お酒が好きな男性へのアプローチ方法とは。まずは飲み友達になろう

恋愛アプローチ最終更新日:2017年10月30日

お酒好きな男性は、人気の居酒屋情報やなかなか手に入らないお酒を持っていたりすること、自分はお酒がとても強いことをアピールしてくる男性がとても多いです。

もしそんな男性を好きになってしまった時の彼が喜ぶ効果的なアピール方法や行動、言動をご紹介します。

飲み友達からスタートすることできっと2人の距離は近づくはずです。

1.自分がお酒が飲める、お酒が強いことをアピールする

まずは、自分がお酒が飲めることや、お酒が強いということを彼にアピールしましょう。

お酒が飲める人にとって、お酒が飲めない人と飲みにいきたいとは思いません。

また、お酒が好きだということをアピールすることで、相手は「この子は自分と趣味が合う」と考え、あなたに心を開いてくれるはずです。

恋愛において「共通点がある」というのはとても重要なポイントです。

共通の趣味がある、似ている部分があるということだけで「自分と価値観が一緒」と錯覚してしまうものです。

特に「お酒」は好きな人もいれば嫌いな人もいて、嫌いな人の中にはお酒を飲む人を卑下している人もいます。

お酒が好きと女性に言われるだけで男性は自分は認められたという満足感を感じるのです。

2.お酒について男性に語らせる

お酒が好きだとアピールした後に、必ず「お酒は好きだけど、美味しいお酒などには詳しくないから教えて欲しい」と必ず付け足しましょう。

この言葉を付け足すことで、恐らくほとんどの男性が自分の好きなお酒の銘柄や味について語りだすでしょう。

男は語りたがりであると言われています。

そして女性が自分の話に興味を持ってくれたり、頷きながら聞いてくれることで満足感を得られるのです。

もしお酒にそれほど興味がない人でも「聞き上手」になることを心がけましょう。

間違っても、男性が話している途中で話を遮ったり、否定することはNG行為です。

3.一緒にお酒を飲むときは、全てにおいて初めてを装う

お酒が好きな男性と飲みにいくチャンスを設けられたら、必ず注意したいのが何に関しても「初めて」を装うということです。

一度飲んだことがあるお酒でも、行ったことのある居酒屋でも「初めて」を感じさせるコメントをするべきです。

そして「こんなお酒や居酒屋を知っているなんて、やっぱり通ですね」と褒めてあげれば、男性は有頂天になることは間違いないでしょう。

また、一緒に飲みに行った時に会話に困ったらお酒の話題を振ることで、きっと女性側から話題を出さずとも男性側から饒舌にお酒に対する愛の語りが始まるはずです。

男性は女性に何かを与える、何かを教えてあげるということで優越感に浸れるのです。

よく男性で「通」を気取りたがる人が多いのは、周りから尊敬されたい、褒めて欲しいという感情が強いからでしょう。

4.お酒が入ってからの男性の性格も認めてあげる

普段はシャイで、会社などでも目立たないタイプの男性でもお酒が入ると一変、明るく饒舌になる人や泣き上戸になる人もいます。

お酒を飲むと開放的な気分になるため、自分の元々の性格が出たり、本音で話してしまう人が多いのです。

大体このタイプの男性は飲んだ次の日に自分の話したことを忘れているか、もしくは本性や本音を知られてしまったことを後悔します。

その為、次会った時には最初に一言「いつもの○○さんも好きだけど、お酒を飲んだ時の○○さんとっても素敵でしたよ」と囁いてあげましょう。

男性はこんな自分を認めてくれたのだと安堵感と信頼をあなたに覚えるはずです。

5.お酒の最高のつまみになるような女性になること

お酒好きの男性に共通することは「お酒を楽しみたい」「少しでも美味しいお酒を飲みたい」ということです。

そんな男性へ「この子と飲むと楽しいお酒が飲める」などと、お酒=あなたと飲みたいという印象づけはとても大切です。

どんなに美人で良い子でも、自分の大好きなお酒を否定する女性やお酒を不味くするような発言をする女性とは誰も一緒にいたいとは思いません。

お酒が好きな男性へのアピール方法を考えるのであれば、お酒を美味しくさせるおつまみのそうな存在になるアピール方法を考えた方が手っ取り早いでしょう。

お酒が好きな男性へアピールしよう

お酒を一緒に飲む機会さえ作ってしまえればお酒好きの男性は少年そのものです。

お酒が入ると何事も素直に受け止めてしまう人が多いと言われています。

認めてあげることであなたを信頼し、教えることで優越感に浸り、褒めることで満足感を得られる男性へのアピールは決して難しいことではありません。

 

    「お酒が好きな男性へのアプローチ方法とは。まずは飲み友達になろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く