職場にお土産を持っていく時の選び方

最終更新日:2017年5月31日

職場にお土産を持っていく時には、ぜひ皆に喜んでもらいたいでしょう。

そして、うっかりハズしてしまわないように、色々と考えてしまいます。

職場で持っていくお土産を選ぶポイントを押さえておけば、きっと安心してお土産選びをすることができるでしょう。

1.日持ちのするものを選ぶ

職場で持っていくお土産を選ぶポイントは、何といっても日持ちのするものを選ぶということです。

出社してすぐにお土産を配っても、全員がすぐに食べてくれるとは限らないからです。

おいしいお菓子など、きっと買っていったら喜ばれることでしょう。

はやりのスイーツなどもいいですね。

ただ、生クリームなどが入っていて、賞味期限の短いものは、職場へのお土産としては不向きです。

職場で皆さんにお土産を配った時、その場で食べるとは限りません。

中には「仕事中だから」と言って、家に持ち帰ったりする人もいるからです。

また、たまたま出張中出すぐに渡せない場合もあります。

その人が出社した時には賞味期限が切れていたなんてことになってしまうと、食中毒などの心配もありますし、相手にも気を使わせてしまうことでしょう。

職場に持っていくなら、日持ちがするものが一番です。

そうすれば、安心して職場の皆さんにお土産を配ることができるでしょう。

2.汚れが付かないように「個別包装」しているものにする

職場で持っていくお土産を選ぶポイントとして「個別包装」にこだわるようにしましょう。

一つ一つ包装されているものなら、汚れもつきませんし、手が汚れたりすることもないからです。

今は衛生面を気にする人がけっこう沢山います。

そういう人に、箱に入ったむき出しのお饅頭を「良ければどおひとつどうぞ」と差し出しても、躊躇してしまうかもしれません。

せっかく買ってきたお土産をむげにはできないし、むき出しのままのお菓子は誰かが触ったかもしれないしと、心の中で悶々としてしまいます。

個別包装をしているお菓子は、相手が受け取りやすいし、職場のデスクにポン。

と置いておくこともできて便利です。

職場で持っていくお土産というのは、おいしいだけでなく「衛生面」を考えることも大切なポイントです。

3.誰でも喜んでもらえるような「スタンダード」なものにしておく

職場で持っていくお土産を選ぶポイントは、誰もが喜んでもらえるようなものをチョイスするようにするべきです。

いわゆる「スタンダード」な品物にしておけば、きっと皆さんも喜んで受け取ってくれるでしょう。

観光地などにいくと、変わったお菓子や面白いお土産が目につきます。

中には「強烈。

わさび味」とか「ガーリック饅頭」なんてものもあったりして、何だか面白そうです。

そういうお土産なら、話のネタとなって盛り上がるかもしれませんが、いざ食べるとなると「うーん」となってしまうでしょう。

お土産でいただいたものを、いつまでたっても食べないと申し訳ないし、でも何だか変な味がしそうだしと、受け取った方は悩んでしまいます。

スタンダードなクッキーやおせんべいは、ありきたりかもしれませんが、もらった人全員が喜んで食べることができるお土産です。

職場へお土産を持っていく時には、ある程度誰にでも受け入れてもらえるようなものにしておけば、ハズさないですむでしょう。

4.十分に数が足りるように少し多めに買っておく

職場で持っていくお土産を選ぶ際には、十分に数が足りるように、少し多めに買っておくのがポイントです。

そうすれば「あら、一個足りない」というトラブルを避けることができるでしょう。

職場で働いている人の人数を数えてみて「これで足りる」と確認したつもりでも、ひょんなことで数が合わなくなることがあります。

急に別の部署の人が来ていて、その人達にも差し出すことになったり、お土産の一つが箱の中で潰れていたなんてこともあったりします。

そういう時に、職場の人の人数プラスアルファがあれば、動じることはありません。

「あら、何か一個潰れてしまってみたいですね~」なんて言いながら、新しいのを一つ手渡せばすむでしょう。

お土産は、いくつか余るくらいがちょうどいいのです。

きっと余ったお土産は、誰かがそのうち食べてくれて、いつの間にかなくなっているでしょう。

5.相手の負担を考えて「形に残らないもの」をチョイスする

職場で持っていくお土産を選ぶポイントで、意外と重要なのは「形に残らないもの」をチョイスするということです。

相手の好みが詳しく分からない以上、お土産は「消えてなくなるもの」にしておくのが無難と言えるでしょう。

お菓子など食べ物出したら、食べたら終わりでなくなってしまうので、とてもオススメです。

パクッと食べられるものだと、きっとお土産をもらった方も嬉しいはずです。

女性同士なら、保湿パックやリップみたいなものでもいいですね。

そういうお土産も「使ったら終わり」となりますので、相手の負担にはならないでしょう。

職場へのお土産というのは、できれば形に残らないで、使い切ることができるもの、それを選ぶことが大切なポイントです。

うっかり置物などを買ってきてしまうと、相手も持てあましてしまうかもしれないからです。

職場へのお土産は、あれこれと気を使います。

しかし、たった一つの小さなお土産が、程よい潤滑油となることもあります。

皆に「これおいしいね」と言ってもらえるような、そんなお土産を選ぶようにしましょう。

それが一番大切なポイントとなるかもしれませんね。