反省している気持ちを相手へ伝える方法とは。反省の気持ちを伝えられるようにしよう

仕事/ビジネス 友達との付き合い方最終更新日:2018年4月28日

誰かに対して悪いことをしてしまったら、こちらがいかに反省しているか、その気持ちを伝えなくてはなりません。

心の底からすまなかったという思いを伝えるためには、どういった手段が有効なのでしょうか。

反省している気持ちを相手に伝える方法を知って、よりスムーズな人間関係を築きましょう。

1.ちゃんと相手の目を見て反省している気持ちを伝える

反省している気持ちを相手に伝える方法に「ちゃんと相手の目を見て気持ちを伝える」というものがあります。

きちんと顔を合わせて言葉を述べることで、こちらが本当に「悪かった」と思っていることを理解してもらえるでしょう。

いくら自分が反省していても、それが相手に伝わらなかったら、意味はありません。

「悪かった」とか「申し訳なかった」という思いを伝えるためには、気まずくてもきちんと顔を合わせて、そして自分の口でお詫びや反省の言葉を述べるようにしましょう。

その時、相手はこちらの様子をじっと見ているはずです。

表情や体から醸し出す雰囲気などから、本当に反省しているかどうかを理解してもらえるでしょう。

面と向かって反省している気持ちを伝えるのは、正直しんどいですし、勇気がいることです。

しかし、ちゃんと相手の目を見て気持ちを述べれば、きっと相手の心にこちらの反省している気持ちが届くことでしょう。

2.繰り返し何度もお詫びをする

反省している気持ちを相手に伝える方法に「繰り返し何度もお詫びをする」という方法があります。

たった一回反省の言葉を述べただけでは、空いても「その程度しかはんせいしていないんだ」と、心を閉ざしてしまうかもしれないのです。

反省している気持ちを伝えた時、もしかしたら相手は何となくまだ納得した様子を見せないかもしれません。

そういう時には、きっと心の中で「口先だけだ」と思っていることが考えられます。

その場は大人の対応をしてくれていても、本音を言えば、全くこちらの反省の言葉を聞いていなかったりします。

そういう時には、何度も何度も繰り返して、反省の言葉を相手に伝えるようにしましょう。

そうやってお詫びを口にしているうちに、だんだんと相手の気持ちもほぐれていくことでしょう。

最後には、相手の方から「もういいよ、分かった」と、理解を示す言葉を伝えてくれるようになります。

しんどいことかもしれませんが、何度も何度も反省の気持ちを表すようにしていれば、相手もこちらの誠意を理解してくれるようになるでしょう。

時間はかかるかもしれませんが、億劫がらずに何度も繰り返して「反省している気持ち」を伝え続けていくようにしましょう。

3.丁寧な字で手紙を書いて反省して謝る

反省している気持ちを相手に伝えるには「手紙を書いてみる」という方法もあります。

丁寧な字で詳しく事情を説明しながら、反省の気持ちを伝えるようにすれば、きっと相手も理解してくれるようになるはずです。

反省している気持ちを相手に伝えたい時、どうしても口ではうまく言えないという事もあります。

そういう時には、丁寧な字で手紙を書くのです。

手紙を受け取った相手は、その手紙を何度も読み返すことができます。

最初は怒っていたり不信感を持っていたとしても、きっと段々と気持ちを落ち着かせて、こちらの言葉に耳を傾ける余裕が生まれてくることでしょう。

その手紙には、こちらがちゃんと反省していることを、きちんと述べるようにしましょう。

気を付けたいのは「自己弁護」ばかり書いてしまわないようにすることです。

相手は「こちらの言い分」を求めているのではありません。

こちらの心のこもった反省の言葉を求めているのです。

丁寧な字で「本当にすまなかった」ということを書いて、相手に送ってみましょう。

そうすることで、こちらが本当に反省している気持ちを、相手に伝えることができるでしょう。

4.場合によっては「お詫びの品」を持参するようにする

反省している気持ちを相手に伝える方法、その中には「お詫びの品」を持参するという方法もあります。

場合によってはお菓子や何かを持って行った方がいいこともあります。

相手に迷惑をかけてしまったそんな時、きちんと心を込めてこちらも謝罪して、反省の言葉を相手に伝えるはずです。

ただ、そういう時に相手は「もういいよ」とか「大丈夫です」と言いながらも、迷惑をかけられたことにうんざりしていることもあります。

そんな時にちょっとした「甘いお菓子」などを手渡されたら、とがった気持ちも和らぐはずです。

相手の持ち物を壊してしまった。

そういう時にも「代替品」を持参したり、改めて弁償する旨を伝えてみましょう。

こちらの気持ちが伝わって、相手の方から「そこまでしなくていいですよ」と、そんな言葉を引き出すことができるようになるでしょう。

場合によっては誠意を見せるために「お詫びの品」を持参するのは、実は意外と有効な方法となります。

「物をもらったから嬉しい」ということではなく、その品物を通してこちらの誠意と反省の気持ちを伝えることができるから、相手も理解を示してくれるようになるのでしょう。

反省している気持ちを伝えよう

反省している気持ちがあるのにも関わらず、その気持ちが全く通じなかったら、こちらとしてもいたたまれない気持ちになります。

「すまない」と思っている気持ちを示すためには、様々な方法があるはずです。

反省していても、それが伝わらなくては、相手にとっては「反省していない」のと同じとなります。

そうならないように、しっかりと方法を考えて、こちらの気持ちをしっかりと伝えるようにしましょう。

 

    「反省している気持ちを相手へ伝える方法とは。反省の気持ちを伝えられるようにしよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く