両思いになれるおまじない6選。女子力アップにもつながるおまじないをしよう

最終更新日:2015年1月3日

恋愛のなかで一番楽しい時期とも言われる「片思い」。
でも好きな人ができたからには両思いになりたいものですよね。

そこで両思いになれるおまじないをいくつかご紹介します。

簡単にできるものもたくさんありますよ。
両思いになれるおまじないを通して、あなたも自分に自信がついて積極的になれるかもしれません。

1.紙を使ったおまじない

・白い紙にピンクのペンを使ってハートの形を書きます。
そのハートの右側に赤いペンを使って自分の名前を書き、左側に青いペンを使って好きな人の名前を書きます。
次にハートをピンクのペンで塗りつぶします。

その紙を英和辞書の「LOVE」の単語が載っているページに挟んでおきます。

・1cm×10cmの紙に赤いペンを使って好きな人の名前を書きます。
この紙を小指に結びつけたまま一晩寝ます。
朝になってもこの紙が取れずに小指に残っていたら、両思いになることができます。

・好きな人に紙に名前を書いてもらいます。
次に好きな人の名前の右側に自分の名前を書きます。
それをおまもりとしていつも持ち歩きましょう。

・ハート型の赤い紙を2枚用意します。
それぞれに好きな人の名前と自分の名前をフルネームで書きます。
次にその2枚の紙を名前を書いたほうが内側になるように張り合わせ、それをおまもりとしていつも持ち歩きましょう。

2.折り紙を使ったおまじない

・ピンクの折り紙の裏の白いほうに、ピンクのペンを使って相合傘を書きます。
このとき左側に好きな人の名前を、右側に自分の名前を書きましょう。
次に唇にリップを塗ってその折り紙を軽くくわえます。

そのまま「恋の神様ありがとう」と心の中で3回唱えましょう。
その折り紙を四つ折りにして、おまもりとしていつも持ち歩きましょう。

・銀色の折り紙の裏の白いほうに、好きな人の名前と自分の名前を書きます。
この折り紙を銀色のほうが表になるように三角形に折り、さらにまた半分の大きさの三角形になるように折ります。

これを満月の光に一晩当てて、次の満月の日まで毎日持ち歩きましょう。

・青と赤の折り紙を1枚ずつ用意します。
青の折り紙の裏の白いほうに好きな人の名前を書き、赤の折り紙の裏の白い方に自分の名前を書き、それぞれの折り紙で鶴を折ります。
できあがったら、二つの鶴の羽の部分をホチキスでとめ、ペンケースに入れておきます。

3.シャープペンシルを使ったおまじない

・シャープペンシルを好きな人の名前の文字数だけノックし芯を出します。
そのまま芯がなくなるまで紙に好きな人の名前を書き続けます。
芯を折らずに最後まで書くことができれば両思いになることができます。

・好きな人の名前と自分の名前の文字数だけシャープペンシルをノックし芯を出します。
そのまま紙にハートの形を書いて、芯が折れないようにそのハートを塗りつぶします。
芯を折らずにハートを全部塗りつぶすことができれば両思いになることができます。

・シャープペンシルに自分の一番好きな香水をつけます。
次に好きな人の名前の文字数だけシャープペンシルをノックし芯を出します。
そのまま紙にハートの形を書いて、芯が折れないようにそのハートを塗りつぶします。
芯を折ることなくそのハートを全て塗りつぶすことができれば両思いになることができます。

4.消しゴムを使ったおまじない

・新品の消しゴムのケースで隠れる部分に、緑色のペンを使って好きな人の名前を書きます。
その名前をハートで囲み、ケースを元に戻します。
この消しゴムを誰にも触られないように最後まで使い切ることができれば両思いになることができます。

・新品の消しゴムのケースで隠れる部分に、自分の名前を書きます。
この消しゴムを一度だけ好きな人に使ってもらいます。
その後、この消しゴムを誰にも使われずに最後まで使い切ることができれば両思いになることができます。

・ピンクの消しゴムに赤いペンを使ってハートの形を書きます。
次に黒いペンを使ってハートの中の右側に好きな人の名前を、左側に自分の名前を書きます。
これをペンケースに入れ、誰にも見つからずに1ヶ月過ごすことができたら両思いになることができます。

・好きな人の名前をシャープペンシルや鉛筆を使って紙に100回書きます。
それを消しゴムで消し、その消しゴムのカスを小瓶に入れておまもりとして持ち歩きます。

5.コスメ・アクセサリーを使ったおまじない

・新品のピンクの口紅やリップを用意して、根元のほうに針で好きな人の名前と「LOVE」と彫ります。
これを誰にも使われずに最後まで自分で使い切ることができれば両思いになることができます。

・いつも使っている手鏡に隅っこに、ピンクのマニキュアを使って好きな人のイニシャルを書きます。
この手鏡を誰にも使われないように1週間過ごすことができれば両思いになることができます。
1週間たったら、マニキュアで書いたイニシャルは除光液を使って拭き取っておきましょう。

・左手の小指にピンキーリングをします。
こうすると、幸せが逃げていかないので好きな人と両思いになることができます。

6.花を使ったおまじない

・花びらを「好き」「嫌い」と言いながら一枚ずつとっていき、最後の一枚が「好き」で終わった花びらを手帳にはさんで毎日持ち歩きましょう。

・赤・白・ピンクの3色のチューリップの球根を用意します。
その球根の根元の部分に黒いペンを使って好きな人の名前を書きます。
これを植えて花を咲かせることができれば両思いになることができます。

・白い紙の上に自分のお気に入りのアクセサリーを1つのせます。
その上から赤いバラの花びらを10枚散らします。
これを24時間動かさないように置いておき、その後、このアクセサリーをいつも身に着けておきましょう。

おまじないは女子力アップにもつながる

おまじないはすぐに結果がでないものもありますが、好きな人のことを想っていろいろなことをするだけで、自分の気分も上向きになり表情も明るくなるので、あなたの女子力アップにもつながります。

また、おまじないは、あなたの信じる心がまっすぐで清らかなものであればあるほど、効力も強くなります。
ぜひ純粋な心でおまじないを試してみてくださいね。