野球のスタジアム
   

プロ野球に女性が関われる職業3選

仕事/ビジネス最終更新日:2014年10月11日

プロ野球選手は難しいけれど何かしらの形で関わりたいという女性、いますよね。

プロ野球に関われて女性にもできる仕事というと、
真っ先に思い浮かぶのがアナウンサーやスポーツ記者が真っ先に思い浮かぶかもしれません。

しかしこれらの職種に就くのは狭き門ですし、
苦労の末採用をゲットしたとしても、必ずしもプロ野球の担当になれるとは限りません。これら以外の職業でプロ野球に関われて女性でも就ける仕事を紹介します。

1.スポーツドクター

プロ野球選手が最も恐れているのが、試合中や練習中の怪我による戦線離脱です。

プロ野球ニュースでたまに「○○選手が怪我により今季絶望となりました」という報道を聞くことがありますよね。これは、一般人が考えているより何十倍も、プロ野球選手にとってつらいことなのです。

怪我で試合に出られなければ収入もなくなりますし、離脱期間が長くなると他の選手にレギュラーを奪われてしまうという不安が募ります。

最悪の場合プロ野球引退の危機に追いつめられることもあります。

スポーツドクターは選手の怪我を1日も早く治すことはもちろん、精神面でも支えていくことが求められます。まさにプロ野球選手と2人3脚で怪我と闘っていくわけです。

スポーツドクターになるにはスポーツ医学を学べる大学に行って医師免許を取得しないといけませんが、プロ野球に一生関わっていきたいと本気で考えている人なら、乗り越えることができるでしょう。

2.プロ野球の球団事務所の職員

転職サイトや求人サイトを毎日チェックしていると、プロ野球球団事務所の職員募集を時々見かけます。

正社員の募集は少ないですが、派遣社員やアルバイトの募集なら年に数回行なっているプロ野球球団はいくつかあります。大人気の仕事なので、見つけたら即応募しないとすぐに募集受付終了になってしまいますが、プロ野球チーム・選手を縁の下で支えるやりがいのある仕事です。

球場での観戦チケットやオリジナルグッズも入手しやすくなりますし、試合がある時間帯は仕事しながらTV観戦をOKしている事務所もあります。文字通り、プロ野球に囲まれての仕事です。

3.Webライター・プロブロガー

どんな女性でも資格や経験などなくてもすぐに始められるのが、大好きなプロ野球のことや選手達のことについてブログ記事を書いて投稿するWebライター・プロブロガーです。

その記事の中でプロ野球や選手に関連する商品を紹介し、そこからアフィリエイト収入を得たり原稿料を得たりします。

安定した収入を得るには、かなりの努力とちょっとしたテクニックが必要ですが、免許等不要で採用試験もないので、プロ野球が好きなら女性でもすぐに始めることができます。

最近はブログで実際に生計を立てている人も増えてきていますので、あなた独自の切り口や着眼点があれば、成功率は高まります。しかも有名ブログになれば、選手達も読んでくれる可能性があります。

プロ野球選手も人の子ですから、自分がWeb上でどういうふうに書かれているか気になるので、自分の名前で検索することもあるのです。選手が自分のブログを読んでくれるかもと考えただけでも、夢が広がりますよね。

プロ野球に関わる仕事と一言で言っても、直接的に関わる仕事から間接的に関わる仕事まで実に様々です。
何かしらの形でプロ野球と関わりたいという女性は様々な選択肢があるということw

 

    「プロ野球に女性が関われる職業3選」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。