恋と愛の違いを知ろう。恋は求め愛は与えるもの

最終更新日:2015年8月2日

映画を見ていると気づきますが、外国人の人は良く「I love you」と口にしています。

しかしそれを日本語に訳すと「愛している」となるのですが、あまりにも日常で愛という言葉を口にすることが少ない私たちには違和感を感じてしまいます。

「好きだよ」と訳すと「love」ではなくなるなど、この恋と愛にはとても深い関係があるのです。

ここでは恋と愛の違いについてご紹介します。

1.恋とは求めるもの、愛とは与えるもの

まずは恋愛に当てはめて考えてみます。

恋をしている状態は相手に何かを求めていると言えます。

もし片思いであれば、相手に振り向いてほしい、相手のことをもっとよく知りたい、相手にもっと自分を知ってほしいと、自分と相手との距離を縮めたいという欲求や、自分が彼にこう見えていればいいななどという願望がたくさんある状態です。

両想いになったら手を握ってほしい、抱きしめてほしい、洋服を褒めてほしい等、~してほしい、~したいと相手に何かを求めていることが多いと言えます。

これが恋です。

逆に愛はどうでしょうか。

愛とは男女の間だけではありません。

母親から子供へ、家族へ、ペットへと愛はもっと広い範囲で存在します。

母親が赤ん坊をだっこしている時、母親がだっこすることで相手に何か見返りを求めているでしょうか?ペットを飼うことも同じです。

赤ん坊もペットも、人の手を借りないとできないことがたくさんあります。

排せつや食事、着替え、お風呂等、人は愛をたくさん注ぎますが、それは見返りとしてかえっては来ません。

そして与える側も求めてはいないのです。

つまり愛とは相手に何を求めているわけでもなく、自分が与えたいと思うことです。

恋とは相手に求めるもの、愛とは自分が与えるものであると言えます。


2.恋は1人に、愛は複数に

恋愛とは2人の間で起こります。

片思いも同じです。

相手の気持ちは分かりませんが、1人の人が誰か特定の人を好きになるのが恋愛です。

たまに2人の人を同時に好きになってしまったという人がいますが、正確にはそれは恋とは言えません。

恋とは思い焦がれることであると言われます。

相手のことを思って眠れなかったり、どこに居ても相手を目で追っていたり、相手のことが頭から離れないのが恋です。

2人のことを同時に好きになったのであれば、それは2人ともに「恋をしている」のではなく思いを寄せ、気になっている存在であるか、単に「惹かれている」と言えます。

逆に愛は複数の人間の間でも起こります。

恋人はもちろん、家族や見ず知らずの人にも愛を与えることができるのです。

ノーベル平和賞を受賞したマザー・テレサはまさにこの不特定多数の人に愛を与えた人物です。

彼女は貧しい人を救う為裕福な暮らしを捨て、資金や食べ物集めに翻弄しました。

そして彼女の言葉には「愛の反対は憎しみではなく、無関心である」という言葉があります。

恋は1人以外の人には関心を持っていません。

しかし愛は関心を持つ人すべてに与えられるものです。

そして相手に何か求めず自分で何を与えられるのかを考えることこそが、愛です。

つまり、愛する人の人数を限定することはできないということです。


3.恋とは不安定、愛とは安定的である

人は時に、恋をすると不安定になります。

相手の行動や言動に一喜一憂したり、本当に彼は自分のことが好きなのかどうか不安になることもあるでしょう。

もちろん、その不安定な理由は自分が相手を求めているからです。

相手に私だけを見てほしいのに、相手は自分の存在に気づいてくれないとしたら悲しくなるのも当然ですし、急に彼の女友達に嫉妬心が芽生えたり、次の日にはどうしようもなく好きだと感じたり、感情はコロコロと変わっていきます。

どんなに一生懸命考えても、相手の気持ちは相手から言われない限り正確には理解できません。

空気を読むというのは、「相手がこう考えているだろう」というあなたの考えでしかないのです。

だからこそ不安になり、相手の気持ちに確認が持てなくなってしまいます。

また、自分の相手に対する好きという気持ちが優先される日と、相手の自分への気持ちが何よりも大切で気になると感じている時があり、それが変化しているためだと考えられます。

しかし愛はどうでしょうか。

男女間における愛には多少の気分の上下はあるものの、愛の目的は多くの場合明確であると言えます。

自分が相手に~してあげたい、彼に喜んでもらいたいと自分が相手に何かを求めることなく、自分が何かを与えることで愛だからです。

目的が明確であり、それには相手の反応や考えがそれほど影響されないとなると愛する人の気持ちは常に安定的です。

こうした気持ちの違いも恋と愛の大きな違いの特徴の1つだと言えるでしょう。

恋と愛の違いを知って恋愛をしよう

恋と愛の違いをご紹介しました。

日本人は愛しているという言葉を使うことに抵抗を感じやすいですが、お互いに思いあう日本人は愛をたくさん持っている民族であると言えます。