同期と円満に仲良くすごす方法!仕事とプライベートを分けて仲間外れを作らないこと

仕事/ビジネス最終更新日:2014年9月27日
一緒に歩く同期

会社の同期の人たちとは長く付き合っていくことになるので、
誰でも仲良く仕事がしやすい環境になることを望んでいると思います。

仕事がしにくくなったり先輩後輩の上下関係で悩んでってしまったり、
それに対して落ち込んでしまった時に励ましたり励まされたりするのは、同期の存在です。

そんな大切な同期と、円満な関係を保っていくには、色々な方法があります。

1.仕事とプライベートで呼び方を変える

プライベートでも仲が良く仕事でも一緒にいたりすると、
ついつい仕事もプライベートも一緒になってしまいがちになってしまいます。

仕事は仕事、プライベートはプライベートで、
同期の名前を仕事の時は「○○(名字)さん」と「さん」付けをして呼ぶようにしましょう。

プライベートでは下の名前で、
いつも通りの親しさで呼ぶようにし使い分けをすることが大切です。

2.できるだけ飲みにいったり、食事をしたりする

同期と仲良く円満な関係でいたいのならば、
みんな時間が合う時はご飯を食べに行ったり飲みに行ったりするといいでしょう。

プライベートの時間を作ることによって、
普段仕事の時の感じとは違ってざっくばらんに皆と色々な話をすることで、
仕事のときの真面目なイメージとはまた違った普段のみんなの姿が知れて、より深く仲良くすることができます。

そのような時間を作ることによって、
会社でもプライベートでも円満な関係を保つことができます。

3.同期の中で、仲間外れを作らないようにする

同期みんなで円満な関係を保っていきたいのならば、
同期の中で仲間外れをするのは禁物です。

仲の良い円満な関係を保っていたのに、
一度仲間外れをしてしまうともう円満な関係を保っていくことはとても難しくなってしまいます。

誰一人として仲間外れをしないように、
みんなで仲良く過ごしていくことが大切です。

4.悩んだら、相談をしたり相談を受けたりする

仕事やプライベートで悩んでしまうことは沢山あると思います。

そんな時は同期の人たちに悩みを聞いてもらって、
アドバイスをもらったり悩んでいる同期がいたら、
逆に悩みを聞いてあげたりアドバイスをしてあげることが大切です。

1日の中でも一緒に仕事をしている人たちとの時間が一番長いのですから、
そんな仲の良い同期に頼って打ち明けてみると、
同期も親身になって悩みを聞いてくれて、アドバイスをくれるようになります。

職場の中でも長く親しい付き合いになるからこそ円満に

職場の同僚でありながら、友人のような関係になりやすい同期。

だからこそその距離感は中々掴みにくくなります。
特に円満にしていきたいのであれば、仕事とプライベートを分けつつも
親密に付き合っていくことが大切になります。

同期と円満に過ごせればきっと社会人としての生活がきっと充実したものになるでしょう。

 

    「同期と円満に仲良くすごす方法!仕事とプライベートを分けて仲間外れを作らないこと」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。