おじさんとお兄さんの違いはどこにあるのか。おじさんとお兄さんの境界線を知ろう

男性の特徴最終更新日:2018年4月28日

同じ30代男性でも「年上の素敵なお兄さん」と感じる人もいれば「恋愛対象外のおじさん」と感じる人もいます。

人は一瞬のうちに見た目でおじさんかお兄さんを判断するものです。

両者の違いは一体どこにあるのでしょうか?

1.清潔感があるかどうかでおじさんかお兄さんか分かれる

多くの女性が口を揃えて言うのが「おじさんは清潔感がない」ということです。

清潔感というと、ちょっと爽やかな印象を受けますよね。

ここで言うのは、青春時代のような爽やかさではありません。

着る物はきちんと汚れのないものを着用している、部屋の掃除をしている、持ち物はキレイに整理されているなど、一人の大人として常識的な範囲のことがこなせているかどうかを女性たちは見ています。

シワが伸びたシャツや汗の匂いのしない服を着ていると、女性からの株はきちんと保てているはずです。

反対に、汚れた靴やいつ洗ったのかわからないようなボトムを履いていると、女性は不潔だと思ってしまいます。

身なりだけではなく、食べ方などの所作も同じです。

くちゃくちゃと噛んだり音を立てたりしている人には残念ながら「あー、もうおじさんだな」と感じてしまいますよね。

2.体型が若々しいかどうか

体型も重要なポイントです。

福山雅治さんや佐々木蔵之介さんは、年齢でいうともう既に「おじさん」の領域です。

でも、どこか年齢を感じさせず「年上のお兄さん」のイメージがあるのは、やはりスラリとした体型に大きな理由があるのではないでしょうか。

筋肉量が多いと、肌にハリやツヤが出るといわれています。

女性と同じように、男性も加齢とともにシワやたるみが出てきます。

確かに、筋肉モリモリの男性って、肌がつやつやしていますよね。

筋トレやエクササイズなどで体型を維持することは、肌のハリツヤにも多分に影響を与えます。

お肌も体型も若々しいと、女性は実年齢にこだわらず「あ、素敵なお兄さんだ」と思ってしまいます。

3.色気が感じられるかどうか

お兄さんとおじさんの違い。

それは、異性として恋愛対象になり得るかどうかも重要な分岐点です。

お兄さんだと感じる人には恋愛感情も湧きやすいでしょうし、反対におじさんには恋愛感情を抱きにくくなります。

女性は何をその線引きにしているのか。

一つは、その人に色気があるかどうかで判断しています。

「好き」にもいろいろな種類の感情がありますが、女性は男性を見る時、少なからずオスを意識しています。

おじさんかお兄さんか、純粋にメスとして相手をオスと感じられるかどうかが大きな境目です。

30代40代でも、セクシーな色気を漂わせている人は女性側もつい恋愛対象として見てしまいます。

それは20代の若い男性にはまだない要素です。

だから年上男性が漂わせるフェロモンにノックアウトしてしまう女性が多いのかもしれません。

4.人生に対するアグレッシブさがあるどうか

人生の苦労や社会的な責任感も増してくるのが30代。

20代のはつらつとした様子から、徐々に落ち着いた大人の男性に変わっていきます。

たとえ同じ30代の男性でも、先の人生に希望を感じているかいないかで、女性の評価って大きく変わりますよね。

確かに困難なことはあっても、前向きにアグレッシブに期待を持って動いている男性を見ると、女性側も「あ、かっこいいな」と思うはず。

悲観的で未来に希望を持っていないような男性には、残念ながら「おじさんだな」と感じてしまうのかも。

5.若い子の感覚に合わせられているかどうか

10歳ほど離れた年齢の子と話すのは、結構大変なこと。

共通の話題や考え方も違うので、同世代よりもお互い勘違いしやすくなります。

話題が合わないのは承知の上で、若い子の感覚を積極的に取り入れたり、流行の話題にアンテナを張っている人を見ると、まだまだ気持ちが若い印象を与えます。

反対に「ふーん、おじさんだからもう若い子の話はわかんないや」と自分から言ってしまう人は、女性としてはそこでおじさんのレッテルを張らざるを得ません。

無理な若作りはしんどく感じますが「若い子の話題について行こう」と興味を示しているところには好感が持てますよね。

6.おじさん臭がするかどうか

30代を超えると、多くの男性の体臭が変化し始めます。

俗にいう「加齢臭」というものです。

男性特有の匂いは生物的なものなので仕方がありません。

ただ、体臭や口臭などをケアせずにそのまま放っておくと、女性は結構すぐに気づくものです。

口が臭い人=おじさんと判断してしまうところがありますよね。

見た目が若かったり、男性的な魅力がまだまだ現役なら、匂いを改善するだけで素敵なお兄さんに変貌するかも。

恋愛対象になるのがお兄さん、ならないのがおじさん

おじさんとお兄さんとの違いを6つの観点に分けてご紹介しました。

これまでの6つに共通しているのはおそらく「恋愛対象になるかどうか」です。

たとえ50歳近い方でも大人の色気を漂わせて女性のハートを鷲掴みにしている人はいるでしょうし、30歳になりたてでも哀愁漂う背中を見せていれば、女性はおのずとおじさん認定してしまいます。

 

    「おじさんとお兄さんの違いはどこにあるのか。おじさんとお兄さんの境界線を知ろう」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/26(土) 11:37

    既におじさん世代となり見た目もおじさん感は否めませんが、なるべくお兄さんと呼ばれたいものですので、ここに書かれている事を参考にしようと思います。
    これらを実践すれば男性としてだけではなく人間的にも魅力が出るのではないかと感じます。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/06/11(月) 17:01

    40代後半の上司がいますが、いつもパリッとしたワイシャツを着ていて清潔感があります。体型もスッとしていて、おじさんはおじさんなんですが、ロマンスグレーという感じで、好感が持てます。

この記事への感想を書く