パンプスが脱げないようにする方法。パカパカ脱げるのを解消しよう

最終更新日:2016年7月6日

凄く気に入って買ったパンプスなのに、楽しみにして履いて歩いてみたらパカパカ脱げてしまうなんで事があります。

とってもがっかりでもう履けない、返品しようかなとか考えてしまいますが、履ける方法があります。

是非履ける方法を試して、折角気に入って買った靴です。

大切にウキウキしながら履いていきましょう。

1.お気に入りのベルトでとめてパンプスと一緒にコーディネートを楽しみましょう

パカパカ脱げてしまうパンプスは、ベルトでとめてしまえば、お気に入りのパンプスとファッションとして楽しんで、脱げるのを気にせずに思いっきり行動する事ができるようになります。

パンプスと足を固定してあるので、脱げる事がないので、脱げる事を気にする必要がなく思い切り足を動かす事ができます。

脱げてしまうのならば固定するというシンプルな発想ですが、これだけでお気に入りのパンプスがパカパカ脱げる事を気にする事なく、履く事ができます。

最近は値段も安い物から、高いものまで、100円ショップや靴屋さんで購入する事ができます。

デザインも可愛い物から、シンプルな物であれば透明な物まで色々あります。

何個か買っておくと、洋服を選ぶように、パンプスとバンドを一緒にファッションとして楽しめます。

透明な物ではサイズを調整できるものあります。

最大5段階に調整できる物もあるので、とても便利です。

朝履いて出た時と夕方の足がむくんだ時では足のサイズが違うのでそういった状況にも簡単に調整機能が付いていれば出先でも簡単に調整する事ができます。

その他にもパーティー等の少しきちんとした場でも使える、パール付きの物までありますので、これだとベルトには見えず靴のデザインの様にも見えてオシャレです。

この様に色々なバントがありますので、パンプスを選ぶようにバンドも楽しんで選ぶ事ができます。


2.ジェル素材の中敷きクッションで足とパンプスをくっつける

パンプスのつま先の部分に貼るジェル素材の中敷きクッションがあります。

それをパンプスのつま先の内側に貼りつけて、パンプスと足が離れないようにする方法です。

こちらは各メーカーによってデザイン、値段は様々です。

透明な物が多いのですが、可愛い柄が描いてある物もあります。

内側に貼るので履いている時は見えないのですが、脱いだ時が気になる方には、柄が描いてある物を選ぶといいです。

可愛い物であれば、透明なクッションにピンクのリボンが描いてある物もあります。

これだとふいに靴を脱がなくいけなくなった時も堂々と人目を気にせず、人前で脱げます。

そしてこの方法のいい所は、パンプスの中に貼るだけなので、今迄と何も変わらずパンプスを履いたり脱いだりできるところです。

素材がジェル素材ですので、くっつく感じがあって気持ちいいです。

特に夏等は気持ち良いでしょう。ただしこの方法は素足でパンプスを履く場合のみです。


3.かかと脱げ防止クッションを使う

かかと脱げ防止クッションがあります。

パカパカするのは隙間があるので、その隙間をこのかかと脱げ防止クッションを貼って埋めてしまうとかかとが浮きにくくなって、脱げにくくなります。

靴屋さんや靴売り場で、パンプスの内側の布をはいでそこにクッションを入れて、パンプスの大きさを小さくするという方法もあるのですが、この方法は作業をしてもらわないといけないので時間もお金もかかります。

かかと脱げ防止クッションを使うと、パンプスが脱げるのを防止すると同時に靴ずれも防ぐことができるので、一石二鳥です。

このかかと脱げ防止クッションも100円均ショップや靴屋さんで購入する事ができます。

この方法も靴を痛めることもなく、そして足も痛めることがないので手軽にできる方法です。

パンプス選びは沢山デザインやサイズがある中で、なかなか気に入ったデザインで、しかもサイズが合った物に出会えるのはなかかなか難しいです。

そして折角お気に入りのパンプスを見つけてサイズも合って試着もして購入したのに、実際に家に帰って履いて歩いてみたら、かかとが浮いてパカパカしてしまって、履けないかもと肩を落としてしまった経験がある方が多いでしょう。

最近では色々なグッズが、安い物であれば100円からあります。

そして機能も自分のサイズに合わせて調整できる物も沢山あります。

デザインも沢山ありますので、それこそパンプスを選ぶ時の様に気に入った物を探す楽しみもあります。

パンプスが脱げてしまわないようにしよう

やはり、脱げてしまうまではなくてもパカパカすると気になって足首に力を入れてパンプスを引っかけて歩くなど、非常に歩きにくく、気になる状態になってしまいます。

見た目もどこかぎこちない変な歩き方になってしまします。

そういった悩みを解消する為に紹介した方法はどれも靴に何か加工したり、足にも何かする方法ではありませんので、安心して使用する事ができます。

靴が可愛いと気分もかなりいいものですし、大事な足ですので履き心地がいい物を履いていたいと思いますので、パンプスと一緒にこういったグッズを利用して長く大切に履いていきたいです。