそう肌の持ち主は、この弾けるようなみずみずしさを保つために、いつでも保湿を欠かすことがありません。

おいしそう肌の人は、乾燥とは無縁であると言えます。

このような方は肌が乾燥しそうな状況になったら、肌が乾燥する前に徹底した保湿をします。

毎日の洗顔・入浴後だけでなく「気がついた時にすぐ保湿」を心掛けています。

だからこそ、そのようなみずみずしさを常にキープすることができます。


3.すっぴん風のメイクでも十分キレイに見える肌

おいしそう肌は、元々肌がキレイにキープされているため、厚化粧で肌の状態をごまかす必要がありません。

すっぴん風メイクでも、十分にキレイに見えてしまうというのが、おいしそう肌の大きな特徴です。

実際に、おいしそう肌の持ち主は皆、すっぴん風メイクをしていることがほとんどです。

特にベースメイクに関しては、下地はしっかり塗って土台を作ることはあっても、ファンデーションを厚塗りすることはまずありません。

それでも十分にぷるぷるで美しい肌です。

おいしそう肌の持ち主は「メイクで肌を隠す」のではなく「自分の肌の美しさを十分に生かすメイク」を心掛けているのです。


4.血色感があって、健康的な肌

おいしそう肌は、全体的に血色感があり、健康的な雰囲気を醸し出しています。

特に、頬部分に血色感があるので、ぽっと高揚したような可愛らしさも持っているのが、おいしそう肌です。

元々顔色があまり良くない人は、メイクでそれを作り、おいしそう肌にすることも可能です。

チークを塗る時、少し広めの範囲にぼかし入れるようにチークを入れ、自然に赤く高揚したような頬を作り上げると、おいしそう肌の頬になります。

おいしそう肌の頬は、健康的な明るい血色に溢れているのです。


5.ふんわりしていて、柔らかそうな肌

おいしそう肌は、マシュマロのようにふんわりしていて「触った時、とても柔らかそう」と思わせるような雰囲気を持っています。

そのため、おいしそう肌は「痩せてゴツゴツしている雰囲気の肌」ではなく「ちょっとぽっちゃりしていて、ふっくらした感じの肌」であるということも特徴です。

「おいしそう」という感覚は「食べてしまいたい」という感覚なので「食感が良さそう」であるとも言い換えられます。

この点から考えてもおいしそう肌は、マシュマロのように「ちょっと食べてみたい」という気持ちをくすぐってしまう、ふんわりした肌であると言えます。


6.色のトーンが明るく、くすみのない肌

おいしそう肌は、肌の色もおいしそうなのが特徴です。

顔色が良く、肌の色のトーンが明るめなのが、おいしそう肌です。

おいしそう肌には「くすみ」というものが全くないとも言えます。

肌の色のトーンが明るいことにより「女の子向けのスイーツ」のような、おいしそうな雰囲気を醸し出します。

そのため、見ている人が「思わず食べてみたくなる」という気持ちになってしまいます。

おいしそう肌は、肌の色もまた「おいしそう」です。

おいしそう肌になろう

おいしそう肌は「触った感触がよさそうなので、思わず食べてみたくなる」というふわふわ感・ぷるぷる感があることが特徴です。

そのため、弾けるような健康美に溢れている肌であるということも言えます。

そのため、薄いナチュラルメイクでも十分に映え、品の良い美しさを出すことができます。

おいしそう肌は、男性からも女性からも好感度の高い肌です。