仕事が心配で眠れない時に寝付く方法

最終更新日:2017年1月9日

仕事のことが気になって寝られないという経験をしたことがある人は少なくないのではないでしょうか。

人間は心配なことがあると神経が興奮していて、布団に入ってもなかなか寝付けないからです。

仕事のことが心配で寝られないという時には、どのように対処をしたら良いのでしょうか?

1.何とかなるという気持ちで自分を落ち着かせる

仕事のことが気になって仕方がない時には、仕事のことで頭がいっぱいになっていて、心配する気持ちから不安がふくらんでいます。

そういった状態で寝ようとしても、不安が頭の中をよぎってリラックスして眠りにつくことができません。

仕事のことが心配で寝付けない時には、何とかなるという安心できる材料をたくさん頭の中に思い浮かべてみましょう。

周りが協力してくれて乗り越えられる、今までも同じような場面で何とかなってきたなど大丈夫であるという根拠をたくさん挙げていきそれによって気持ちを落ち着かせるようにしましょう。

気持ちが落ち着くことによって、眠りにつきやすくなります。

2.眠らないといけないという考えない

眠れないといけない時には、ついつい早く寝たい、明日の仕事に支障が出たらどうしようなど焦りを感じてしまいます。

しかしこのように焦りを感じて寝よう、寝ようとすると余計に神経が興奮して寝付けなくなってしまいます。

仕事の心配に寝ないといけないという焦りが加わると、より眠れなくなります。

そのために眠らないといけないという気持ちを捨てて、眠れなくても大丈夫、眠れるまで起きていようという風に気持ちを切り替えてみてください。

寝よう、寝ようとしないことで、寝付きやすくなります。

3.ホットミルクを飲む

ホットミルクを飲むことで体を温めて、リラックスをして、寝つきが良くなる効果があるということはよく知られています。

心配ごとがあって寝付けずに困るという時には、一旦起きて牛乳を温めて飲んでみましょう。

リラックスした気持ちでホットミルクを飲んで布団に入ると、眠りに効果があります。

簡単にできることなので、一度試してみてください。

4.リラックスできる音楽を聴く

仕事の心配が頭から離れない場合には、考えない、考えないと思っていても自然と頭の中に心配事が浮かんできていて、眠りを妨げてしまいます。

寝付けない時にはリラックスできる音楽をかけたり、FMをかけたりしてそれを聞きながら眠るということは効果的です。

寝つきに効果があるCDなど水の音や小鳥のさえずりなどが入っている音楽をレンタルしてきて聞くのも良いですし、自分の好きなリラックスできる音楽を聞くことも効果があります。

5.自分の気持ちを誰かに相談する

仕事のことが心配で寝付けないという状態の時には、仕事に関して相当のストレスを抱えている状態になります。

それを一人で抱え込んでいないかどうか振り返ってみましょう。

誰にも相談していないという場合は、誰かに気持ちを話す、理解を得ることで気持ちが落ち着き、寝付けるようになる場合があります。

眠れないという状態が気になっている時には、仕事で感じているストレスを相談して理解者になってくれる人の力を借りましょう。

心配事が解決しない場合でも、聞いてもらうだけで楽になるということは多分にあります。

6.心療内科で睡眠薬を処方してもらう

眠れないということが一時的なもので数日だけなら良いのですが、それがかなり長い間続いている、目安として二週間以上続いているのであれば不眠症になっていることが考えられます。

自分の努力だけではどうにもならない場合には、心療内科などを受診して睡眠薬を処方してもらうことも効果的です。

人間は睡眠をとれない状況が長く続くと、精神的に追い込まれていき、どんどんマイナス思考に陥ってしまいます。

そうなると仕事でも悪循環が起こってしまいます。

眠れないという状態が深刻な場合には、一時的に薬に頼って解決するという方法がオススメです。

睡眠薬には依存性が低いものもたくさんありますし、お酒などに頼って寝付くというよりは、健康的であることが言われています。

ストレス社会の中で眠れないという状態に悩まされている人は少なくありませんし、睡眠薬に頼ることは珍しい特別なことではありません。

仕事が心配で寝付けない状態を解消しよう

このように仕事での心配で寝付けないという場合には、様々な対処方法があります。

まずは自分でできることをやってみて、それでも無理ならば睡眠薬の力を借りるということを考えてみましょう。

眠れないという日は誰にでもありますが、ストレスが原因になっていることがわかっているのであれば、それをどうやって解消するか考えて行動を起こすことが大事です。

眠れないことが日常生活において支障を来している、眠れないことでストレスが増していると思う状態にならないように、早めに対処することが大事ですし眠れない日々が続くとそのままにせずに早く寝つきが良くなるように受診をすることが大事です。