プールデートの時に女性が持って行きたいグッズ6つ。夏のプールだからこそ持っておくと便利なものとは

恋愛 デート最終更新日:2019年6月12日

うれしはずかしプールでのデート。

彼のためにちょっぴり大胆な水着を選んでしまったり、ダイエットをがんばったりプールデートは愛しの彼にあなたの女子力をアピールする絶好のチャンスです。

そんなプールデートに持っていくと相手の男性から好印象のグッズがいくつかあります。

それらを揃えて素敵な女性らしさをプールで見せつけましょう。

プールデートにはウェットティッシュがあると便利

いきなり地味なアイテムですが、これが案外すごいんです。

男性はティッシュはおろか、ハンカチすらなかなか持ち歩かないという人が多いですよね。

プールサイドで何か食べたり飲んだりするとき、どうしても食べる前に手をふいたり、フライドポテトなどの油ものを食べた後に汚れた手をふいたりしたいものです。

そんな時にあなたがサッとカバンの中からウェットティッシュが出せたら、彼も「お」と思うことでしょう。

気が利く女性をアピールできますので、彼のあなたへの評価もきっと上がるはずです。

夏場はいつも手がベタベタしやすいものです。

いちいちトイレに立つのもプールだと面倒ですよね。

そんな時にもウェットティッシュは特に有効なアイテムです。

ビニールでできたチャック付き小分け袋があると濡れずに便利

ビニールでできたチャック付きの小分け袋は、水辺のレジャーには必携品ですよね。

とくにプールデートでは、濡れた水着や濡れた浮き輪などを入れるのには絶対に必要です。

たくさん泳いで着替えも済ませ、さて帰ろうというときに「濡れた水着を入れて帰るものがなかった」と気づいてしまう彼かもしれません。

少し多めの枚数を用意しておきましょう。

こうしたビニールの小分け袋はさまざまなシーンで、必ず役に立つことでしょう。

ビニールでできたチャック付き小分け袋は食品用の小さなものもありますが、小さなサイズではなくて、マチ付きの大判のものがあるとベターです。

身体をふいたバスタオルまで畳んで入れる事ができれば、カバンや車を汚さずに済みます。

チャック付き小分け袋は、最近は100円均一ショップなどでも簡単に手に入りますので、ぜひカバンに忍ばせておきたいアイテムです。

手作りのドリンクがあると彼に好印象

水が周りにたくさんある環境でも、運動していれば体内の水分はどんどん減っていってしまいます。

特に夏場は、自分でも気がつかないうちに脱水症状を起こしやすいので注意が必要です。

そういった場合に備えて、キンと冷やしたオシャレなドリンクを手作りして持っていきましょう。

ドリンクの手作りはお手軽な部類に入りますが、意外にも手作りドリンクを持っていくという女性は少ないものです。

男性側も「彼女の手作りドリンクを飲む」というシチュエーションに憧れを抱いている場合が多いため、簡単なものでも構いませんのでぜひ挑戦してみてください。

ラズベリーやバナナ、炭酸水などを使って、オリジナルのオシャレなドリンクを作っていくと、あなたの女子力の高さに彼もドキッとしてしまうはずです。

それでも面倒だなあという人は、粉のスポーツドリンクを水に溶かすだけのものでも構いません。

にっこり笑って彼に「ドリンク、作ってきたよ」と差し出せば、あなたの健気さに彼もキュンときてしまうはずです。

その際はクーラーボックスを忘れないようにしてください。

せっかくのおいしいドリンクも、ぬるくなってしまうと台無しです。

クーラーボックスは少しかさばりますが、最近では軽量でコンパクトなものも売っていますのでこれを機にひとつ購入しておきましょう。

冷たいおしぼりがあると彼は喜ぶ

せっかく手作りのドリンクを冷やして持っていくのであれば、ついでにクーラーボックスにおしぼりも入れておきましょう。

いくらプールデートとはいえ、夏場のことなので熱中症の危険もあります。

ちょっと体温を下げるのに、冷たいおしぼりはとても役に立ちます。

また、プールデートでは、帰りにせっかくシャワーを浴びても、混雑した更衣室で着替えたらまた汗だく…ということにもなりやすいですよね。

そんなときにも、冷たいおしぼりは大活躍してくれます。

使い捨てのものならかさばらず、機会を見て捨てていけるのでより便利です。

おしぼりを冷やして持ってきてくるようなよく気が利く女性は、めったにいませんので彼もきっとびっくりしつつ嬉しがってくれるはずです。

こういったところで、ほかの女性との差をつけてしまいましょう。

小銭と小銭入れがあるとプールサイドで便利

プールサイドで何か食べようかとお店を覗いたときに「あ。お財布がない」とふと気づくこともあるでしょう。

また、使い慣れたお財布を持ってきていたとしても、濡れた手では高額紙幣は取り扱いにくいものです。

それに、プールサイドにあるような小さなお店ですと、高額紙幣では大量にお釣りを渡すことになってしまうため、店員さんから嫌がられてしまいますよね。

このように店員さんに迷惑をかけないためにも、2〜3千円分くらいの額の小銭を持っていくと良いでしょう。

彼からも「そんなところにまで気が回るなんて、本当に良い子だな」と思われます。

また、その小銭を持ち歩くための直接身につけられる小さな小銭入れを持っていると意外と重宝します。

両手があくようなポシェットタイプがオススメです。

どうしても濡れてしまいますので、濡れても問題ないようなビニール素材のものですとなお良いでしょう。

ちなみに、あなたが小銭を持っているからと言って、彼の前で堂々とお支払いをしてしまってはいけません。

彼の男性としてのプライドを傷つけてしまう恐れがあるからです。

彼がお店を決めて、食べるものも決めた時点で、彼に小銭を渡してあげましょう。

お金を彼に渡すときには、お店の人から見えないように、こっそりと渡してあげてください。

そういったちょっとした心遣いが、彼にとってはぐっとくるポイントです。

意外と忘れがちな防水の日焼け止めクリーム

プールデートで意外と忘れてしまいがちなのが、防水の日焼け止めクリームです。

「もう家で塗ってきたから大丈夫」というような方であっても、防水の日焼け止めクリームは必ず持っていきましょう。

なぜなら、いくら防水のものでもプールで動きまわっていると必ず日焼け止めクリームが落ちてしまうからです。

そのため、休憩中には最低でも1回は塗りなおすようにしてください。

そのときに、彼にも一緒に日焼け止めクリームを塗ってあげると彼は絶対に喜びます。

プールサイドで自分に日焼け止めクリームを塗ったあとに、彼に「うしろ向いて」とかわいく言って、彼の背中に日焼け止めクリームを塗ってあげましょう。

彼はあなたの想定外な行動に、絶対にドキドキしてしまうはずです。

ただし、イチャイチャしすぎるのはNGです。

デートとはいえ、そこは公共の場ですし、小さな子どももたくさんいると思いますので、ほかの人が見ていて目のやり場に困ってしまうような行動は避けましょう。

ちょっとした持ち物でプールデートがグッと楽しくなる

どれもちょっとしたアイテムですが、たったこれだけでもプールでのデートがグッと楽しくより快適になります。

普段のデートと比べると少し荷物にはなりますが、あなたの気遣いとセクシーな水着姿で彼のハートを鷲掴みにしてください。

 

    「プールデートの時に女性が持って行きたいグッズ6つ。夏のプールだからこそ持っておくと便利なものとは」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く