幼馴染を好きになってしまった。この想いをどうすれば良いのか

最終更新日:2016年2月1日

幼い頃から同じ時間を多く過ごしてきた幼馴染を好きになってしまった時、あなたならどうしますか?

ある日、ある瞬間を境に、幼馴染のことを好きだと意識してしまったら、その後の行動に悩んでしまうでしょう。

ではどのように行動していけば良いのでしょうか。

1.まずはイメチェンなどで雰囲気を変えて女をアピール

幼馴染とは、一緒にいる時間も多いために、自分というものをさらけ出してしまっていることが考えられます。

そしてスッピンはもちろんのこと、ジャージ姿でもボサボサの髪でも、気にしてなかった時期もあったことでしょう。

しかし、もし幼馴染のことを好きだと気付いてしまったら、まずはイメージを変えることが必要になります。

一番取り入れたいのは、やはり女性であることを意識してもらうという点です。

今までに見せたことがないメイクやファッションをしてみたり、幼馴染の好みの女性を演出してみるなど「女」を意識しながらイメチェンしてみることが大事です。

「雰囲気変わったな」「女らしくなったな」と思わせることから始めてみると良いでしょう。

幼馴染という意識から女性と意識を変えさせるだけでも、大きな進展です。

今までの単なる幼馴染から脱却して、一人の女性として見てもらうことを目標にしましょう。


2.自分の事をどう思っているのか聞いてみる

幼馴染の中で、自分は女性として思われているのか、それとも男友達と同じような感覚でいるのかを確認してみましょう。

実際にこうした質問をする際にはかなりの勇気がいるもの。

もしそこで自分への気持ちがなく、男友達と同じレベルであったらどうしようと怖さすら感じてしまうでしょう。

しかし、相手が自分に対してどう思っているのか確認しないことには、前へ進むことが出来ません。

もしそこで男友達と同じように思われていたとしても、そこから女性として見られるように努力すれば良い話です。

どのように努力していけば良いかを判断できる材料にもなる為、早い段階で幼馴染の気持ちを確認した方が良いでしょう。

「いてくれないと困る存在」「一緒にいるのが当たり前の存在」という返答が返ってくる場合もあります。

その時には加えて「女性」という意識を持たせるだけの努力で済むことになります。

幼馴染だとしても、相手も自分を意識してくれているケースもあれば、大人になってから大切さに気付いている可能性だってあります。

自分への正直な気持ちを確認してみてから、自分の行動に目安を付ければ良いでしょう。


3.関係のことは気にせず、告白してみる

幼馴染の事が好きで何も手につかないといったくらいに気持ちが膨らんでいるのであれば、今後関係がどうなろうと意識せず、気持ちを伝えてみるのも良い方法です。

もし仮に告白が上手くいかなかったとしても、幼馴染として関係を続けられる可能性も十分にありますし、そこから幼馴染の関係ではなく恋愛関係に発展することもあります。

最悪の場合、そこでギクシャクしてしまって疎遠になってしまうことも考えられますが、気持ちを伝えない限り、何も進展は望めません。

気持ちに気付いてしまったら、素直に告白して思いを伝えることは、決して悪いことではなく、むしろ前に進める方法でもあります。

また、幼馴染という関係であるため、こうしたことをきっかけに少しお互いギクシャクしたとしても、時間と共に修復も十分可能です。

気持ちを伝えてスッキリするだけでも、自分自身は前に進むことが出来るでしょう。

そこでダメだったとしても、今後女性として意識してくれる可能性だってあるものです。

決して無駄な行動にはならないはずです。

気持ちを抑えられなくなってしまったら、単刀直入に告白してみるのもアリでしょう。


4.言わないで秘めておくことも

他愛もないことで笑いあったり、男女ということを意識しない関係性に満足している中、好きという感情が生まれてしまった時、関係が壊れてしまうことを一番恐れてしまうでしょう。

もし二人の関係性に現状満足していて、恋愛関係になることを望んでいないのであれば、気持ちを秘めておくことも一つの方法です。

気持ちを伝えないで得られるメリットは、関係を壊すことなく今まで通りの満足を得られるという点です。

そして一番は失うことがないという点でしょう。

気持ちを伝えた瞬間に男女ということを意識してしまって気を遣い合ったり、今まで通りに接することが出来ないということを想定してしまうと、気持ちを明かさない方が良いという結論に至ることもあるでしょう。

一緒にいるだけで安心する、満足できるというのであれば、今までと変わらない関係でいることも可能です。

ただ、幼馴染に今後彼女が出来たり好きな人が出来た場合には、この状況は続けられないものです。

もしそういう瞬間が訪れた時、その瞬間に気持ちを明かすという方法も考えると良いでしょう。

幼馴染に恋をしよう

兄弟のように今まで一緒にいた幼馴染に好きな感情を持ってしまった場合、気持ちを伝えるべきかを悩むことでしょう。

そして、気持ちを伝えた場合、その後の関係が壊れてしまうのではないかという思いが膨らみ、なかなか明かすことが出来ない点では、普通の恋愛と違った悩みでもあります。

自分の気持ちを最優先にするか、それとも現状をキープして関係を保つことを優先するのか、優先順位によって行動を起こしてみると良いでしょう。

ただ、どうなったとしてもこれまでの関係から得た絆は深いはず。

それを信じて前に進んでみても良いのではないでしょうか。