片思いの男性に好意をさりげなく伝える方法とは。好きな気持を自然に伝えてアプローチしよう

付き合う前の恋愛最終更新日:2019年1月7日
好意を伝える女性

人を好きになるとどうやってアプローチすれば良いのか悩みますよね。

若いときは若さに任せて勢いでガツガツとアタック出来たのに、
年齢を重ねれば重ねるほど慎重に傷つかないようにアプローチしがちです。

そこでガツガツ出来ないけれど、
さりげなく好きと相手に気付いて欲しいという的に効果的な方法をご紹介します。

さりげないアプローチを適切に行うことで、相手に気付いて貰えることができます。
いくら消極的だとはいえ、少しでも好きということに気付いてもらえなければただの片思いで終わり、
違う人にタッチの差で取られてしまう可能性さえあります。

そんな悔しい思いをしないために、さりげなく好きと相手に伝えたいですよね。

男性に好意をさりげなく伝える方法1:連絡をまめにとって、一緒に遊ぶきっかけを作る

好意を伝えるためにメールは必ず返しましょう。
変な意地や駆け引きは必要有りません。

少し日にちを置いてからの方が少しは気にしてもらえるかな、
返事が遅いから自分も遅く返そうと言う気持ちはハッキリ言って無駄です。

相手はとても好きならば返事が遅いと気にすることはあるかもしれませんが、
初期の気になる前くらいならば、お互いどんな人間かも解らないのに
返事が遅いなということなんて気にもしません。
ただマイペースなんだなと思われるだけです。

それならば素直にまめにメールを入れて、文面には相手に興味が有りますよと言うような内容を書くことです。

趣味はなんですか?と聞いてサッカーを観ることですと答えてくれば、
サッカーのルールはよく解らないけれど今度一緒に観に行きたいですと伝えてみます。

すると、裏を返せばきっかけを作って自分と遊びたいのかなと思われます。
さりげなくアピールすることが出来るのです。

男性に好意をさりげなく伝える方法2:飲み会でその人だけにスキンシップを

飲み会の席で好きな相手だけに軽いスキンシップをしてみると解りやすいです。

他の人には絶対に触らない触らせないちゃんとした距離感で接する事で、
この子はなんで自分にだけスキンシップしてくるのだろう?と思われます。

しかし、スキンシップと言っても過剰なものは絶対にダメです。
ただの遊び人に思われてしまいます。

例えば席を立つときに膝や肩に触れる、
顔が熱いと言いつつ頬を触らせるなど本当にちょっとした感じで結構です。

その意中の人以外にはそんなことしないことで
さりげなく言葉を使わずアピールすることが出来ます。

男性に好意をさりげなく伝える方法3:ちょっとしたお土産をこまめに贈る

例えば旅行へ行ったお土産をあげたり、どこかに遊びに行ったお土産を渡すといったことをしてみましょう。

他の人にもあげて構いませんが、彼にはプラスして渡すなどちょっとした特別感を演出しましょう。

そうすることで、他の男性にはあげていないのに自分にだけくれているということで彼はあなたの好意に気が付きます。

お土産であれば彼も受け取りやすいでしょう。

好きな人にさりげなくでも気付いて欲しいので有れば、ただ想っているだけではダメです。

人それぞれ敏感に気付く人もいれば鈍感な人も居るので、
それは相手を見てあまり効果が無ければ少しずつ好きだという態度を出していくのが良いでしょう。

 

    「片思いの男性に好意をさりげなく伝える方法とは。好きな気持を自然に伝えてアプローチしよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。