温感ジェルの使い方。部分やせをしよう

最終更新日:2015年7月5日

薄着になると気になってくるカラダのライン。

特に暑いと、カラダを中からも外からも冷やしてしまいがちで、新陳代謝を下げてしまう機会を知らず知らずのうちに増やしてしまっていますよね。

とはいえ、ハードなエクササイズや無理なダイエットで頑張るのは、続かないし難しい・・・そんな方にオススメなのが、お風呂上りに使う温感ジェルです。

今回は、カラダのパーツごとに温感ジェルのオススメの使い方をご紹介します。

1.ウエスト・お腹周りでの温感ジェルの使い方

女性のカラダのパーツでお肉がつきやすいところナンバー1のパーツが、ウエストやお腹周り。

特に水着を着る機会には、一番気になってしまうパーツでもあります。

お腹周りは、実は皮膚が敏感で、少し柔らかい部分でもあるので、丁寧に・念入りにマッサージをしてあげるのがポイントです。

普段、少し角質などが気になる方は、お風呂の中でボディ用のスクラブを使って角質をやわらかくしてあげてから、温感ジェルを使ったマッサージをしてあげると、効果が倍増します。

まずは、温感ジェルを手に取り、ウエストから下腹部にかけて全体的に伸ばしてあげます。

そのときに、くるくると円を描くようにマッサージしながら伸ばすのがポイント。

やさしくマッサージしていくことで、ジェルの温度を利用して、冷えやすいお腹周りの体温をあげてマッサージの効果を高めるのが目的です。

その後、背中側からお腹側へお腹をよせ集めるようにマッサージした後に、上から下へ流すようになでます。

下腹部の部分まで何度も流すのが効果的。

すると、老廃物の流れがよくなり、お腹周りがすっきりしてきます。

このマッサージによって、お腹自体も刺激されて、便通が良くなる効果も期待できます。


2.ヒップでの温感ジェルの使い方

かっこよくショートパンツを履きたいなら、後ろ姿にも気を配りたいですよね。

特に注意したいのが、パンツスタイルで一番目がいくヒップライン。

ヒップがきゅっと上がって見えるだけで、スタイルがよく見えるようになりますよね。

ヒップは、ひとつのマッサージ方法を何度も繰り返してあげるだけで、キレイなラインへと導くことができます。

温感ジェルを手に取り、中央部分から外側に向かって円を描くように、引き上げるマッサージをしてあげるのが最大のポイント。

普段座っているときには体重がかかってばかりいる部分ですので、特にヒップと太ももの境目部分は念入りに。

この部分の皮膚が少し固くなってしまっている方は、温感ジェルを使う前にお風呂の中でスクラブなどを使って、角質を落としてあげてからがいいかもしれません。

ポイントは、ヒップ自体を持ち上げるようにマッサージしてあげること。

持ち上げてマッサージすることで、キレイなヒップラインをつくる効果が期待できます。


3.二の腕での温感ジェルの使い方

女性なら誰しも気になるパーツが、二の腕。

特に二の腕は目に入りやすく、また女性は特に筋肉をつけにくい部分でもあるので、マッサージは特に効果的な方法です。

二の腕には、温感ジェルをのばした後にヒジの部分から腕の付け根部分に向かって、やさしく絞り上げるようにマッサージしてあげるのがポイント。

特に気になる部分は、腕の内側から外側へ引き上げるようなマッサージをしてあげるのが効果的。

実は二の腕も、足と同じように普段の生活でよく使う部分ですので、知らず知らずのうちにむくみやすいパーツのひとつなんです。

引き上げるようにマッサージしてあげることで、老廃物の流れがよくなって、気になるむくみが取れやすくなり部分痩せの効果が期待できます。

ただし、注意したいのが力のかけ具合。

特に二の腕の内側部分は、とっても皮膚がデリケートですので、力をかけすぎるとアザのように赤くなってしまう危険性があります。

細くしたいあまり、力をかけすぎるのは注意です。

適度な強さでマッサージしてみてくださいね。


4.太ももでの温感ジェルの使い方

ぷよぷよの太ももを、すっきりさせたい。

特に足がむくみやすい方には、一番気になってしまうパーツかもしれません。

太ももは、足の中でも筋肉をつけにくいパーツでもあるので、温感ジェルを賢くつかってむくみをとってあげましょう。

まずは温感ジェルを伸ばしてあげた後、二の腕のときと同様にひざ裏から足の付け根部分まで、引き上げるようにマッサージしてあげます。

そのとき、手をグーの形にして指の第二関節でぐっと押しながらマッサージしてあげると、むくみ改善にも効果が期待できます。

またむくみが気になる部分には、ぞうきんを絞るようにぐぐっと、太ももの内側から外側へマッサージしてあげると効果的です。

温感ジェルを上手に使って部分やせをしよう

食べ物やハードな運動などでの無理なダイエットは絶対禁物。

暑くなってきても、ときにはゆっくり湯船につかってカラダ全体を温めて代謝をよくすることも大切。

新陳代謝をアップしてからマッサージするのは、より効果倍増です。

温感ジェルを賢く使って、夏本番に向けて部分痩せを目指しましょう。