人混みで電話が聞こえない時どうすれば良いか

最終更新日:2017年7月18日

人混みで電話の声が聞こえない時の対処法を知っていれば、イライラすることが少なくなります。

電話で話している相手にも、迷惑をかけることがなくなるでしょう。

ちょっとしたテクニックで、毎日の生活を快適に過ごすようにしてみましょう。

1.「申し訳ないが少し大きな声で話してほしい」と頼んでみる

人混みで電話の声が聞こえない時の対処法として「少し大きな声で話してほしい」と頼んでみる方法があります。

聞こえないのにそのまま話を進めてしまうと、後から困ったことになるからです。

今いる場所が非常にうるさくて、どうしても相手が話している声が聞こえないなら、正直にそのことを伝えた方がよいでしょう。

そして「大変申し訳ないけれど、もう少し大きな声ではなしてもらえないか」とお願いしてみるのです。

相手にとってはちょっと面倒くさいと思うかもしれませんが、電話を掛け直したりするよりは、楽で簡単な方法となります。

聞こえていないのに、それを伝えないでいると、どうしても伝達ミスが生じてしまいます。

それを後から訂正するのは、もっと面倒なことです。

今いる場所はどうしても騒音がして聞き取れないことを伝えて、大きな声ではっきりと要件を伝えてもらうようにしましょう。

2.耳の周りに手を当てて騒音をシャットアウトする

人混みで電話の声が聞こえない時の対処法としてオススメなのは、耳の周りに手を当ててみるようにしましょう。

そうして周りの騒音をシャットアウトすることで、相手の声が聞こえやすくなるはずです。

普通に電話に耳を澄ませているだけでは、どうしても周りの音が邪魔をして相手の声が聞き取れないということもあります。

そういう時には、周囲の物音が聞こえないように、電話や耳の周りを手で覆ってしまいます。

そうすれば、ある程度は相手の声が聞きやすくなります。

人間の耳というのは不思議なもので「聞き取りたい」という音だけ拾おうとするので、何とか相手の話している言葉を理解することができるようになるでしょう。

まわりがうるさくて電話の声が聞こえないという時には、耳の周りに手を当ててうるさい音をカットすることが応急処置の方法としてはベストです。

そうすることによって、相手の言いたいことを何とか聞き取ることができるでしょう。

3.一度電話を切って静かな場所から掛け直す

人混みで電話の声が聞こえない時の対処法にあるのが「一度電話を切って掛け直す」という方法です。

静かな場所に移動して、そこから相手に電話を掛け直すようにすれば、周りの音など気にしないで、ちゃんと会話をすることできるでしょう。

あまりにも人混みの中でうるさい時は、一度電話で話すのをストップするべきです。

いくら努力しても、周りの音にかき消されてしまい、相手が何を言っているのか分からなくなってしまうからです。

何度も「え、何?聞こえない」などと繰り返して声を張り上げるようにしても、それでも聞き取れないこともあります。

そういう状態で電話をし続けても、お互い疲れてしまいますし、何よりも肝心な要件が伝わらないままとなってしまうでしょう。

人混みにいると、様々な人の声や物音で相当うるさい状態となっているはずです。

そういう時には「ごめん、静かな場所から電話を掛け直すね」と言って、さっさとその場を離れた方が良いでしょう。

4.万が一の聞き取りミスに備えて要点だけメールで送ってもらう

人混みで電話の声が聞こえない時には、万が一の聞き取りミスに用心しなくてはなりません。

「どうもきちんと聞こえていないようだ」と思ったら、要点だけメールやLINEで送ってもらうようにしましょう。

相手は伝えたつもり、そしてこちらは聞き取ったつもりでいても、周りの音にかき消されて聞こえていなかった言葉があります。

後から「しまった」ということにならないように、念の為、大切なことはメールやLINEで文字にして送ってもらうのがベストです。

そうすれば、うっかり聞き取り間違いが生じることもありませんし、そのメッセージは携帯電話に残りますので、忘れてしまっても大丈夫です。

大切な約束なら、必ず確認のためにもメールやLINEで確認するようにしましょう。

人混みで電話の声が聞こえない時は「周りがうるさい」と感じていて、自分自身も意外とストレスが溜まっていたりします。

そういう状態で大切なことを聞いても、聞き漏らしてしまうこともあるでしょう。

「周りの音がうるさくて聞こえない」と感じたら「悪いけれど要点だけメールかLINEをしてください」とお願いするのが、良い対処法となります。

人混みで電話が聞こえない時でもOKになろう

人混みで電話で話そうとしても、どうしても周りの音が気になってしまい、電話に集中できないことがあります。

聞こえなかったのは仕方がないとしても、そのままにしてしまうと意思疎通ができなくなり、困ったことになります。

面倒でも、場所を変えて電話を掛け直したり、LINEやメールで要件を教えてもらったりして、しっかりと意思疎通を図るようにしましょう。