ぱっつん前髪をキープする方法。美容師への頼み方やセルフカットのコツ

最終更新日:2016年4月24日

ぱっつん前髪のみなさん、キレイにキープができていますか?

美容院で切ってもらっても、少し放っておくとすぐに伸びてきちゃいますよね。

そんなぱっつん前髪をキープするための方法をご紹介します。

1.定期的に美容院に通う

定期的に美容院に通うのは、絶対条件です。

伸びきったぱっつん前髪は、目が隠れてしまって全体的に暗い雰囲気になってしまいますよね。

前髪は、一か月で5mm位伸びてしまう人もいます。

その場合月の初めと月の終わりでは、全くイメージが変わってきてしまいます。

キレイなぱっつん前髪をキープするために、一か月に一度は美容院に通うようにしたいですね。


2.ぱっつん前髪のオーダーは丁寧に

小顔に見えて、目力が強く見えるぱっつん前髪。

しかし、前髪の幅が広すぎると輪郭が出てしまって逆に大きな顔にみえてしまったり、短すぎると顔の面積が大きく見えてしまいます。

第一印象を決める前髪。

イメージと違う仕上がりになってしまっては困りますよね。

そんなことにならないためにも、丁寧にオーダーすることが大切です。

特にこれからぱっつん前髪にする人は、間違っても「ぱっつん前髪にしてください」なんていうアバウトなオーダーをしてはいけません。

前髪の幅が広くなりすぎてしまったり、こけしのような分厚いぱっつん前髪にされたりしてしまうかもしれません。

また「目に入らない程度に切ってください」とオーダーすると、イメージと違った前髪になりやすいです。

「眉上」なのか「眉下」なのかをしっかり伝えましょう。

眉上になってしまっては、取り返しのつかないことになりかねません。

事前にヘアカタログなどで調べて、イメージをしっかりもっていくと失敗は少なくなります。

3.「cm」単位でオーダーしない

ぱっつん前髪は、長さがとても重要ですよね。

「1cm切ってください」なんてオーダーしてしまうと、思ったよりも短い長さになってしまうこともあります。

もしかしたら、眉上のぱっつん前髪になってしまうかもしれません。

思ったより短くされてしまって、伸びるまで待つしかないと泣き寝入りした経験がある方もいるのではないでしょうか。

そんなことにならないために、3mm~5mmのオーダーから始めてください。

一気に切ってしまうと取り返しのつかないことになりがちですが、少しずつ切っていけば、失敗は少なくなります。

きっと、ちょうどいい長さにしてくれるはずですよ。


4.重さを意識する

長さについては少しずつ短くするオーダーをすれば大丈夫です。

でも丁度いい長さになったなと思っても、前回と何かが違うと思うこともありますよね。

それはきっと、重さのせいです。

ぱっつん前髪といっても、色々な種類があります。

ずっしりとした重さのぱっつん前髪は、個性的な印象になります。

目力も協調されて、幼い印象の前髪になります。

逆に、軽いぱっつん前髪だと、春や夏に合った涼しげな前髪になりますね。

思い前髪より、少し垢抜けた大人っぽい印象になるでしょう。

なんだかイメージと違うといったときは「少し軽くしてください」とオーダーしてみましょう。

そのとき、外側を切ってしまうと前髪が浮いてきてしまうので、必ず内側を切ってもらうようにしてくださいね。

折角のぱっつん前髪、重さまで納得がいくまでオーダーしましょう。

5.美容師さんを指名する

色々な美容師さんに頼むと、同じようにオーダーをしても毎回仕上がりに差が出てきてしまいますよね。

そこで、是非お気に入りの前髪を作ってくれる美容師さんをみつけてください。

毎回違う美容師さんに前回と同じといった前髪のオーダーを伝えるのはとても大変です。

それに、話しやすい美容師さんならいいですが、そうでない美容師さんにイメージを伝えたり修正をお願いするのはなかなか難しいこともありますよね。

自分の思った通りのぱっつん前髪を作ってくれた美容師さんに毎回切ってもらえると安心ですよね。

ぜひお気に入りの美容院を見つけて、素敵なぱっつん前髪を手に入れてくださいね。


6.自分で切ってみる

ここまで美容院でのオーダー方法を主にご紹介してきました。

しかし、オーダーの内容を念頭に置いて自分でカットすると、お気に入りのぱっつん前髪をキープすることができます。

美容院でやってもらっても、自分で切っても、失敗するリスクというのは常についてきてしまいます。

人にやってもらって失敗されるより、自分で失敗した方が諦めがつきますよね。

しかし、同じ失敗を何度もするということは少ないはずです。

失敗する毎に、自分に似合うぱっつん前髪がわかってきます。

それに、自分で切るとお金がかからなくて経済的であるというメリットもあります。

少し伸びてきたなと思ったときに、すぐに調整できるという点もいいですよね。

美容院で何度か失敗されて後悔したという経験がある方は、是非自分でチャレンジしてみてください。

ぱっつん前髪を上手に維持していこう

顔のイメージを印象付ける大事なパーツなのに、あっという間に伸びてしまうぱっつん前髪。

こまめに長さや重さの調節をして、お気に入りの前髪を維持できるようにしたいですね。