理想のカップルの特徴。仲良くいつまでも初恋の様な関係

最終更新日:2015年12月29日

あなたの周りにも理想のカップルがいるでしょうか。

あんな風に私たちもなりたいと思いつつも、なにが違うのかよく分からないという方いるのではないでしょうか。

そこで今回は理想のカップルにはどんな特徴があるのかご紹介します。

1.無理していない

カップルの中には「私たち仲がいいよね」アピールをしているカップルもいます。

みんなに見せつけるようにイチャイチャして、いかにも仲良しカップルであることを周囲にアピールしてきます。

確かに仲のいいことはわかりますし、二人が愛し合っていることもわかります。

しかし、そんな二人を見てもあまり理想のカップルとは感じないかもしれません。

むしろ一時だけ盛り上がっているのか、必死に仲のいい様子をアピールしたいのだろうかと感じるかもしれません。

それよりも、その二人がお互いに素の自分を出すことができて無理なく接している姿のほうがよっぽど好感をもてるでしょう。

ありもままの姿をさらけ出し、それをお互いが受け入れ大切にしているのは素敵なことではないでしょうか。

きっとこの二人は二人きりになっても、この穏やかでさわやかな雰囲気なんだろうなと周囲の人が感じ取れることは理想のカップルと言えるでしょう。


2.二人でよく笑っている

二人にしかわからない話やネタでクスクス笑っている姿はとてもほほえましいでしょう。

みんなの前で無理して仲のいいカップルの演じているのではなくて、普段から笑いあえる関係ができているのは理想です。

もちろんみんなの前でそれをされるのは場の空気がしらけますし、空気が読めない二人になってしまうので逆効果です。

でも、二人だけで話している姿を見るときにいつも会話がたくさんあって面白いこと・楽しいことを共有している二人なんだと感じうらやましくなります。

二人のなかにいつも笑顔があることとそれを互いに共有していることは理想のカップルの特徴です。


3.女性がのびのびしている

物理的にも精神的にも女性のほうが弱く感情に波ができやすいかもしれません。

ホルモンバランスが崩れると悲観的になったり感傷的になることはだれでもあります。

そんな時にも男性が暖かく見守ってくれている姿は女性としてとてもうらやましいのではないでしょうか。

こういう時期もあるよな、と辛抱してくれてその女性の波に付き合ってくれる男性はなかなかいません。

女性が感情的になっても支えてくれて根気強く接してくれる彼氏・旦那さんとの関係は理想的です。

彼女・奥さんは本当に愛されているんだなと感じますし、ここまで感情を表に出せるぐらい女性がのびのびしていられるのもすてきな関係です。


4.いつまでも初恋のような関係

人間は慣れてくると最初の感情を忘れてしまいます。

恋人や夫婦も一緒にいる時間が長くなればなるほど相手の欠点や弱点が見えてきて相手への接し方に配慮がなくなってしまいます。

しかし、いつでも最初の気持ちを忘れずにお互いに感謝の気持ちを持って接している姿はとてもすてきです。

お互いに敬意をもっていることを、話し方・口調・態度・目線などによって相手に伝えることができるのは理想の二人の特徴です。

いつまでも初恋のような初々しさをもつのは難しいかもしれませんが、最初に相手に対して抱いた感情を思い出すなら今の相手の良い点が見えてきて最初のころの気持ちになれるかもしれません。

そんな関係性を築くことができているカップルは理想ではないでしょうか。


5.相手のことを褒められる

褒めてもらうのはとてもうれしいことです。

自信がつきますし、自分でも気づかなかった一面に気づくことがあります。

ましてや、彼氏・旦那さんから褒めてもらえるのはさらにうれしいことです。

それも人前で「僕の彼女はこんな点が魅力的だ」「僕の妻のこんなところが好きだ」だどと言ってもらえると、うれしくて赤面してしまうのではないでしょうか。

同じように彼氏・旦那さんのことを人前で褒めて「こんなすばらしい点をもっている人なんだ」と素直に話せる人は素敵です。

日本人は恥の文化なので身内であればあれほど褒めることをしません。

逆に、けなすことのほうがいいと思う人もいるかもしれません。

しかし、一番身近にいて大切にしないといけない人を褒めないのは寂しいことです。

せっかくほかの人の知らないいい点・素敵なポイントを知っているのなら、人前でも褒めてお互いを大切に想っていることを表現できるのは理想です。

理想のカップルの特徴

理想の二人の特徴をご紹介しました。

いつも相手への配慮や親切を持っていられることが理想のカップルの特徴なのかもしれません。

それが片方だけではなくて、お互いにそうすることができるのは重要なポイントです。

しかし、周囲の人に理想のカップルだと思ってもらいたいと気負うのは逆に理想のカップルから遠のくのかもしれません。

それよりも、そお二人が自然体の姿でいられるのを周囲の人が見るときにはじめて理想のカップルになれるんです。